メインメニューを開く

ジャム・バンド(jam band)とは、1960年代に結成されたグレイトフル・デッドやオールマン・ブラザーズ・バンドなどに起源を持ち、1990年代のフィッシュやその他のバンドにまで受け継がれた、即興演奏をするロック・グループをさす言葉である。

歴史編集

これらのバンドのパフォーマンスはたいてい、リズミカルなグルーヴと和音進行に乗せて演奏される長い即興演奏(ジャム)と、さまざまな音楽ジャンルの混交を特色とする[1]。ディーン・ブドニックは98年に「ジャム・バンド」という著書を発表した[2]。21世紀に活躍中のジャム・バンドとしては、デレク・トラックス・バンド、テデスキ・トラックス・バンド、フィッシュ、ギャラクティク、ソウライブ、ガバメント・ミュール、レフトオーバー・サーモンなどがいる。

独創性に富んだ音楽グループ、グレイトフル・デッドは、はじめはサイケデリック・ロックに分類された[3]。しかし1990年代から「ジャム・バンド」という言葉が、ファンクプログレッシブ・ブルーグラスクロスオーバーなどのようにジャンル的に多様性を持つようになった。ジャム・バンドの語はブルースカントリーミュージックフォークルーツ・ミュージックワールドミュージックなどを演奏するグループにも使われる[1]

グレイトフル・デッドの手法を受け継ぎ、「ライブの自由な録音」と「録音の非営利目的での利用」(周囲に配布したり、インターネットにアップロードする行為)を許可しているバンドも多い。バンド側も公式海賊版をリリースする傾向もあり、インターネット配信によって低コストで全公演を発売するバンドもある。

主なジャム・バンド編集

関連項目編集

出典・脚注編集

  1. ^ a b What is a jam band? (html)”. Jambands.com. 2007年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月2日閲覧。
  2. ^ Budnick, Dean (1998). Jam Bands: North America's Hottest Live Groups Plus How to Tape and Trade Their Shows. ECW Press. https://books.google.com/books?id=0d7ach9LFKUC&pg=PA68&dq=Jambay&hl=en&ei=JJ2cTIKBMYKKlwfTuPXSCQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=5&ved=0CDcQ6AEwBA#v=onepage&q=Jambay&f=false 2013年7月23日閲覧。. 
  3. ^ The Grateful Dead Britannica Online, Retrieved September 17, 2007

外部リンク編集