メインメニューを開く
パン > 菓子パン > ジャムパン

ジャムパンは、菓子パンの一種で、中にジャムが入っていることを特徴とする。

ジャムパン
Jam pan 001.jpg
一般的ジャムパン
種類 パン
発祥地 日本の旗 日本
主な材料 小麦粉、ジャム
テンプレートを表示

歴史編集

 
ジャムパンの断面図

日露戦争当時、ジャム入りビスケットを関連会社から陸軍に納めていた木村屋(現・木村屋總本店)の三代目主人・木村儀四郎が、これに用いていたジャムをパンにも活用したいと考え、1900年明治33年)より製造・販売された[1]。当時、普仏戦争に勝利したドイツへ留学した陸軍軍人の土産である菓子を参考にしたという[2]

丸型のあんパンと区別を付けるために木の葉型に作られ、他社もそれに追随したことから、後年でも木の葉型に近い楕円形が一般的となっている。

昭和10年代頃までのジャムパンには、アンズジャムが用いられるのが一般的だった。イチゴジャムが用いられるようになったのは日本でイチゴの栽培が始まった大正時代辺りからであり、イチゴジャムが一般的になるのは更に後の昭和20年代後半辺りからである。

脚注編集

参考文献編集

  • 菊地武顕『あのメニューが生まれた店』平凡社、2013年11月。ISBN 978-4582634860

関連項目編集