ジャパンダートダービー

ジャパンダートクラシックは、特別区競馬組合大井競馬場ダート2000mで施行する地方競馬重賞競走ダートグレード競走JpnI)である。農林水産大臣が賞を提供しており、正式名称は「農林水産大臣賞典 ジャパンダートクラシック」。

ジャパンダートクラシック
Japan Dirt Classic[1]
第25回ジャパンダートダービー
優勝馬:ミックファイア 鞍上:御神本訓史
開催国 日本の旗日本
主催者 特別区競馬組合南関東公営
競馬場 大井競馬場
創設 1999年7月8日
2024年の情報
距離 ダート2000m
格付け JpnI / 国際LR
賞金 1着賞金7000万円
出走条件 サラブレッド系3歳(指定交流)
出走資格も参照
負担重量 57kg牝馬2kg減(南半球産2kg減)
出典 [2]
テンプレートを表示

副賞は、農林水産大臣賞、特別区競馬組合管理者賞、日本中央競馬会理事長賞、地方競馬全国協会理事長賞(2023年)[3]

概要 編集

1996年に創設された4歳ダート三冠ユニコーンステークスダービーグランプリスーパーダートダービー)の3競走はいずれも秋に開催される競走だったため、「春にも4歳(現3歳)のダートチャンピオン決定戦を」という意見があった。また特別区競馬組合が主催するダート4歳ダート三冠競走最終戦のスーパーダートダービーを統一GIIから統一GIに昇格を目指していた思惑とも合致しスーパーダートダービーをスーパーチャンピオンシップと改名のうえ、4歳ダート三冠から撤退および南関東交流競走に降格させ本競走を統一グレード競走のスーパーダートダービーの後身競走として春季に新設した。春の3歳ダートチャンピオン決定戦の位置付けで、統一JpnIとして開催されている。なお、2006年までは南関東G1が併記されていた。

また新設年よりユニコーンステークス・ダービーグランプリと共に3歳ダート三冠を形成。さらに2002年より羽田盃東京ダービーと共に南関東3歳三冠を形成した(1996年から2001年までは東京王冠賞が南関東三冠の二戦目として行われており、あわせて四冠であった)。

なお、2007年までは1着入賞した地方所属馬に限りダービーグランプリの優先出走権が与えられた。

2022年(第24回)まで牝馬・騸馬(去勢された馬)の優勝はない[4]

なお、2024年(第26回)から羽田盃・東京ダービーがJRA及び地方他地区所属馬に開放、JpnIに格付けされることになって3歳ダート三冠が確立されるのに伴い、当競走は10月に繰り下げられるとともにレース名称も「ジャパンダートクラシック」に変更されるとともに、優勝馬にはJBCクラシックの優先出走権を付与される。また、騸馬の出走ができなくなる[5][6]

条件・賞金等(2023年) 編集

出走資格
サラブレッド系3歳、選定馬、フルゲート16頭で中央所属馬の出走枠は7頭。
負担重量
定量で57kg牝馬55kg(南半球産2k減)[2]
賞金額
1着6,000万円、2着2,100万円、3着1,200万円、4着600万円、5着300万円[2]、着外手当25万円[7]

優先出走権付与競走および指定競走 編集

地方所属馬に限り優先出走権保持馬、指定馬が所属枠内の頭数で出走できる。その競走は以下のとおり。

優先出走権トライアル競走[2]

交流(優先出走権付与対象は地方所属馬のみ)

競走名 競馬場 距離 取得条件
兵庫チャンピオンシップ JpnII 園田競馬場 ダート1870m 1着
ユニコーンステークス GIII  東京競馬場 ダート1600m 1着
関東オークス JpnII 川崎競馬場 ダート2100m 1着

南関東

競走名 競走格 施行競馬場 施行コース 取得条件
羽田盃 SI 大井競馬場 ダート1800m 1着
東京ダービー SI 大井競馬場 ダート2000m 1着・2着
指定競走(ダービーシリーズ参加競走)
競走名 競走格 施行競馬場 施行コース 取得条件
九州ダービー栄城賞 重賞 佐賀競馬場 ダート2000m 1着入賞
東海ダービー SPI 名古屋競馬場 ダート2000m 1着入賞
兵庫ダービー 重賞I 園田競馬場 ダート1870m 1着入賞
東北優駿 M1 盛岡競馬場 ダート2000m 1着入賞
北海優駿(ダービー) H1 門別競馬場 ダート2000m 1着入賞
高知優駿 重賞 高知競馬場 ダート1900m 1着入賞
石川ダービー 重賞 金沢競馬場 ダート2000m 1着入賞

