ジャパンホームビデオ

日本のビデオメーカー

ジャパンホームビデオ株式会社(JHV)は、1984年に創業した日本のビデオメーカー兼配給会社で、メーカーとしては一般作品とアダルト作品を制作している。一般作品の主力レーベルはJHV、アダルトビデオ作品の主力レーベルはアリスJAPAN

ジャパンホームビデオ株式会社
Japan Home Video Co. Ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
164-0011
東京都中野区中央5-4-22
JHV中野ビル
設立 1984年5月9日
業種 情報・通信業
法人番号 6011201011663 ウィキデータを編集
事業内容

ビデオ及びフィルムによる各種映画の企画・制作・販売・配給・輸出入
音楽のレコード及びテープの企画・制作・販売・輸出入
テレビ放送番組テレビコマーシャルの企画・制作・販売
ビデオテープの編集及びダビング
ビデオディスクの企画・制作・販売
ビデオテープのリース

全各号に付帯する一切の事業
資本金 2700万円
外部リンク https://www.jhv.jp/
テンプレートを表示

最初期編集

最初期のビデオメーカー・日本ビデオ映像1985年倒産)の創業メンバーで制作部門の中心人物だった升水惟雄が独立し1984年5月に設立、当初より他社作品の配給業務も行っていた。初期は「ジャパンホームビデオ」名義(通称「ぺんぎん」レーベル)で自社作品をリリースしていたが、1986年4月に一般作品を扱う「JHV」レーベルと、アダルト作品を扱う「アリスJAPAN」レーベルを設立し、レーベルごとの作品カラーを明確にさせた。

一般作品編集

「JHV」レーベルでオリジナル作品、他社制作作品、共同制作作品などの多岐にわたるジャンルを扱っていたが、1990年9月に「Vムーヴィー」、「Vアニメ」の両レーベルを発足させ、オリジナルビデオはこれらのレーベルに集約、「JHV」は劇場公開作品やその他の作品向け中心へと仕分けしている。「JHV」での代表作は菊地秀行原作のアニメ作品『妖獣都市』や、日本初のスプラッタホラーとして知られる『死霊の罠』などがある。また「Vムーヴィー」では、『監禁逃亡』シリーズ(1992年-1999年)や実写版『けっこう仮面』(1991年-1993年)シリーズなどがヒットした。

アダルト作品編集

アリスJAPANとしては、1986年6月10日発売の舵川まり子『セクシー・バイオレンス 涙の復讐』が最初の作品となる。各時代の人気AV女優のキャスティングに力を入れ、『ズームアップ』シリーズ、『フラッシュバックシリーズ』、『女尻』シリーズなどの人気シリーズを次々に世に送り出し、アダルトビデオ業界を代表するレーベルの一つとなった。

近年では萩原舞(デビューから3作は「みるくる」レーベル(株式会社イー・アイ・シー)より発売)、美竹涼子蒼井そら吉沢明歩みひろ(関連会社であるマックス・エーとの2社専属)、松島かえで(デビューは宇宙企画メディアステーション))、麻美ゆまインディーズメーカー・S1との2社専属)といった人気女優を多数輩出している。その一方では、葉山レイコ小沢なつき真梨邑ケイといったメジャー級の芸能人をキャスティングした準ハードコア作品も発表している。

この他1987年から1989年にかけては『ボッキー』シリーズ専用の「アリスBECKER」レーベルを、1989年から1995年にかけては持ち込み作品を扱う「ディレクターズ」レーベルを運営したほか、1994年9月からは『人間廃業』シリーズや『逆ソープ天国』シリーズなどで知られる「バビロン」レーベルを、1995年2月からは企画作品中心の「エロチカ」レーベルを運営している。ただし、DVDについては女優物は知名度の高い「アリスJAPAN」、企画物は「エロチカ」にレーベル名が統一されている。

2011年からは専属の若手AV女優によるアイドルユニット「アリスた〜ず★」を結成。

ゲームソフト編集

1990年代前半、PC-9801Windows用のゲームソフトを販売していた。ヒット作には『卒業 〜Graduation〜』が挙げられる。

いわゆる性表現を伴うアダルトゲームはアリスJAPANで現在も発売している。

以下にはJHV名義で発売した非アダルトゲームのタイトルを挙げる。

※ ゲーム中の「未成年者による飲酒・喫煙」描写を理由にソフ倫から18歳未満販売禁止指定を受けた(当時R指定が未制定だったため、後にR指定の制定に伴い緩和)。
  • デザートドラグーン
  • スタークルーザー2
  • アトランティア
  • アグレガード
  • 卒業クロスワールド(Windows版)

関連会社編集

外部リンク編集