ジャドフタ層(‐そう、:Djadochta Formation、"Djadokhta"とも)は中央アジアゴビ砂漠に位置する白亜紀後期の地層。おそらくサントニアンの最後期からカンパニアンの前期にかけて形成され、確実ではないものの7500万年前から7100万年前までを示すと考えられている[1]。タイプ産地は Flaming Cliffs であり、Bayanzag(「ハロキシロンに富む」の意)や Ulaan-Ereg(「赤い崖」の意)とも呼称される。

オアシスやアロヨス以外には淡水がほぼ存在せず、乾燥した砂漠の環境を維持している。当時やや温暖湿潤であったことを除けば現在のジャドフタ層の気候は8000万年前とほぼ変わらず、これはゴビ砂漠に到達する雲をヒマラヤ山脈が隆起して遮断する以前でもゴビ砂漠が雲の発生源から遠く離れていて雨が降らないことを意味している。

最初に発見された恐竜の卵(おそらくオビラプトルのもの)や、プロトケラトプスピナコサウルスヴェロキラプトルなどで知られる。

ジャドフタ層のタイプ産地である Flaming Cliffs

動物相編集

ジャドフタ層の動物相は、近い位置に存在するバヤン・マンダホ層と構成が酷似する。この2つの層では多くの属が共通するが、一方で正確な種は異なる。例を挙げると、ジャドフタ層で最も一般的な哺乳類は Kryptobaatar dashzevegi であるが、バヤン・マンダホ層では近縁種の Kryptobaatar mandahuensis である。同様にジャドフタ層の恐竜にはプロトケラトプス・アンドリューシヴェロキラプトル・モンゴリエンシスが挙げられるが、バヤン・マンダホ層ではプロトケラトプス・ヘレニコリヌスとヴェロキラプトル・オスモルスカエが産出する[1]。バヤン・マンダホ層はジャドフタ層よりもわずかに新しく、その時代の差は100万年と推定されている。バヤン・マンダホ層の動物はジャドフタ層の動物からわずかに派生しており、直系の子孫である可能性もある[2]

両生類編集

分類の不明なカエルがジャドフタ層から知られている。

ワニ形上目編集

産地 系統的位置 備考

ゴビスクス

G. kielanae

ゴビスクス科

シャモスクス

S. djadochtaensis

メソエウクロコダイリア

ザラアスクス

Z. shepardi

ゴビスクス科

ゾスクス

Z. davidsoni

基盤的ワニ形上目

トカゲ編集

産地 系統的位置 備考 画像

アイオロサウルス

A. oriens

アンチャウロサウルス

A. gilmorei

原始的なイグアナ科

エステシア

E. mongoliensis

オオトカゲ科

ゴビデルマ

G. pulchra

オオトカゲ目

ミメオサウルス

M. crassus

アガマ科

プレウロドンタガマ

P. aenigmatodes

アガマ科

プリスカガマ

P. gobiensis

アガマ科

サイチャングエルヴェル

S. davidsoni

gobiguanian iguanid

テルマサウルス

T. grangeri

オオトカゲ科

クシハイナ

X. aquilonia

原始的なイグアナ科

哺乳類編集

産地 系統的位置 備考 画像

ブルガンバーター

B. nemegtbaataroides

多丘歯目

デルタテリジウム

D. pretrituberculare

後獣下綱

デルタテロイデス

D. cretacicus

後獣下綱

ヒオテリジウム

H. dobsoni

分類不明の獣亜綱

カンプトバーター

K. kuczynskii

  • Ukhaa Tolgod

多丘歯目

ケンナレステス

K. gobiensis

真獣下綱。バヤン・マンダホ層にも生息

クリプトバータル

K. dashzevegi

多丘歯目。ジャドクタ層で最も一般的[1]

ザランバダレステス

Z. lechei

真獣下綱

鳥盤類編集

産地 備考 画像

ピナコサウルス

P. grangeri

  • Bayan Dzak[2]
  • Ukhaa Tolgod[2]
  • Alag Teg
  • Tugriken Shireh

アンキロサウルス科

P. mephistocephalus

  • バヤン・マンダホ層

Indeterminate

  • Tugriken Shireh[2]

アンキロサウルス科

プレシオハドロス[4]

P. djadokhtaensis

  • Alag Teg

ハドロサウルス上科

プロトケラトプス

P. andrewsi

  • Bayan Dzak[2]
  • Tugriken Shireh[2]
  • Ukhaa Tolgod[3]
  • Zos Wash[3]

プロトケラトプス科

P. hellenikorhinus

  • バヤン・マンダホ層

未同定

  • Ukhaa Tolgod[2]

