メインメニューを開く

コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV』(コンテンツビジネスさいぜんせん ジャパコンティービー、英語表記:JAPA-CON TV)は、2011年から2014年までBSフジで放送されていた情報番組。後継番組『ジャパコン★ワンダーランド』(英語表記:JAPACON★WONDERLAND)、『ジャパコンpresents エージェントHaZAP』→『ジャパコンProject エージェントHaZAP』、『ジャパコンProject 二次元領域拡大通信』についても記述する。

ジャパコンTV
ジャンル 情報番組
出演者 登場人物・出演者を参照
制作 BSフジ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
番組オフィシャルサイト
不定期版
放送期間 2011年3月26日 - 2012年3月17日
放送時間 放送日時を参照
放送分 90[注 1]
回数 5
レギュラー版
放送期間 2012年4月6日 - 2014年11月7日
放送時間 月1回 金曜日の翌日 0:00 - 0:55(月1回 金曜日深夜)
放送分 55[注 2]
回数 36
ジャパコン★ワンダーランド
放送期間 2015年4月6日 - 2016年9月19日
放送時間 毎月 第1・第3月曜日の翌日 0:30 - 1:00(第1・第3月曜日深夜)
放送分 30分
回数 30
ジャパコンProject エージェントHaZAP
放送期間 2017年4月7日 - 2018年3月17日
放送時間 毎月 第1・第3金曜日の翌日 0:00 - 0:30(第1・第3金曜日深夜)
放送分 30分
ジャパコンProject 二次元領域拡大通信
放送期間 2018年4月6日 -
放送時間 毎月 第1金曜日の翌日 0:00 - 0:30(第1金曜日深夜)
放送分 30分

特記事項:
『ジャパコンTV』レギュラー版および『ジャパコン★ワンダーランド』で何回か「特別編」あり(正式な回数にはカウントされていない)

目次

概要編集

毎回、アニメゲーム漫画ファッションといった、日本を代表する大衆文化サブカルチャー)「ジャパンコンテンツ(ジャパコン)」に関するテーマを複数取り上げた。

番組名は、基本的に「ジャパコンTV」と呼称・表記されることが多かった。また、番組内では略称として「JCTV[注 3]という名称も使用されていた。

番組はVTRを除き、全編を通してアニメーションで進行した。ワイドショーのようにスタジオからキャラクターが話題を提供するほか、多くのインタビューでもキャラクターが直接インタビューを行っているという演出が採られていた。

開始当初は不定期の特別番組として放送されていたが、第4回のエンディングで2012年4月より月1回の頻度でレギュラー化されることが発表され[1]、あわせて、レギュラー化以降のオープニングムービーを『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』で知られるスタジオカラーが手がけることも発表された。またレギュラー化に伴い、放送枠を「ジャパコン24」と題し、毎月第1・2週のうちに『ジャパコンTV』を、第3・4週のうちに1つのテーマからビジネス視点で検証する『ジャパコン24』を放送していたが、同年7月より放送する順番を入れ替え、毎月第1・2週のうちに『ジャパコン24』を、第3・4週のうちに『ジャパコンTV』を放送していた。しかし、後に『ジャパコン24』は2013年2月限りで終了、毎月1回・金曜日の翌日(毎月1回・金曜日深夜)に『ジャパコンTV』を放送、再放送は不定期になっていた。第29回(2014年11月7日放送)のエンディングで「藤小梅の海外転勤により、充電期間に入る」として、レギュラー放送の終了が発表された。

その後『ジャパコン★ワンダーランド』が2015年4月6日から2016年9月19日まで放送された。放送日時は(原則)毎月第1・第3月曜日 24:30 - 25:00(第1・第3火曜日未明[注 4])。

2017年4月7日から2018年3月17日まで、『ジャパコンpresents エージェントHaZAP』を毎月第1・第3金曜日 24:00 - 24:30(第1・第3土曜日未明[注 5])に放送。番組名の「HaZAP」は「Habitable Zone Augmentation Project(生存領域拡大計画)」を意味し、「オタクの生存領域を世界に広げる」をテーマにCrunchyrollとも連携し世界に日本コンテンツを訴求する番組となる。第13回(2017年10月7日)から、『ジャパコンProject エージェントHaZAP』に改題。

2018年4月6日から、『ジャパコンProject 二次元領域拡大通信』を毎月第1金曜日 24:00 - 24:30(第1土曜日未明[注 6])に放送。架空の通信社「二次元通信」を舞台に吉田尚記が編集長役、瀬斗と江原が記者役として最新の二次元関連情報を取材する形となる。

登場人物・出演者編集

  • 台場 ミサキ(だいば みさき、 - 豊崎愛生) - 『ジャパコン★ワンダーランド』では司会を担当
  • 藤 小梅(ふじ こうめ、声 - 高垣彩陽) - 『ジャパコン★ワンダーランド』では海外駐在員を担当
  • 乙産 軽一郎(おつうみ けいいちろう、声 - 鷲崎健
  • GNU(ぐにゅ、声 - やまだん
  • メインナレーション(水沢史絵(TV)、青木瑠璃子冨岡美沙子(ワンダーランド))

