ジャニーズJr.解散グループ (1990年以降)

ジャニーズJr.解散グループ(ジャニーズジュニアかいさんグループ)では、ジャニーズ事務所に所属するジャニーズJr.内に過去に存在したグループを取り挙げる。この記事では1990年代のグループを取り挙げる。他の年代についてはジャニーズJr.解散グループ (1990年以前)ジャニーズJr.解散グループ (2000年以降)を参照。

なお、主だったグループや個人については「過去のジャニーズ所属者」、バックバンドグループは「ジャニーズ事務所 過去のバックバンド」、その他関連グループは「ジャニーズ関連企画ユニット」・「ジャニーズ関連OBユニット」の項目をそれぞれ参照。

グループ結成順

SMAP学園編集

1990年にテレビ朝日アイドル共和国』の中から生まれたグループ。SMAPのバックダンサーを務めた[1]

メンバー

J-Eleven編集

雑誌『Wink up』では1994年1月号で初登場[2]。主にサッカーが好きだったり、得意なJr.が参加していたが[2]、メンバーの入れ替わりは流動的で、雑誌に登場する度に構成が違っていた。

メンバー
『Wink up』1994年1月号発売時[2]

剛健コンビ編集

1995年当時、人気のあった2名のJr.に対して使われた“俗称”[3][4]。「ゴーケン」と略された。

メンバー

ジャニーズSr.編集

1995年より、ジャニーズJr.の年長組だった坂本と長野をメインボーカルに置き、サポートメンバーとして佐野・井ノ原・喜多見・原といった、Jr.内でも長身な6人で結成された。その後、徐々に代理メンバーが混ざるようになったり、新たな二代目Sr.が誕生した。

初代メンバー
初代サポートメンバー
初代サポートメンバーの代理メンバー
二代目メンバー
出演番組

金八トリオ編集

実際に活動をしたのは初代と第二期のみ。それ以降はTBS系ドラマ『3年B組金八先生 』出演Jr.の総称。なお第1シリーズはたのきんトリオと呼ばれ、第2・3シリーズは人数が足りないためトリオにならなかった。

初代メンバー(1995年10月 - 1996年3月、第4シリーズ)
第二期メンバー(1999年10月 - 2000年3月、第5シリーズ)
第三期メンバー(2001年10月 - 2002年3月、第6シリーズ)
第四期メンバー(2004年10月 - 2005年3月、第7シリーズ)[7]
第五期メンバー(2007年10月 - 2008年3月、第8シリーズ)
「金八Jr.」と呼ばれた[8]

怪談トリオ編集

1995年にフジテレビ系ドラマ『木曜の怪談』に出演した3人[9][10]

メンバー

ヤラえもんず編集

1996年の KinKi Kidsのコンサートにて披露された[11]屋良朝幸をリーダーとするユニット。堂本剛ソロ曲「ラップ版ドラえもん」でのバックとして[11]ドラえもんの格好をして踊った。

メンバー

少年新撰組編集

1997年、舞台『KYO TO KYO』('97年夏公演)の出演者として結成。

メンバー

Hi! See Me IN KYOTO編集

1997年、舞台『KYO TO KYO』('97年夏公演)の出演者として結成。グループ名を和訳すると「京都で僕たちに会いに来て!」という意味。上記「少年新撰組」と、既存だった関西Jr.によるユニット「B.O.Y.S」の主なメンバーが合体したユニット。 原と大野以外は全員関西Jr.だった。

メンバー

TOKYO編集

1997年結成。「TOKYO浜松町」の兄貴分。舞台『KYO TO KYO』('97年秋公演)の出演者として結成。

メンバー

TOKYO浜松町編集

1997年結成。舞台『KYO TO KYO』('97年秋公演)の出演者として。

メンバー

翼翔組編集

1997年結成[13]。略称は「翼翔(つばしょう)」。ジャニー喜多川の「YOUたち、2人とも飛んでいきそうな名前だからいいじゃない」という提案からこのユニット名になった[13]。当時小柄だったメンバーで結成されたため、「Littleチーム」という別名でも呼ばれていた[13]

メンバー

MAIN編集

1997年結成[14]。ミュージカル『Stand By Me』の出演者で結成され[13]、ミュージカルのテーマ曲でもあった「Midnight Train」(男闘呼組のカヴァー)を劇中で揃って歌っていた[13]。1997年8月号の『Kindai』では「J-BOYS」というユニット名で紹介され、舞台への意気込みを語っていた[15]。1998年2月号の『Wink up』のグラビアでは松本と生田が「B.I.G.[16]、相葉と二宮が「B.A.D.」として登場しているが[17]、同年9月号の同誌[18]や1998年8月号の『Mannish』[19]では再び「MAIN」として4人でグラビア登場し、夏のコンサートにも「MAIN」として出演している[20]

