メインメニューを開く

ジャパンラグビートップリーグ2014-2015

ジャパンラグビートップリーグ2014-20152014年8月22日から2015年2月1日まで行われた、日本国内最高峰の社会人ラグビーラグビーユニオン)リーグである。レギュラーシーズン2位のパナソニックワイルドナイツがプレーオフトーナメントを制し、2シーズン連続3度目の優勝を遂げた。

目次

参加チーム編集

ジャパンラグビートップリーグ2014-2015の参加チームは下表の通りである(記載は3位までは前年のプレーオフトーナメント、4位以降は前年2ndステージの成績上位順)。

昨シーズンの結果、九州電力キューデンヴォルテクストップキュウシュウ)が地域リーグに降格し、宗像サニックスブルースが地域リーグから昇格した。

チーム名 前年成績 備考
パナソニックワイルドナイツ トップリーグ 優勝
サントリーサンゴリアス トップリーグ 2位
東芝ブレイブルーパス トップリーグ 3位
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
ヤマハ発動機ジュビロ トップリーグ 5位
トヨタ自動車ヴェルブリッツ トップリーグ 6位
キヤノンイーグルス トップリーグ 7位
NECグリーンロケッツ トップリーグ 8位
クボタスピアーズ トップリーグ 9位
近鉄ライナーズ トップリーグ 10位
リコーブラックラムズ トップリーグ 11位
豊田自動織機シャトルズ トップリーグ 12位
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス トップリーグ 13位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
コカ・コーラレッドスパークス トップリーグ 14位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
「コカ・コーラウエストレッドスパークス」から改称
NTTドコモレッドハリケーンズ トップリーグ 15位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
宗像サニックスブルース トップキュウシュウ 優勝 昇格(トップチャレンジ1 1位)
2シーズンぶりの復帰
昇格時に「福岡サニックスブルース」から改称

概要編集

前年度の2013-2014シーズン同様、「2プール2ステージ制」で行われる。
前年度まではプレーオフのみの採用で留まっていたTMO(テレビジョンマッチオフィシャル)が今シーズンより公式戦全試合で実施されることとなった。
プレーオフトーナメントは株式会社LIXILと冠スポンサー契約を結び「プレーオフトーナメントLIXIL CUP(リクシルカップ)2015」として開催される。
ニュージーランド協会よりギャラット・ウィリアムソンレフリーを招聘し第1節~第3節を担当することとなった。

1stステージ編集

プールA編集

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 パナソニックワイルドナイツ 7 6 0 1 308 116 +192 5 29 2ndステージグループAへ
2 東芝ブレイブルーパス 7 5 0 2 218 141 +77 6 26
3 ヤマハ発動機ジュビロ 7 4 1 2 227 113 +114 7 25
4 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 7 4 0 3 172 169 +3 5 21
5 クボタスピアーズ 7 3 1 3 171 201 -30 4 18 2ndステージグループBへ
6 NECグリーンロケッツ 7 2 0 5 194 233 -39 6 14
7 豊田自動織機シャトルズ 7 2 0 5 123 249 -126 1 9
8 宗像サニックスブルース 7 1 0 6 129 320 -191 2 6

プールB編集

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 7 6 1 0 182 106 +76 3 29 2ndステージグループAへ
2 サントリーサンゴリアス 7 6 0 1 202 137 +65 4 28
3 キヤノンイーグルス 7 4 0 3 184 142 +42 7 23
4 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 7 4 1 2 157 145 +12 4 22
5 近鉄ライナーズ 7 4 0 3 182 178 +4 6 22 2ndステージグループBへ
6 リコーブラックラムズ 7 2 0 5 183 160 +23 6 14
7 コカ・コーラレッドスパークス 7 1 0 6 90 210 -120 2 6
8 NTTドコモレッドハリケーンズ 7 0 0 7 117 219 -102 5 5