プロトケラトプス科

ウダノケラトプス

U. tschizhovi

Udan-Sahr locality

竜盤類編集

産地 要素 備考 画像
エピオルニトミムス[5] A. tugrikinensis オルニトミムス科  
アルマス[6] A. ukhaa
  • Ukhaa Tolgod
トロオドン科  
アプサラヴィス[7]

A. ukhaana[7]

  • Ukhaa Tolgod[8]

頭骨以降の部分的な骨格[9]

基盤的オルニトゥラエ類

アーケオルニトイデス[7]

A. deinosauriscus[7]

部分的な頭骨[11]

関係性不明のコエルロサウルス類

ビロノサウルス[7]

B. jaffei[7]

  • Ukhaa Tolgod[2]

頭骨と断片的な胴体、断片的な頭骨[12]

トロオドン科

 

シチパチ[7]

C. osmolskae[7]

  • Ukhaa Tolgod[2]

頭骨・部分的な胴体を持つ胚から成体までの骨格[13]

オビラプトル科

 

Citipati sp.

  • Zamyn Khondt[2]

高い鶏冠を持ったオビラプトル科

 

ゴビプテリクス

G. minuta

  • Ukhaa Tolgod

エナンティオルニス類もバルン・ゴヨト累層から知られている

ゴビベナトル

G. mongoliensis

ほぼ完全な骨格[14]

トロオドン科

 

ハルシュカラプトル[15]

H. escuilliei

  • Ukhaa Tolgod[2]

ドロマエオサウルス科

 

ハーン

K. mckennai

  • Ukhaa Tolgod[2]

頭骨のある3体の骨格[13]

オビラプトル科

 

コル

K. ghuva

保存状態の良好な右足[16]

アルヴァレスサウルス科

 

マハカラ

M. omnogovae

  • Tugriken Shireh[2]

ドロマエオサウルス科

 

オビラプトル[17]

O. philoceratops[17]

頭骨のある1体の断片骨格[18]

オビラプトル科

 

?パルヴィクルソル

未同定

  • Tugriken Shireh[2]

アルヴァレスサウルス科

 

サウロルニトイデス[17]

S. mongoliensis[17]

断片的な頭骨以降の骨格を持つ頭骨[12]

トロオドン科

 

シュヴウイア[7]

S. deserti[7]

頭骨と頭骨以降の骨格[19]

アルヴァレスサウルス科

 

タルボサウルス[20]

未確定[20]

ティラノサウルス科ズケンティラヌスの可能性あり[20]

ティラノサウルス科恐竜

未同定[17]

アレクトロサウルスの可能性があるティラノサウルス科

ツァーガン

T. mangas

  • Ukhaa Tolgod[2]

ドロマエオサウルス科

 

ヴェロキラプトル[17]

V. mongoliensis[17]

  • Bayan Dzak[2]
  • Tugriken Shireh[2]
  • Ukhaa Tolgod

ドロマエオサウルス科

 

ズケンティラヌス[20]

未確定[20]

ティラノサウルス科。タルボサウルスの可能性あり[20]

学名のないドロマエオサウルス科

学名なし

学名のないトロオドン科

学名なし、標本 IGM 100/1005

  • Ukhaa Tolgod[3]

オルニトミモサウルス類

学名なし、標本 IGM 100/1245 および IGM 100/987

頭骨断片[22]