メンバー[13][21]
出演
  • Stand By Me(1997年7月26日・27日、大阪ドラマシティ / 8月8日 - 21日、アートスフィア)[22]
  • Johnny's Summer Concert(1998年7月29日、大阪城ホール / 8月5日、名古屋レインボーホール / 8月24日、横浜アリーナ[23][20]

B.I.G.編集

1998年2月号の『Wink up』で2人組として登場[16]。1998年9月、「B.I.G. East」に新たに5人が加わり、7名で再編成[13]。雑誌『Winkup』では1998年11月号で登場している[24]。その後、同時期にB.I.G.のバックとして結成された「B.B.A.[25]の中から、五関が加入したこともある[13]。グループ名は「Bad Image Generation」の略[13]で、「わんぱく少年」の意味。

メンバー
1998年2月号『Wink up』[16]
1998年9月[24]
最終メンバー
出演
テレビ番組
コンサート
  • Fresh Spring Concert '99(1999年6月20日、大阪城ホール)[26]

B.A.D.編集

1998年結成、2004年再結成。

B.B.A.編集

B.I.G.」のバックとして結成[13][25]。正式名称は「Boys Be Ambitious[13][25]

メンバー変遷
『Wink up』1998年2月号発売時[27]
『Wink up』1998年11月号発売時(1998年)[25]
『Kindai』1999年9月号発売時[28]
2000年夏(『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SUMMER VOL.8』刊行時)[29]
  • 五関晃一、福田悠太、宮城俊太、東新良和、長谷川純、田中聖
2001年春(『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING VOL.9』刊行時)[30]
  • 五関晃一、福田悠太、宮城俊太、東新良和、長谷川純
出演
テレビ番組
コンサート
  • Fresh Spring Concert '99(1999年6月20日、大阪城ホール)[26][33]

B.B.B.編集

B.A.D.」のバックとして結成[34] 。正式名称は「Best Beat Boys[35]

メンバー変遷
『Wink up』1998年2月号発売時[34]
  • 二本樹顕理、野田優也、矢代徳久、山崎哲寛、宮城智之丈
2000年夏(『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SUMMER VOL.8』刊行時)[35]
2001年春(『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING VOL.9』刊行時)[36]
  • 越岡裕貴、加藤成亮、増田貴久、服部将也、小森輝明

MAIKO&お国編集

1998年4月に舞台『KYO TO KYO』('98年春公演・4月18日 - 7月12日)の出演者として結成。グループ名はそれぞれの頭文字からとられた。国分・鎌田・尾身以外のメンバーが、当時関西Jr.。なお、女寺・清水が追加招集された。清水はそれまで下記の「T.O.P-J」のメンバーだったが、レッスン中の怪我で1998年4月〜6月にかけて療養していたため、新たにこのMAIKOチームでの復帰となった。牧山は9月6日から始まった秋公演で「T.O.P-J」へ移ったが、その後すぐに事務所を退社した。

メンバー
  • M 牧山雄亮(秋公演は、頭文字が「N」にも関わらず女寺豊へ交替)
  • A 粟島瑞丸
  • I 今川晴司
  • K 鎌田淳
  • O 大西由郎
  • & 塩田修(途中から清水大輔へ交替)
  • 尾身和樹
  • 国分博
サポートメンバー
  • 村上信五渋谷すばる、梅北雄也、内川雄希、中嶋慶介(中島省吾(愛知出版))(1998年の春と秋公演のみ参加)

T.O.P-J編集

1998年4月、原・大野・田中の3人を主要メンバーとして、舞台『KYO TO KYO』('98年春公演)の出演者として結成(夏公演からサポートメンバーだった北山が加入して4人に)。なお、大野・原以外のメンバーは全員関西Jr.(当時)である。

メンバー
サポートメンバー
  • 福原一哉、高黒徹、小川修平、武藤雅博、後藤大祐、木村廣太郎、清水大輔(レッスン中の怪我により脱退)、中嶋慶介(1998年の夏公演のみ参加)、牧山雄亮(1998年9月6日からの秋公演のみ参加)

ヤングジャニーズ編集

1998年4月18日から公演中[37]の舞台『ジャニーズファンタジー KYO TO KYO 春公演』に「ヤングジャニーズ・チーム」として出演することが急遽決定したと告知され[注釈 1]、6月7日の公演で「ヤングジャニーズ with B.I.G - West」として初お披露目された[39][注釈 2]。愛称・ヤンジャニ[40]

メンバー[41]
出演
  • ジャニーズファンタジー KYO TO KYO 春公演(1998年6月7日 - 、シアター1200)[40][42]

