メインメニューを開く

ジャパンラグビートップリーグ2017-2018

参加チーム編集

ジャパンラグビートップリーグ2017-2018の参加チームは下表の通りである(記載は前年の成績上位順)。

昨シーズンの結果、ホンダヒートが今シーズンより新設されるジャパンラグビートップチャレンジリーグに降格し、NTTドコモレッドハリケーンズが地域リーグから昇格した。

チーム名 前年成績 備考
サントリーサンゴリアス トップリーグ 優勝
ヤマハ発動機ジュビロ トップリーグ 2位
パナソニックワイルドナイツ トップリーグ 3位
神戸製鋼コベルコスティーラーズ トップリーグ 4位
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス トップリーグ 5位
リコーブラックラムズ トップリーグ 6位
キヤノンイーグルス トップリーグ 7位
トヨタ自動車ヴェルブリッツ トップリーグ 8位
東芝ブレイブルーパス トップリーグ 9位
NECグリーンロケッツ トップリーグ 10位
宗像サニックスブルース トップリーグ 11位
クボタスピアーズ トップリーグ 12位
近鉄ライナーズ トップリーグ 13位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
コカ・コーラレッドスパークス トップリーグ 14位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
豊田自動織機シャトルズ トップリーグ 15位 残留(トップリーグ入替戦勝利)
NTTドコモレッドハリケーンズ トップウェスト 優勝 自動昇格(トップチャレンジ1 1位)
2シーズンぶりの復帰

昨年からの変更点編集

本年度は、2019 ラグビーワールドカップに向けたラグビー日本代表、及び3-7月に行われるスーパーラグビーの日本チーム「サンウルブズ」の試合・強化日程を考慮に入れたうえで、昨シーズンは行われなかったカンファレンス制+ポストシーズン(プレーオフ)が2シーズンぶりに復活。これまでは別大会として行われていた日本ラグビーフットボール選手権大会がトップリーグの優勝決定トーナメントと兼ねることになった[1]

  • リーグ戦 参加16チームを8チームずつ2組に分け、同一グループ内で1回総当たり7試合+別グループからは6チームと1回総当たり6試合の13試合を行う。
  • ポストシーズン
    • 「優勝決定トーナメント」(日本選手権兼) 各組の1・2位の4チームによるトーナメント。優勝クラブはトップリーグと日本選手権の2冠を同時獲得する権利が与えられる。
    • 「5-8位順位決定トーナメント」 各組の3・4位の4チームによるトーナメント
    • 「9-12位順位決定トーナメント」 各組の5・6位の4チームによるトーナメント
    • 「13-16位順位決定トーナメント」 各組の7・8位の4チームによるトーナメント。順位決定予備戦勝者の2チーム+15・16位決定戦の勝者の3チームはトップチャレンジリーグ2-4位のチームとの入れ替え戦に進出、15・16位決定戦敗戦チームは最下位(16位)となり自動的に2018-19シーズンのトップチャレンジリーグ降格。

リーグ戦編集

レッド カンファレンス編集

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 サントリーサンゴリアス 13 12 0 1 450 180 +270 7 55 優勝決定トーナメント兼日本選手権へ
2 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 13 10 0 3 394 288 +106 6 46
3 東芝ブレイブルーパス 13 8 0 5 345 292 +53 7 39 5〜8位決定トーナメントへ
4 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 13 7 1 5 353 297 +56 7 37
5 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 13 6 1 6 310 277 +33 5 31 9〜12位決定トーナメントへ
6 クボタスピアーズ 13 6 0 7 305 401 -96 2 26
7 NTTドコモレッドハリケーンズ 13 6 0 7 291 402 -111 2 26 13〜16位決定トーナメントへ
8 近鉄ライナーズ 13 4 0 9 213 365 -152 1 17

ホワイト カンファレンス編集

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 パナソニックワイルドナイツ 13 13 0 0 580 142 +438 11 63 優勝決定トーナメント兼日本選手権へ
2 ヤマハ発動機ジュビロ 13 9 0 4 440 232 +208 10 46
3 リコーブラックラムズ 13 9 0 4 314 239 +75 7 43 5〜8位決定トーナメントへ
4 NECグリーンロケッツ 13 6 0 7 250 323 -73 2 26
5 キヤノンイーグルス 13 4 0 9 246 399 -153 4 20 9〜12位決定トーナメントへ
6 豊田自動織機シャトルズ 13 2 0 11 248 362 -114 3 11
7 宗像サニックスブルース 13 1 0 12 205 392 -187 4 8 13〜16位決定トーナメントへ
8 コカ・コーラレッドスパークス 13 0 0 13 203 556 -353 3 3