2ndステージ編集

1stステージの順位に応じて2ndステージ開始時にアドバンテージポイント(AP)が与えられる。

グループA編集

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 AP BP 勝点
1 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 7 5 0 2 242 113 +129 4 5 29 プレーオフトーナメント、日本選手権
2 パナソニックワイルドナイツ 7 5 0 2 218 131 +87 4 5 29
3 東芝ブレイブルーパス 7 5 0 2 213 147 +66 3 5 28
4 ヤマハ発動機ジュビロ 7 5 0 2 165 134 +31 2 5 27
5 サントリーサンゴリアス 7 5 0 2 171 157 +14 3 3 26 日本選手権ワイルドカードトーナメントへ
6 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 7 2 0 5 126 198 -72 1 2 11
7 キヤノンイーグルス 7 1 0 6 116 224 -108 2 2 8
8 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 7 0 0 7 99 246 -147 1 1 2

グループB編集

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 AP BP 勝点
9 リコーブラックラムズ 7 6 0 1 199 102 +97 3 5 32 日本選手権ワイルドカードトーナメントへ
10 NECグリーンロケッツ 7 5 0 2 148 114 +34 3 4 27
11 NTTドコモレッドハリケーンズ 7 5 0 2 235 166 +69 1 5 26
12 近鉄ライナーズ 7 4 0 3 167 168 -1 4 5 25
13 クボタスピアーズ 7 4 0 3 151 127 +24 4 4 24 入替戦へ
14 コカ・コーラレッドスパークス 7 2 0 5 143 194 -51 2 5 15
15 豊田自動織機シャトルズ 7 1 0 6 110 193 -83 2 2 8
16 宗像サニックスブルース 7 1 0 6 147 236 -89 1 3 8 自動降格

プレーオフトーナメント編集

セミファイナル ファイナル
           
2015年1月24日 - 花園大阪    
 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
(リーグ1位)
12
 ヤマハ発動機ジュビロ
(リーグ4位)
41  
  2015年2月1日 - 秩父宮東京
 ヤマハ発動機ジュビロ 12
   パナソニックワイルドナイツ 30
2015年1月25日 - 秩父宮東京  
 東芝ブレイブルーパス
(リーグ3位)
15
 パナソニックワイルドナイツ
(リーグ2位)
50  

セミファイナル編集

  • 1月24日 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 12-41 ヤマハ発動機ジュビロ
  • 1月25日 東芝ブレイブルーパス 15-50 パナソニックワイルドナイツ

ファイナル編集

  • 2月1日 ヤマハ発動機ジュビロ 12-30 パナソニックワイルドナイツ

入替制度編集

自動降格編集

2ndステージグループBの結果、8位宗像サニックスブルースがトップリーグ16位となりトップキュウシュウへの自動降格が決定した。

トップチャレンジ2編集

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 釜石シーウェイブスRFCトップイーストリーグ 2 2 0 0 53 34 +19 1 9 トップチャレンジ1へ
2 中国電力トップキュウシュウ 2 1 0 1 48 51 -3 0 4
3 大阪府警察トップウェスト 2 0 0 2 27 43 -16 1 1

以上の結果、1位釜石シーウェイブスRFCのトップチャレンジ1への進出が決定した。

トップチャレンジ1編集

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 ホンダヒート(トップウェスト) 3 3 0 0 109 31 +78 2 14 自動昇格
2 三菱重工相模原ダイナボアーズ(トップイーストリーグ) 3 1 0 2 78 83 -5 3 7 入替戦へ
3 九州電力キューデンヴォルテクス(トップキュウシュウ) 3 1 0 2 64 70 -6 2 6
4 釜石シーウェイブスRFC(トップチャレンジ1 4位) 3 1 0 2 44 111 -67 1 5