B.I.G. WEST編集

1998年6月7日の公演で「ヤングジャニーズ with B.I.G - West」としてお披露目された[39]前身グループ「ヤングアイドル」を母体に、当時の関西Jr.のメンバーによって結成(石田のみ名古屋Jr.)[要出典]。「B.I.G. West」と表記されることもある[43]

メンバー
出演
  • ジャニーズファンタジー KYO TO KYO 春公演(1998年6月7日 - 、シアター1200)[39]

B.I.G. East編集

1998年6月、舞台『KYO TO KYO』('98年春公演)の出演者で結成された2人組ユニット[13]

メンバー[13]

KYOTO大原村編集

1998年7月に、舞台『KYO TO KYO』('98年夏公演)の限定ユニットとして結成された。大野・原・尾身以外は当時関西Jr.

メンバー[39]
出演
  • KYO TO KYOサマーフェスティバル(1998年7月18日 - 8月31日、シアター1200)[39][46]

小KinKi編集

1998年7月結成。KinKi Kidsのコンサートでバックダンサーをつとめた[47]

メンバー[47]

Musical Academy編集

FiVe編集

1999年に「」のユニット名で結成発表された[48]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 告知時は丸山、横山、村上、錦戸、安田の5名だった[38]
  2. ^ 6月7日公演は横山はドラマ収録のため出られず、滝沢秀明が代役でリーダーを務めた[40]