総合順位決定トーナメント編集

優勝決定トーナメント兼第55回日本ラグビーフットボール選手権大会編集

準決勝 決勝
           
2018年1月6日 - ヤンマー大阪    
 トヨタ自動車ヴェルブリッツ
(レッドカンファレンス2位)
11
 パナソニックワイルドナイツ
(ホワイトカンファレンス1位)
17  
  2018年1月13日 - 秩父宮東京
 パナソニックワイルドナイツ 8
   サントリーサンゴリアス 12
 
3位決定戦
2018年1月6日 - ヤンマー大阪 2018年1月13日 - 秩父宮東京
 サントリーサンゴリアス
(レッドカンファレンス1位)
49  トヨタ自動車ヴェルブリッツ 10
 ヤマハ発動機ジュビロ
(ホワイトカンファレンス2位)
7    ヤマハ発動機ジュビロ 28

5位決定トーナメント編集

準決勝 5位決定戦
           
2018年1月6日 - 秩父宮東京    
 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
(レッドカンファレンス4位)
19
 リコーブラックラムズ
(ホワイトカンファレンス3位)
10  
  2018年1月14日 - 秩父宮東京
 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 41
   東芝ブレイブルーパス 17
 
7位決定戦
2018年1月6日 - 秩父宮東京 2018年1月14日 - 秩父宮東京
 東芝ブレイブルーパス
(レッドカンファレンス3位)
29  リコーブラックラムズ 44
 NECグリーンロケッツ
(ホワイトカンファレンス4位)
22    NECグリーンロケッツ 22

9位決定トーナメント編集

準決勝 9位決定戦
           
2018年1月6日 - ミクスタ福岡    
 クボタスピアーズ
(レッドカンファレンス6位)
30
 キヤノンイーグルス
(ホワイトカンファレンス5位)
31  
  2018年1月14日 - パロ瑞穂ラ愛知
 キヤノンイーグルス 32
   NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 38
 
11位決定戦
2018年1月6日 - ミクスタ福岡 2018年1月14日 - パロ瑞穂ラ愛知
 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
(レッドカンファレンス5位)
27  クボタスピアーズ 31
 豊田自動織機シャトルズ
(ホワイトカンファレンス6位)
19    豊田自動織機シャトルズ 10

13位決定トーナメント編集

準決勝 13位決定戦
           
2018年1月6日 - パロ瑞穂ラ愛知    
 近鉄ライナーズ
(レッドカンファレンス8位)
8
 宗像サニックスブルース
(ホワイトカンファレンス7位)
29  
  2018年1月13日 - ヤンマー大阪
 宗像サニックスブルース 32
   コカ・コーラレッドスパークス 5
 
15位決定戦
2018年1月6日 - パロ瑞穂ラ愛知 2018年1月13日 - ヤンマー大阪
 NTTドコモレッドハリケーンズ
(レッドカンファレンス7位)
14  近鉄ライナーズ 13
 コカ・コーラレッドスパークス
(ホワイトカンファレンス8位)
19    NTTドコモレッドハリケーンズ 21

入替制度編集

トップチャレンジリーグ創設に伴う変更編集

今シーズンよりトップリーグと各地域リーグ(イーストウェストキュウシュウ)の間に新しく全国規模の2部リーグとして「ジャパンラグビートップチャレンジリーグ」が創設された。それに伴い今シーズンは以下の点が変更される[2]

変更箇所 前年まで(2015-2016シーズン) 今年から(2016-2017シーズン)
自動昇格チーム トップチャレンジ1・1位 トップチャレンジリーグ優勝
トップリーグ入替戦出場チーム トップチャレンジ1・2-4位 トップチャレンジリーグ2-4位
トップリーグ入替戦
トップリーグ15位対戦相手
トップチャレンジ1・2位 トップチャレンジリーグ2位
トップリーグ入替戦
トップリーグ14位対戦相手
トップチャレンジ1・3位 トップチャレンジリーグ3位
トップリーグ入替戦
トップリーグ13位対戦相手
トップチャレンジ1・4位 トップチャレンジリーグ4位

