ジャマール・ウィルクス

ジャマール・ウィルクス (Jamaal Wilkes) ことジャマール・アブドゥル=ラティーフ (Jamaal Abdul-Lateef, 1953年5月2日 - ) は、アメリカ合衆国の元プロバスケットボール選手。身長198cm、体重86kg。ポジションはスモールフォワードNBAゴールデンステイト・ウォリアーズロサンゼルス・レイカーズで4度のリーグ制覇を経験し、自身も新人王や3度のオールスターに輝いた名選手であった。2012年にバスケットボール殿堂入りを果たしている。

ジャマール・ウィルクス
Jamaal Wilkes
Jamaal Wilkes 1971–72.png
引退
殿堂 バスケットボール殿堂 (2012年)
永久欠番 レイカーズ  52 
ポジション(現役時) SF
背番号(現役時) 41, 52
身長(現役時) 198cm (6 ft 6 in)
体重(現役時) 86kg (190 lb)
基本情報
本名 Jamaal Abdul-Lateef
改宗前:Jackson Keith Wilkes
愛称 Silk
ラテン文字 Jamaal Wilkes
誕生日 (1953-05-02) 1953年5月2日(68歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州バークレー
出身 UCLA
ドラフト 1974年 11位
選手経歴
1974-1977
1977-1985
1985
ゴールデンステイト・ウォリアーズ
ロサンゼルス・レイカーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 NBA.com
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com

出生名はジャクソン・キース・ウィルクス (Jackson Keith Wilkes) である。1975年にイスラム教に改宗したことに伴い改名した。

経歴編集

生い立ちと学生時代編集

ウィルクスはカリフォルニア州バークレーで生れ、ベンチュラで少年期を過ごした。彼が高校生のとき、父の転勤により一家はサンタバーバラに移った。サンタバーバラ高校に転入したウィルクスは、後にNBA入りするドン・フォードとともにチームを26連勝に導き、カンファレンス年間最優秀選手に選ばれた。

高校卒業後、ウィルクスは当時NCAAトーナメント4連覇中だったUCLAに進学した。UCLAではビル・ウォルトンとともにチームの主力として活躍し、1972年・73年と2年連続で全米制覇を果たしたほか、NCAA史上空前絶後となる公式戦88連勝に大きく貢献した。自身はオールアメリカ1stチームに2度選ばれている。カレッジにおける3年間の成績は平均15.0得点7.4リバウンドであった。また学業でも優秀な成績を修め、経済学の学士号を修得した。2013年にウィルクスの背番号『52』がUCLAの永久欠番に指定されている。

プロキャリア編集

大学を卒業したウィルクスは、1974年のNBAドラフトにおいてゴールデンステイト・ウォリアーズから全体11位指名を受け入団すると、1年目からチーム2位となる平均14.2得点をあげて新人王を受賞した。ウォリアーズはこの年48勝の成績であったが、絶対的エースのリック・バリーに率いられてプレーオフを勝ち抜き、ファイナルでリーグ首位のワシントン・ブレッツを破る大金星をあげて19年ぶり3度目の優勝を果たした。ウィルクスはプレーオフ平均15.0得点の活躍で優勝に貢献し、1年目にして早くもチャンピオンリングを手に入れた。

ウィルクスはその後2シーズンをウォリアーズでプレーし、2年連続でオールディフェンシブ2ndチームに選ばれた。また1976年には自身初となるオールスター選出を果たしている。1976-77シーズン終了後、ウィルクスはロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

レイカーズではカリーム・アブドゥル=ジャバーらとともにチームの中心を担った。1979-80シーズン、大物新人マジック・ジョンソンを迎えたレイカーズは60勝を記録してファイナルに進出した。ファイナル第6戦では、負傷で欠場したアブドゥル=ジャバーに代ってマジックが42得点、ウィルクスが37得点の大活躍でレイカーズの優勝を決定づけた。

1980-81シーズン、ウィルクスはキャリアハイとなる平均22.6得点をあげて2度目のオールスターに選ばれた。翌1981-82シーズンも平均21.1得点の好成績を残し、レイカーズはファイナルでフィラデルフィア・76ersを退けて2年ぶりのリーグ制覇を達成した。ウィルクスはチームトップとなるファイナル平均19.7得点を記録して自身3度目の優勝に花を添えた。1982-83シーズンは平均19.6得点で3度目のオールスター選出を果たし、チームは2年連続でファイナルに進んだが76ersに4連敗してシーズンを終えた。