『ジャパコン★ワンダーランド』より登場編集

  • 八玉 詩(やたま しらべ、声 - 陽向さおり
  • 真木菜 零(まきな れい、声 - 湯浅かえで
  • 姉小路 めもる[注 7](あねやこうじ めもる、声 - 久保田未夢
  • MEM(めむ、声 - 久保ユリカ
  • 八文字 ジェシカ(はちもんじ じぇしか、声 - 青木瑠璃子)
  • 粉雪 まみれ(こなゆき まみれ、声 - 冨岡美沙子)

エージェントHaZAP編集

二次元領域拡大通信編集

  • 二次元編集長:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
  • 記者
    • 瀬斗光黄(風男塾)
    • 江原裕理

特集テーマ編集

以下は不定期版の内容。

回数 テーマ 取り上げられた企業・イベント・作品・アーティストなど
第1回 世界で成功を収めた「爆丸」ビジネスを検証! 爆丸
ガールズファッション。109に中国人観光客が急増!? SHIBUYA 109
異例の大ヒットを記録した、恋愛体験シミュレーションゲーム ラブプラス
第2回 世界に発進! 日本のおもちゃ タカラトミー
ジャパコンニュース お台場 痛車イベント、アニメエキスポ2011ジャパンエキスポ2011May'n
日本のコンテンツ業界を変える! 若手経営者たち P.A.WORKSufotableニトロプラスグッドスマイルカンパニー
世界に響け! Vショック DNRゴールデンボンバーExist†trace
ゲームを創ろう! 秋葉原で何が起きているのか? 9leap
検証! 日本の電子書籍 ソニー赤松健Adobe
大手芸能事務所が参入! どうなる? 声優・アニソンビジネス ホリプロMAGES.スペースクラフトKalafina
特別編 徳島から世界へ 〜コンテンツ産業の未来 マチ☆アソビ マチ☆アソビ
第3回 “遊ぶ”から“つながる”へ 〜進化するゲーム業界の未来 ソニー・コンピュータエンタテインメントブシロード
世界のアニメイベントMAP 2011 ジャパンエキスポ2011、アニメエキスポ2011、アニメフェスティバルアジア2011、LISA
日本のCG業界を切り開く経営者たち デジタル・フロンティアサンジゲンサイバーコネクトツー
ジャパコン TOPICS 初音ミク
第4回 経済効果100億以上! ご当地ヒーローたちの熱き戦い!! 超神ネイガー琉神マブヤー
2012劇場版アニメのビジネス戦略 ももへの手紙
オトメゴコロをつかむ経営者たち コスパボークスアイデアファクトリー
世界の子供たちに届け! 日本発グローバル事業スタート!! セガトイズ

放送日時編集

放送局はBSフジのみ。

本放送編集

ジャパコンTV編集

回数 放送日 放送時間 備考
第1回 2011年3月27日 0時00分 - 1時30分 [5]
第2回 2011年7月30日 23時30分 - 翌1時00分 [6][7]
特別編 2011年10月30日 1時30分 - 2時25分 回数にはカウントされていない[8]
第3回 2011年12月17日 23時30分 - 翌1時00分 [9]
第4回 2012年3月18日 0時30分 - 2時00分 ここまで、土曜日深夜に不定期放送[注 8][1][10]
第5〜33回 2012年4月7日 - 2014年11月8日 0時00分 - 0時55分 ここから、金曜日深夜に月1回の定期放送[1][注 9]

ジャパコン★ワンダーランド編集

放送日 放送時間 備考
2015年4月7日 - 9月8日 0時25分 - 0時55分 毎月第1・第3月曜日深夜(火曜日未明[注 4])の定期放送
2015年10月6日 - 2016年9月20日 0時30分 - 1時00分

エージェントHaZAP編集

放送日 放送時間 備考
2017年4月8日 - 2018年3月17 0時00分 - 0時30分 毎月第1・第3金曜日深夜(土曜日未明[注 5])の定期放送

二次元領域拡大通信編集

放送日 放送時間 備考
2018年4月7日 - 0時00分 - 0時30分 毎月第1金曜日深夜(土曜日未明[注 6])の定期放送

再放送編集

ジャパコンTV編集

回数 放送日 放送時間 備考
第1回 2011年6月12日
2011年10月16日
2時30分 - 4時00分
1時00分 - 2時30分
[11]
第2回 2011年8月21日
2011年10月16日
2012年1月2日
2時30分 - 4時00分
2時30分 - 4時00分
2時00分 - 3時30分
特別編 2012年1月22日 4時00分 - 4時55分 [12]
第3回 2012年1月2日
2012年1月22日
3時30分 - 5時00分
2時00分 - 3時30分
第4回 なし - ここまで、土曜日深夜(日曜日未明)に不定期放送[注 8]
第5回〜 不定期 不定時 回によっては再放送されず