出典編集

  1. ^ a b c Godefroit, Pascal; Currie, Philip J.; Li, Hong; Shang, Chang Yong; Dong, Zhi-ming (2008). “A new species of Velociraptor (Dinosauria: Dromaeosauridae) from the Upper Cretaceous of northern China”. Journal of Vertebrate Paleontology 28 (2): 432–438. doi:10.1671/0272-4634(2008)28[432:ANSOVD]2.0.CO;2. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Nicholas R. Longrich; Philip J. Currie; Dong Zhi-Ming (2010). “A new oviraptorid (Dinosauria: Theropoda) from the Upper Cretaceous of Bayan Mandahu, Inner Mongolia”. Palaeontology 53 (5): 945–960. doi:10.1111/j.1475-4983.2010.00968.x. 
  3. ^ a b c d e f g h i Norell, M.A.; Clark, J.M.; Turner, A.H.; Makovicky, P.J.; Barsbold, R.; Rowe, T. (2006). “A new dromaeosaurid theropod from Ukhaa Tolgod (Omnogov, Mongolia)”. American Museum Novitates 3545: 1–51. doi:10.1206/0003-0082(2006)3545[1:ANDTFU]2.0.CO;2. ISSN 0003-0082. 
  4. ^ Khishigjav Tsogtbaatar, David Weishampel, David C. Evans, and Mahito Watabe (2014). A new hadrosauroid (Plesiohadros djadokhtaensis) from the Late Cretaceous Djadokhtan fauna of southern Mongolia. [pgs. 108-135] In: David A. Eberth and David C. Evans (eds). Hadrosaurs. Proceedings of the International Hadrosaur Symposium. Indiana University Press. 978-0-253-01385-9.
  5. ^ Chinzorig Tsogtbaatar; Yoshitsugu Kobayashi; Tsogtbaatar Khishigjav; Philip J. Currie; Mahito Watabe; Barsbold Rinchen (2017). "First Ornithomimid (Theropoda, Ornithomimosauria) from the Upper Cretaceous Djadokhta Formation of Tögrögiin Shiree, Mongolia". Scientific Reports. 7: Article number 5835. doi:10.1038/s41598-017-05272-6.
  6. ^ Pei, R.; Norell, M.A.; Barta, D.E; Bever, G.S.; Pittman, M.; Xu, Xing (2017). “Osteology of a New Late Cretaceous Troodontid Specimen from Ukhaa Tolgod, Ömnögovi Aimag, Mongolia”. American Museum Novitates 3889 (3889): 1–47. doi:10.1206/3889.1. 
  7. ^ a b c d e f g h i j "47.4 Ömnögov', Mongolia; 2. Djadochta Formation." Weishampel, et al. (2004). Pg. 596.
  8. ^ Clarke, Julia A., Norell, Mark A. (2002). "The morphology and phylogenetic position of Apsaravis ukhaana from the Late Cretaceous of Mongolia". American Museum Novitates, No. 3387, American Museum of Natural History, New York, NY.
  9. ^ "Table 11.1," in Weishampel, et al. (2004). Page 214.
  10. ^ Spelled "Ömnögov'" in "47.4 Ömnögov', Mongolia; 2. Djadochta Formation." Weishampel, et al. (2004). Pg. 596.
  11. ^ "Table 4.1," in Weishampel, et al. (2004). Page 76.
  12. ^ a b "Table 9.1," in Weishampel, et al. (2004). Page 185.
  13. ^ a b "Table 8.1," in Weishampel, et al. (2004). Page 167.
  14. ^ Tsuihiji, T.; Barsbold, R.; Watabe, M.; Tsogtbaatar, K.; Chinzorig, T.; Fujiyama, Y.; Suzuki, S. (2014). “An exquisitely preserved troodontid theropod with new information on the palatal structure from the Upper Cretaceous of Mongolia”. Naturwissenschaften 101 (2): 131–142. doi:10.1007/s00114-014-1143-9. PMID 24441791. 
  15. ^ Cau, A.; Beyrand, V.; Voeten, D.; Fernandez, V.; Tafforeau, P.; Stein, K.; Barsbold, R.; Tsogtbaatar, K.; Currie, P.; Godefroit, P. (2017). "Synchrotron scanning reveals amphibious ecomorphology in a new clade of bird-like dinosaurs". Nature.
  16. ^ a b Turner, A.H.; Nesbitt, S.J.; Norell, M.A. (2009). “A Large Alvarezsaurid from the Cretaceous of Mongolia”. American Museum Novitates 3648: 1–14. doi:10.1206/639.1. 
  17. ^ a b c d e f g "48.11 Nei Mongol Zizhiqu, People's Republic of China; 2. Djadochta Formation." Weishampel, et al. (2004). Pg. 598.
  18. ^ "Table 8.1," in Weishampel, et al. (2004). Page 166.
  19. ^ "Table 11.1," in Weishampel, et al. (2004). Page 211.
  20. ^ a b c d e f Mortimer, M (2004年). “Tyrannosauroidea”. The Theropod Database. 2013年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月21日閲覧。
  21. ^ "Inner Mongolia" is referred to as "Nei Mongol Zizhiqu" in "48.11 Nei Mongol Zizhiqu, People's Republic of China; 2. Djadochta Formation." Weishampel, et al. (2004). Pg. 598.
  22. ^ a b Ksepka, Daniel T.; Norell, Mark A. (2004). “Ornithomimosauria cranial material from Ukhaa Tolgod (Omnogov, Mongolia)”. American Museum Novitates 3448: 1–4. doi:10.1206/0003-0082(2004)448<0001:ocmfut>2.0.co;2. ISSN 0003-0082. 

参考文献編集

  • Weishampel, David B.; Dodson, Peter; and Osmólska, Halszka (eds.): The Dinosauria, 2nd, Berkeley: University of California Press. 861 pp. 0-520-24209-2.