出典編集

  1. ^ a b c “V6井ノ原 初雑誌撮影の全力笑顔で社長が怒「ユー!ひどいよ」”. デイリースポーツオンライン. (2017年1月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/12/0009822150.shtml 2017年5月20日閲覧。 
  2. ^ a b c 「初めまして、ボクたちJ-Elevenです。」『Winkup』1994年1月号、ワニブックス、1993年、 135-137頁。
  3. ^ 高橋梓 (2015年12月17日). “V6森田&三宅、NEWS手越&増田、セクゾ菊池&中島……“シンメ”の関係性にはどんな物語がある?”. Real Sound. 2017年5月20日閲覧。
  4. ^ V6三宅健 結成時に森田剛入らないならV6やらないと抗議した”. NEWSポストセブン (2014年12月1日). 2017年5月20日閲覧。
  5. ^ a b c d 平本淳也 (2013年9月30日). “「40歳のジャニーズJr.」佐野瑞樹が存在する理由...を平本淳也が解説”. 東京BREAKING NEWS. 2017年5月20日閲覧。
  6. ^ 番組表検索結果”. NHKクロニクル. NHK. 2018年7月8日閲覧。
  7. ^ “金八トリオ 麻薬・自殺未遂 重いテーマに10代が体当たり”. nikkansports.com. (2005年). オリジナルの2005年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051219123449/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2005/dgp-0507shinjin.html 
  8. ^ a b c d e 「「はじめまして!僕たちが“金八Jr.”ですっ!」」『ポポロ』2008年3月号、麻布台出版社、2008年1月23日、 46-49頁。
  9. ^ 竹上尋子 (2016年7月16日). “嵐の活躍にタッキーは不可欠だった?櫻井翔と滝沢秀明13年ぶりの共演で見えた新たな関係性”. Real Sound. 2017年5月20日閲覧。
  10. ^ こじへい (2017年5月16日). “タッキーの『怪奇倶楽部』が大人気だったあの頃……ドラマ『木曜の怪談』を振り返る (2/3)”. エキレビ. 2017年5月20日閲覧。
  11. ^ a b 放送内容”. 嵐にしやがれ. 日本テレビ (2014年12月13日). 2018年7月1日閲覧。
  12. ^ a b c d ジャニーズ「翼翔組」「TOKYO浜松町」…今井翼が明かすデビュー前のJr.ユニットに「懐かしさが爆発」と話題”. モデルプレス (2017年2月16日). 2017年5月20日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 木下詩織 (2017年7月21日). “山P×生田斗真や、櫻井翔×今井翼の組み合わせも!? ジャニーズの意外なユニットを振り返る”. dmenuTV. NTTドコモ. 2018年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月8日閲覧。
  14. ^ 向原康太 (2018年5月31日). “生田斗真、TOKIOも驚愕のエリート経歴を披露 「“第2のキムタク”って書かれたんですよ」”. Real Sound. 2018年7月1日閲覧。
  15. ^ 「4人で舞台がんばるよ!」『Kindai』1997年7月号、近代映画社、1997年、 46-47頁。
  16. ^ a b c 「B.I.G.の、'98年はこんな年にしたい!」『Winkup』1998年2月号、ワニブックス、1998年、 80頁。
  17. ^ 「B.A.D.の、'98年はこんな年にしたい!」『Winkup』1998年2月号、ワニブックス、1998年、 81頁。
  18. ^ 「夏の日に。」『Winkup』1998年9月号、ワニブックス、1998年、 23-28頁。
  19. ^ 「"M.A.I.N"in love.」『Mannish』1998年8月号、双葉社、1998年、 32-35頁。
  20. ^ a b 「Johnny's Junior Gazzette EAST Vol.35 オールジュニア完全燃焼の夏!」『Winkup』1998年10月号、ワニブックス、1998年、 142-143頁。
  21. ^ 生田斗真は“旧”嵐? ジュニア時代の幻ユニットの存在を告白”. モデルプレス (2015年11月5日). 2015年11月7日閲覧。
  22. ^ 『ジャニーズJr.名鑑 1997 SUMMER』 2巻 J-STATION、1997年、118-119頁。 
  23. ^ 「Johnny's Junior Gazzette Vol.33 ジュニアの夏コンスケジュールだ!」『Winkup』1998年7月号、ワニブックス、1998年、 145頁。
  24. ^ a b c 「The Latest News!」『Winkup』1998年11月号、ワニブックス、1998年、 78-79頁。
  25. ^ a b c d 「Futuristic」『Winkup』1998年11月号、ワニブックス、1998年、 80頁。
  26. ^ a b 「Johnny's Jr. Fresh Spring Concert'99」『Mannish』1999年9月号、双葉社、1999年、 39-40頁。
  27. ^ 「B.B.A.の、'98年はこんな年にした〜い!」『Kindai』1998年2月号、ワニブックス、1999年、 82頁。
  28. ^ 「4人の性格はバラバラすぎ!?」『Kindai』1999年9月号、近代映画社、1999年、 52-53頁。
  29. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SUMMER』 8巻 J-STATION、2000年、29-33頁。 
  30. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING』 9巻 J-STATION、2001年、54-59頁。 
  31. ^ 「J.J.N.」『Kindai』1999年9月号、近代映画社、1999年、 58-59頁。
  32. ^ 「JOHNNY'S Jr. B.B.A.」『Kindai』1999年9月号、近代映画社、1999年、 ピンナップ。
  33. ^ 「ジャニーズJr.コンサート 春コンの感動を大阪で再現!」『Kindai』1999年9月号、近代映画社、1999年、 57頁。
  34. ^ a b 「B.B.B.の、'98年はこんな年にした〜い!」『Kindai』1998年2月号、ワニブックス、1999年、 83頁。
  35. ^ a b 『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SUMMER』 8巻 J-STATION、2000年、34-37頁。 
  36. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING』 9巻 J-STATION、2001年、54-59頁。 
  37. ^ Biography(関ジャニ∞)1998”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2018年12月6日閲覧。
  38. ^ a b 「New Kids on Stage」『Winkup』1998年7月号、ワニブックス、1998年、 80-81頁。
  39. ^ a b c d e f g h i 「J.J.J. ジャニーズ ジュニア ジャーナル」『Kindai』1998年8月号、近代映画社、1998年、 108頁。
  40. ^ a b c 「特別ゲストに滝沢秀明×生田斗真×山下智久を迎えて“ヤンジャニ”KYO to KYOデビュー!」『Winkup』1998年8月号、ワニブックス、1998年、 53頁。
  41. ^ 「成長率200%!ヤングジャニーズ in Kyo to Kyo」『Winkup』1998年8月号、ワニブックス、1998年、 54-55頁。
  42. ^ 「Johnny's Junior Gazzette WEST Vol.1 ヤンジャニの魅力全開!『KYO TO KYO』レポート」『Winkup』1998年9月号、ワニブックス、1998年、 166-167頁。
  43. ^ a b 「10000字ロングインタビュー「裸の時代〜僕がJr.だったころ〜」」『Myojo』2012年5月号、集英社、2012年3月23日、 159-163頁。
  44. ^ a b c 関ジャニ∞のレアなデビュー前映像が公開!テレ東「Ya-Ya-yah」も(1/2)”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2019年3月19日). 2019年3月21日閲覧。
  45. ^ 「Pick up Graffiti Vol.3 錦戸亮 関西Johnny's Jr.」『Winkup』1998年11月号、ワニブックス、1998年、 73頁。
  46. ^ 「Johnny's Junior Gazzette EAST Vol.2 『Kyo to Kyo』夏公演は“KYOTO大原村”のメンバーが大活躍!」『Winkup』1998年10月号、ワニブックス、1998年、 144頁。
  47. ^ a b 『ジャニーズJr.名鑑 1998 WINTER』 5巻 J-STATION、1998年、78-79頁。 
  48. ^ 「気になる4人の性格は…?」『Kindai』1999年9月号、近代映画社、1999年、 54-55頁。

関連項目編集