自動降格編集

15位決定戦の結果、近鉄ライナーズがトップリーグ16位となり、トップチャレンジリーグへの自動降格が決定した。

自動昇格編集

トップチャレンジリーグ・2ndステージ上位リーグの結果、ホンダヒートが優勝し、トップリーグへの自動昇格が決定した。

トップリーグ入替戦編集

今シーズンはトップリーグからは13位宗像サニックスブルース、14位コカ・コーラレッドスパークス、15位NTTドコモレッドハリケーンズの3チーム、トップチャレンジリーグからは2位日野自動車レッドドルフィンズ、3位三菱重工相模原ダイナボアーズ、4位九州電力キューデンヴォルテクスの3チームが出場する。

入替戦の結果、宗像サニックスブルース、コカ・コーラレッドスパークスのトップリーグ残留、日野自動車レッドドルフィンズのトップリーグ昇格が決定した。なお入替戦を勝利してトップリーグに昇格するのは2015-2016シーズン(当時はトップチャレンジ出場チーム)の宗像サニックスブルース以来2シーズンぶり3チーム目である[3]

表彰編集

2017-2018シーズンの年間表彰式は、2018年1月21日に実施された[4]

チーム表彰編集

TOP LEAGUE 優勝チーム編集

チーム名 備考
優勝 サントリーサンゴリアス (2季連続5回目)
準優勝 パナソニックワイルドナイツ
第3位 ヤマハ発動機ジュビロ

フェアプレーチーム賞編集

チーム名 備考
パナソニック ワイルドナイツ (3季ぶり7回目)

個人表彰編集

トップリーグMVP編集

氏名 所属チーム 備考
松島幸太朗 サントリーサンゴリアス (初受賞)

新人賞編集

氏名 所属チーム
姫野和樹 トヨタ自動車ヴェルブリッツ

最多トライゲッター編集

氏名 所属チーム 備考
山田章仁 パナソニックワイルドナイツ 12トライ(5季ぶり2回目)

得点王編集

氏名 所属チーム 備考
ライオネル・クロニエ トヨタ自動車ヴェルブリッツ 132得点(5T/28G/16PG/1DG) (初受賞)

ベストキッカー編集

氏名 所属チーム 備考
五郎丸歩 ヤマハ発動機ジュビロ キック成功率83.02%(G・PG) (G:50回中41回成功 82.00%、PG:3回中3回成功 100%)(5季ぶり3回目)

ベストホイッスル編集

氏名 備考
麻生彰久 (5季連続5回目)

AIG賞編集

氏名 備考
大槻卓 (初受賞)

※AIG賞とは、今シーズンレフリーとアシスタントレフリーを合算して最も多く担当し、多大な貢献をした方に贈られる賞。

Opta賞編集

氏名 備考
セミシ・マシレワ ゲインメーター1,240m(初受賞)

※Opta賞はジャパンラグビー トップリーグ 2017-2018第13節までの104試合を対象に、ゲインメーターの記録が最も高かった選手に贈られる賞。ゲインメーターとは、プレーが始まる場所からゴールラインに平行に引いたライン(ゲインライン)をボールを保持した状態で攻撃方向90度に進んだ距離の総数。ゲインラインはキックオフの時はセンターライン、キックをキャッチした時はキャッチした場所、スクラムの時はスクラムの中心からゴールラインと平行に引いた仮想ライン。

ベストフィフティーン編集

ポジション 氏名 所属チーム 備考
PR1 稲垣啓太 パナソニックワイルドナイツ (5季連続5回目)
HO 堀江翔太 パナソニックワイルドナイツ (2季ぶり7回目)
PR3 ヴァルアサエリ愛 パナソニックワイルドナイツ (初受賞)
LO サム・ワイクス パナソニックワイルドナイツ (初受賞)
LO ジョー・ウィーラー サントリーサンゴリアス (2季連続2回目)
FL デービッド・ポーコック パナソニックワイルドナイツ (初受賞)
FL 姫野和樹 トヨタ自動車ヴェルブリッツ (初受賞)
NO8 リーチマイケル 東芝ブレイブルーパス (2季ぶり5回目)
SH 流大 サントリーサンゴリアス (2季連続2回目)
SO ベリック・バーンズ パナソニック ワイルドナイツ (2季ぶり4回目)
WTB 福岡堅樹 パナソニック ワイルドナイツ (初受賞)
WTB 山田章仁 パナソニック ワイルドナイツ (3季ぶり5回目)
CTB マット・ギタウ サントリーサンゴリアス (初受賞)
CTB 松田力也 パナソニック ワイルドナイツ (初受賞)
FB 松島幸太朗 サントリーサンゴリアス (2季連続3回目)

出典編集