これ以降、ウィルクスの個人成績は徐々に後退していった。1984-85シーズンには先発の座をジェームズ・ウォージーに奪われ、さらに左膝の靭帯断裂で40試合を欠場し、プレーオフも全休した。レイカーズはこのシーズンにファイナルでボストン・セルティックスを破って優勝している。シーズン終了後にレイカーズから解雇されたウィルクスは、リーグ最低年俸でロサンゼルス・クリッパーズと契約した。1985-86シーズン、ウィルクスはクリッパーズで13試合に出場した後現役引退を表明した。

NBAでの成績は、828試合に出場して通算14,644得点5,117リバウンド(平均17.7得点6.2リバウンド)であった。

引退後編集

ウィルクスはNBAを離れた後、20年以上にわたって不動産や金融サービス業に携わる傍ら、モチベーショナル・スピーカーとしても活動した。2003年にはウェルスマネジメントを専門とするジャマール・ウィルクス・ファイナンシャル・アドバイザーズを設立している。またバスケットボールにも関わっており、2000年に発足したばかりのセミプロリーグABAロサンゼルス・スターズから要請を受け、バスケットボール事業部の副部長に就任した。

2012年、ウィルクスはバスケットボール殿堂入りを果たし、その3ヶ月後に背番号『52』がレイカーズの永久欠番となることが発表された。

個人成績編集

  NBAチャンピオン
太字 キャリアハイ

レギュラーシーズン編集

Season Team GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1974-75   GSW 82 30.7 .442 .734 8.2 2.2 1.3 0.3 14.2
1975-76 82 33.1 .463 .772 8.8 2.0 1.2 0.4 17.8
1976-77 76 33.9 .478 .797 7.6 2.8 1.7 0.2 17.7
1977-78 LAL 51 29.2 .440 .716 7.5 3.6 1.5 0.4 12.9
1978-79 82 35.5 .504 .751 7.4 2.8 1.6 0.3 18.6
1979-80   82 37.9 .535 .176 .808 6.4 3.0 1.6 0.3 20.0
1980-81 81 37.4 .526 .077 .758 5.4 2.9 1.5 0.4 22.6
1981-82   82 82 35.4 .525 .000 .732 4.8 1.7 1.1 0.3 21.1
1982-83 80 80 31.9 .530 .000 .757 4.3 2.3 0.8 0.2 19.6
1983-84 75 74 33.4 .514 .250 .743 4.5 2.9 1.0 0.5 17.3
1984-85   42 8 18.1 .488 .000 .773 2.2 1.0 0.5 0.1 8.3
1985-86 LAC 13 1 15.0 .400 .333 .815 2.2 1.2 0.5 0.2 5.8
Career 828 245 32.9 .499 .135 .759 6.2 2.5 1.3 0.3 17.7
All-Star 3 0 18.0 .481 1.000 4.7 2.3 1.3 0.0 11.0

プレーオフ編集

Year Team GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1975   GSW 17 29.6 .446 .702 7.0 1.6 1.5 0.8 15.0
1976 13 34.6 .430 .778 7.9 2.2 0.9 0.6 15.9
1977 10 34.6 .429 .821 8.0 1.6 1.6 0.6 15.5
1978 LAL 3 36.0 .469 .545 8.7 2.7 1.0 0.3 12.0
1979 8 38.4 .477 .676 8.5 2.0 1.9 0.3 18.4
1980   16 40.8 .476 .000 .815 8.0 3.0 1.5 0.3 20.3
1981 3 37.7 .438 .000 .667 2.7 1.3 0.3 0.3 18.0
1982   14 38.2 .502 .000 .776 5.0 2.6 1.1 0.2 20.0
1983 15 39.3 .498 .000 .614 6.0 3.4 1.3 0.7 19.9
1984 14 14.0 .400 .000 .636 1.9 0.6 0.3 0.1 4.5
Career 113 33.6 .465 .000 .727 6.4 2.2 1.2 0.5 16.1

外部リンク編集