また上記以外のダートグレード競走の1着入賞馬、兵庫チャンピオンシップの2着・3着入賞馬、中央競馬における重賞競走(2歳芝重賞・障害重賞除く)及びオープン特別競走(芝・障害・2歳競走を除く)の1着入賞馬にも指定馬としての権利が与えられる。

歴史 編集

  • 1999年 - 大井競馬場のダート2000mの4歳(現3歳)の定量の統一グレード競走「ジャパンダートダービー」として創設、格付けは統一GI・南関東G1。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳」から「3歳」に変更。
  • 2005年 - 1着賞金が6000万円から5000万円に減額。
  • 2007年 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告に伴う重賞の格付け表記の変更により、統一グレード表記をJpnIに変更。なお、南関東グレード(G1)は併記しないことになった。
  • 2008年 - 売得金額が11億2690万700円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。当日の入場者数も30994人を記録。
  • 2009年 - 中央競馬所属馬の出走枠が5頭から6頭に、南関東所属馬の出走枠が6頭から5頭にそれぞれ変更。
  • 2011年
  • 2016年
    • 中央競馬所属馬の出走枠が1頭増えて7頭となる[9]
    • 売得金額が11億4478万3100円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。
  • 2017年 - 売得金額が12億6912万3400円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。当日の入場者数も15336人を記録。
  • 2018年 - 売得金額が16億2406万1300円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。当日の入場者数も15756人を記録。
  • 2019年 - 売得金額が17億487万6600円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。当日の入場者数も17372人を記録。
  • 2020年
    • 当年のみ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の対象競走に指定(ケンタッキーダービー新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月に延期されたことに伴う措置)。
    • 新型コロナウイルスの流行により「無観客競馬」として開催(2021年も同様)。
    • 売得金額が23億3033万900円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。
  • 2021年
    • 1着賞金が6000万円に増額。
    • 売得金額が23億5798万900円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。
  • 2022年 - 売得金額が26億4915万5700円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。
  • 2023年
    • 負担重量が1kg増え、57kg(牝馬55kg)となる。
    • ミックファイアトーシンブリザード以来となる無敗の南関東三冠達成。大井所属馬の勝利は第1回のオリオンザサンクス以来24年ぶり2頭目。
    • 売得金額が30億2669万8400円を記録し、同競走の1レース売上レコードを更新。当日の入場者数も14909人を記録。
  • 2024年 - 3歳ダートグレード競走の再整備により開催時期を10月に移動するとともに競走名も「ジャパンダートクラシック」に変更予定[10]。1着賞金が7000万円に増額。