以上の結果、1位のホンダヒートのトップリーグへの自動昇格、2位以下3チームの入れ替え戦への出場が決定した。

トップリーグ入替戦編集

規定により、トップリーグ13位クボタスピアーズがトップチャレンジ1・4位の釜石シーウェイブスRFCと、トップリーグ14位コカ・コーラレッドスパークスが、トップチャレンジ1・3位の九州電力キューデンヴォルテクスと、トップリーグ15位豊田自動織機シャトルズがチョップチャレンジ1・2位の三菱重工相模原ダイナボアーズと入替戦を行った。

以上の結果、クボタスピアーズコカ・コーラレッドスパークス豊田自動織機シャトルズのトップリーグ残留が決定した。

表彰編集

2014-2015シーズンの年間表彰式は、2015年2月2日東京都港区明治記念館で実施された。

チーム表彰編集

TOP LEAGUE 優勝チーム編集

チーム名 備考
優勝 パナソニックワイルドナイツ (2季連続3回目)
準優勝 ヤマハ発動機ジュビロ
第3位 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
東芝ブレイブルーパス

フェアプレーチーム賞編集

チーム名 備考
パナソニックワイルドナイツ (2季連続6回目)

ベストファンサービス賞編集

チーム名 備考
神戸製鋼コベルコスティーラーズ (2季ぶり10回目)
東芝ブレイブルーパス (初受賞)
パナソニックワイルドナイツ (初受賞)

個人表彰編集

トップリーグMVP編集

氏名 所属チーム 備考
ベリック・バーンズ パナソニックワイルドナイツ (2季連続2回目)

新人賞編集

氏名 所属チーム
山下楽平 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

最多トライゲッター編集

氏名 所属チーム 備考
ネマニ・ナドロ NECグリーンロケッツ 11トライ(3季ぶり2回目)
堀江恭佑 ヤマハ発動機ジュビロ 11トライ(初受賞)
山下楽平 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 11トライ(初受賞)

得点王編集

氏名 所属チーム 備考
ベリック・バーンズ パナソニックワイルドナイツ 156得点(3T/30G/27PG)(初受賞)

ベストキッカー編集

氏名 所属チーム 備考
ベリック・バーンズ パナソニックワイルドナイツ キック成功率82.61%(G:39回中30回成功76.92%、PG:30回中27回成功90%)(初受賞)

最優秀ベストホイッスル編集

氏名 備考
麻生彰久 (2季連続2回目)

ベストホイッスル編集

氏名 備考
麻生彰久 (2季連続2回目)
大槻卓 (2季連続2回目)
久保修平 (初受賞)

プレーオフトーナメントMVP編集

氏名 所属チーム 備考
山田章仁 パナソニックワイルドナイツ (2季連続3回目)

ベストフィフティーン編集

ポジション 氏名 所属チーム 備考
PR1 稲垣啓太 パナソニックワイルドナイツ (2季連続2回目)
HO 堀江翔太 パナソニックワイルドナイツ (2季連続5回目)
PR3 山下裕史 神戸製鋼コベルコスティーラーズ (初受賞)
LO アンドリース・ベッカー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ (初受賞)
LO 伊藤鐘史 神戸製鋼コベルコスティーラーズ (初受賞)
FL アダム・トムソン キヤノンイーグルス (初受賞)
FL リーチマイケル 東芝ブレイブルーパス (2季ぶり3回目)
NO8 堀江恭佑 ヤマハ発動機ジュビロ (2季連続2回目)
SH 田中史朗 パナソニックワイルドナイツ (4季ぶり4回目)
SO ベリック・バーンズ パナソニックワイルドナイツ (2季連続2回目)
WTB 山下楽平 神戸製鋼コベルコスティーラーズ (初受賞)
WTB 山田章仁 パナソニックワイルドナイツ (3季連続4回目)
CTB 松島幸太朗 サントリーサンゴリアス (初受賞)
CTB ジャック・フーリー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ (4季連続4回目)
FB 五郎丸歩 ヤマハ発動機ジュビロ (4季連続4回目)

参照編集