ジャヤ・インドラヴァルマン1世

ジャヤ・インドラヴァルマン1世サンスクリット語: जय इन्द्रवर्मन् १, ラテン文字転写: Jaya Indravarman I, 生年不詳 - 972年?)は、チャンパ王国占城国)第7王朝の第3代国王(在位:960年頃 - 972年?)。『宋史』では釈利因ベトナム語: Thích Lợi Nhân Đà Bàn)および悉利多盤ベトナム語: Tạt Lợi Đa Bàn)、『宋会要輯稿』では釈利因塔蛮ベトナム語: Thích Lợi Nhân Tháp Man)および悉利因陀盤ベトナム語: Tạt Lợi Nhân Đà Bàn)と記される。シュリーシャーナヴァドレーシュヴァラの碑文では「その強さによって街と民を守護した」と記されている[1]

 ジャヤ・インドラヴァルマン1世
जय इन्द्रवर्मन् १
チャンパ王
在位 960年頃 - 972年?

死去 972年?
配偶者 波良僕瑁
  郭氏
王朝 第7王朝
テンプレートを表示

生涯編集

960年[2]12月にアブー・ハサンらを使者として犀角象牙を献じ、翌961年1月24日にはアブー・ハサンをに遣使して香木や犀角、象牙を献じている。963年10月17日にも宋に朝貢して象牙や乳香を献じた。965年には、先王インドラヴァルマン3世の代にクメールに奪い去られていたポー・ナガル塔英語版バガヴァティー英語版金像を再建しようとしたが、金像が建てられなかったため、新たに石像を建てた[2]966年4月2日には因陁玢李帝婆羅や白不羅低冬を遣使して、・象牙・白塁毛・絹・繍絹・親色絹や雜薬物を献じ、妃の波良僕瑁と子の茶羅継・占謀律秀瓊らも犀角・象牙・龍脳玳瑁・香薬を献じた。7月には南唐後主にも犀角などを献じている。10月25日には李𠰢を使者として宋に巨や象牙・香薬を献じ、翌967年に李𠰢と李被瑳を宋に遣使している。970年にも雌象を献じ、翌971年には副王英語版の李耨・妃の郭氏・子の蒲路鶏波羅らを遣使して宋に朝貢した。

出典編集

  1. ^ The Cham of Vietnam, p. 178
  2. ^ a b Cœdès, p. 124

参考資料編集

  • George Cœdès (May 1, 1968). The Indianized States of South-East Asia. University of Hawaii Press. ISBN 978-0824803681 
  • Bruce McFarland Lockhart; Kỳ Phương Trần (January 1, 2011). The Cham of Vietnam: History, Society and Art. National University of Singapore Press. ISBN 978-9971-69-459-3 
  • Geetesh Sharma (2010). Traces of Indian Culture in Vietnam. Rajkamal Prakashan. ISBN 978-8190540148 
  • 宋史』巻一 本紀第一 太祖一
  • 『宋史』巻二 本紀第二 太祖二
  • 『宋史』巻四百八十九 列伝第二百四十八 外国五 占城
  • 『宋会要輯稿』巻百十九 蕃夷四 占城
先代
インドラヴァルマン3世
チャンパ王
第7王朝第3代:
960年頃 - 972年?
次代
パラメーシュヴァラヴァルマン1世