ジャパコン★ワンダーランド編集

不定期

エージェントHaZAP編集

不定期

二次元領域拡大通信編集

不定期

ジャパコン特別篇編集

『ジャパコン★ワンダーランド』レギュラー放送終了後から『エージェントHaZAP』放送までの特別番組を記述。

放送日 放送時間 テーマ
2016年10月18日 0時30分 - 1時25分 密着 アニメロサマーライブ2016
2016年12月20日 第25回まんが甲子園大特集
2017年2月7日 鈴木このみ 20歳の約束
2017年3月28日 ランキング、はじめました!!〜あなたのオススメどこですか?〜

スタッフ編集

ジャパコンTV編集

ここでは通常放送回について挙げる。

  • 企画・プロデュース - 伊藤幸弘(BSフジ)
  • ブレイン - 八木靖生、藤田建次、数土直志
  • キャラクターデザイン - 大沖
  • アニメーション&CG - 吾奏伸(ASSAwSSIN)(戯)
  • 旧オープニングアニメーション - 田中達之
  • 新オープニングアニメーション - スタジオカラー(監督:平松禎史
  • ディレクター - 大藏元宣、稲見一茂、古俣晋、瀬口美夕紀
  • 総合演出 - 福田啓介(ジャパコン★ワンダーランドから)
  • プロデューサー - 小掛慎太郎(電通)、古賀隆介、荒川桂輔(NEXTEP)→中島知子、正木友美子(クリーク・アンド・リバー社)、角猛
  • チーフプロデューサー - 渡辺哲也(電通)、須藤景子、秋月里江子(NEXTEP)(3名共途中まで)
  • エグゼクティブプロデューサー - 守屋徹(BSフジ)、服部洋(電通、途中まで)
  • 制作 - トリックスター(不定期版 第1回)、TimeWarp(不定期版 第2〜4回)、NEXTEP→クリーク・アンド・リバー社(レギュラー版)
  • 制作著作 - BSフジ、電通(途中まで)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2011年10月29日に放送された「マチ★アソビ」SPでは55分放送。
  2. ^ 2012年12月31日2013年1月13日に放送された「新海誠」特集(全3回)では新海および粟津順の作品を放送したため、それぞれ295分、120分、115分放送。
  3. ^ Japan Contents TV」より。テレビ朝日連結子会社日本ケーブルテレビジョンと同じ略称となるが、無関係である。
  4. ^ a b 7日、21日が月曜となる月は第2、第4火曜日未明となる。
  5. ^ a b 7日、21日が金曜となる月は第2、第4土曜日未明となる。
  6. ^ a b 7日が金曜となる月は第2土曜日未明となる。
  7. ^ 第19回にてフルネームが判明。それまでは「AD姉小路」と表記(スタッフロールでは判明後も「AD姉小路」のまま)。
  8. ^ a b 当番組の放送日には、『アドリブアニメ研究所』(2011年9月までは『LIS★P(りすぷろでゅーす)』)と『ノイタミナ』の各番組は繰り下げ(もしくは休止)となっていた。
  9. ^ ただし、『プロバスケ! bjリーグtv』放送日は休止となる。

出典編集

  1. ^ a b c 第4回『コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV』4月からレギュラー放送が決定”. エキサイトアニメニュース (2012年3月17日). 2012年3月18日閲覧。
  2. ^ a b 佐々木琴子と鈴木絢音が新番組BSフジ「ジャパコン Presents 『エージェントHaZAP』」レギュラー出演決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2017年3月29日). 2018年11月10日閲覧。
  3. ^ a b ジャパコンProject『エージェントHaZAP』”. BSフジ番組情報. BSフジ. 2018年11月10日閲覧。
  4. ^ a b 永野愛理(Wake Up, Girls!)さんと水島精二 監督、そしてTV番組「エージェントHaZAP」出演者のオフィシャルプレイリストを追加!”. ANiUTa. 株式会社アニュータ (2017年6月3日). 2018年11月10日閲覧。
  5. ^ 『コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV』2011年3月26日よりBSフジで放送開始”. あにゲマ!(提供元 - アニメイトTV) (2011年3月24日). 2012年3月18日閲覧。
  6. ^ 7月30日放送の『コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV』7月30日に第2回放送が決定”. アニメイトTV (2011年7月23日). 2012年3月18日閲覧。
  7. ^ 7月30日放送の『コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV』第2回放送より、豊崎愛生さん&高垣彩陽さんからコメントが到着!”. アニメイトTV (2011年7月27日). 2012年3月18日閲覧。
  8. ^ 「徳島から世界へ〜コンテンツ産業の未来 マチ☆アソビ byジャパコンTV」BSフジで放送決定”. presepe (2011年10月19日). 2012年3月18日閲覧。
  9. ^ ジャパコンTV第3回 放映決定 コンテンツ業界を徹底追及”. アニメ! アニメ! ビズ (2011年12月3日). 2012年3月18日閲覧。
  10. ^ 第4回『コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV』放送決定”. presepe (2012年3月13日). 2012年4月2日閲覧。
  11. ^ BSフジ「コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV」 日本の「サブカル」産業を紹介”. MSN産経ニュース (2011年6月9日). 2012年3月18日閲覧。
  12. ^ 徳島から世界へ〜コンテンツ産業の未来 マチ☆アソビSP byジャパコンTV”. BSフジ (2012年1月21日). 2012年3月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集