歴代優勝馬 編集

馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。

全て大井競馬場ダート2000mで施行。

回数 施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1999年7月8日 2000m オリオンザサンクス 牡3 大井 2:06.9 早田秀治 赤間清松 日浦桂子
第2回 2000年7月12日 2000m マイネルコンバット 牡3 JRA 2:06.4 大西直宏 稲葉隆一 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第3回 2001年7月12日 2000m トーシンブリザード 牡3 船橋 2:05.8 石崎隆之 佐藤賢二 稲垣博信
第4回 2002年7月4日 2000m ゴールドアリュール 牡3 JRA 2:04.1 武豊 池江泰郎 (有)社台レースホース
第5回 2003年7月8日 2000m ビッグウルフ 牡3 JRA 2:04.9 武豊 中尾正 (有)ビッグ
第6回 2004年7月8日 2000m カフェオリンポス 牡3 JRA 2:04.5 柴田善臣 松山康久 西川清
第7回 2005年7月13日 2000m カネヒキリ 牡3 JRA 2:04.9 武豊 角居勝彦 金子真人ホールディングス(株)
第8回 2006年7月12日 2000m フレンドシップ 牡3 JRA 2:06.1 内田博幸 角居勝彦 吉田照哉
第9回 2007年7月11日 2000m フリオーソ 牡3 船橋 2:02.9 今野忠成 川島正行 ダーレー・ジャパン・レーシング(有)
第10回 2008年7月9日 2000m サクセスブロッケン 牡3 JRA 2:04.5 横山典弘 藤原英昭 高嶋哲
第11回 2009年7月8日 2000m テスタマッタ 牡3 JRA 2:04.5 岩田康誠 村山明 吉田和美
第12回 2010年7月14日 2000m マグニフィカ 牡3 船橋 2:05.2 戸崎圭太 川島正行 吉田照哉
第13回 2011年7月13日 2000m グレープブランデー 牡3 JRA 2:04.9 横山典弘 安田隆行 (有)社台レースホース
第14回 2012年7月11日 2000m ハタノヴァンクール 牡3 JRA 2:05.3 四位洋文 昆貢 (有)グッドラック・ファーム
第15回 2013年7月10日 2000m クリソライト 牡3 JRA 2:04.8 内田博幸 音無秀孝 (有)キャロットファーム
第16回 2014年7月9日 2000m カゼノコ 牡3 JRA 2:03.9 秋山真一郎 野中賢二 橳嶋孝司
第17回 2015年7月8日 2000m ノンコノユメ 牡3 JRA 2:05.6 C.ルメール 加藤征弘 山田和正
第18回 2016年7月13日 2000m キョウエイギア 牡3 JRA 2:05.7 戸崎圭太 矢作芳人 田中晴夫
第19回 2017年7月12日 2000m ヒガシウィルウィン 牡3 船橋 2:05.8 本田正重 佐藤賢二 (株)MMC
第20回 2018年7月11日 2000m ルヴァンスレーヴ 牡3 JRA 2:05.8 M.デムーロ 萩原清 (株)G1レーシング
第21回 2019年7月10日 2000m クリソベリル 牡3 JRA 2:06.1 川田将雅 音無秀孝 (有)キャロットファーム
第22回 2020年7月8日 2000m ダノンファラオ 牡3 JRA 2:05.9 坂井瑠星 矢作芳人 (株)ダノックス
第23回 2021年7月14日 2000m キャッスルトップ 牡3 船橋 2:05.9 仲野光馬 渋谷信博 城市公
第24回 2022年7月13日 2000m ノットゥルノ 牡3 JRA 2:04.6 武豊 音無秀孝 金子真人ホールディングス(株)
第25回 2023年7月12日 2000m ミックファイア 牡3 大井 2:04.6 御神本訓史 渡邉和雄 星加浩一

記録 編集

  • 最多勝騎手:武豊(4勝)
  • 最多勝調教師:音無秀孝(3勝)
  • 無敗での優勝馬は3頭(トーシンブリザード、クリソベリル、ミックファイア)
※第25回終了時[4]

レーティング 編集

年度 レースレート 優勝馬のレート 出典
2001 104.00 108 [1]
2002 107.00 115 [2]
2003 108.75 113 [3]
2004 103.50 108 [4]
2005 106.50 112 [5]
2006 104.50 108 [6]
2007 104.00 111 [7]
2008 101.25 112 [8]
2009 104.25 110 [9]
2010 107.00 109 [10]
2011 107.25 110 [11]
2012 107.25 111 [12]
2013 102.50 112 [13]
2014 108.75 110 [14]
2015 104.25 113 [15]
2016 105.75 112 [16]
2017 108.25 110 [17]
2018 112.50 112 [18]
2019 110.25 113 [19]
2020 105.00 111 [20]
2021 108.25 109 [21]
2022 111.25 111 [22]
2023 109.50 114 [23]

脚注 編集

参考文献 編集

注釈 編集


出典 編集

  1. ^ 2014 International Cataloguing Standards Book Japan 2014年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 令和5年度 第6回大井競馬競走番組表(決定)” (PDF). 東京シティ競馬:TOKYO CITY KEIBA. 2023年7月10日閲覧。
  3. ^ 大井競馬出走馬一覧表令和5年度第6回大井競馬第3日7月12日(水)” (PDF). 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2023年7月10日閲覧。
  4. ^ a b ■ジャパンダートダービー(JpnI)アラカルト(過去全24回の分析)” (PDF). 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2023年7月10日閲覧。
  5. ^ 3歳ダート三冠競走を中心とした2・3歳馬競走の体系整備
  6. ^ 全日本的なダート競走の体系整備について地方競馬全国協会、2022年11月28日閲覧
  7. ^ 令和5年度大井競馬番組” (PDF). 特別区競馬組合. p. 28. 2023年7月10日閲覧。
  8. ^ クラーベセクレタ号の失格に伴う成績の変更について - 東京シティ競馬公式サイト 2011年7月31日閲覧
  9. ^ “地方競馬の交流重賞で中央馬の出走枠が拡大”. サンケイスポーツ. (2015年12月6日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20151206/etc15120609270001-n1.html 2016年7月11日閲覧。 
  10. ^ “3歳ダート三冠競走を中心とした2・3歳馬競走の体系整備について”. 地方競馬全国協会. (2022年6月20日). https://www.keiba.go.jp/topics/2022/06/2015003324361.html 2022年6月20日閲覧。 

各回競走結果の出典 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集