メインメニューを開く

ジャンクション24』(ジャンクション トゥエンティーフォー)とは宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。花組[1][2][3]公演。形式名は「グランド・ショー[1][2][3]」。宝塚・東京は24場[1][2]。作・演出は草野旦[1][2][3]。宝塚・東京における併演作品は『ヴェネチアの紋章[1][2]』、地方公演・福岡公演は『小さな花がひらいた[3]』。

公演期間と公演場所編集

  • 1992年4月14日 - 4月29日 地方公演[3](4月14日・一宮、15日・瀬戸、17日・多摩、18日・市川、19日・大宮、21日・静岡、22日・新城、24日・四日市、25日・半田、26日・大津、28-29日・広島)
  • 1992年5月1日 - 5月5日 福岡市民会館[3]

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

"JUNCTION(ジャンクション)"とは、接合、接続、接合点などの意味をもつ言葉。大きな道が交差し、たくさんの汽車が乗り込んでくる大都市。そんな大都市の24時間(一日)をイメージし、その中でも悲喜ごもごも、出会いと別れ、また再開・・・人生のあらゆる縮図が集まってくる「駅」をテーマにしたショー作品。第7場から8場の「センチメンタル、ドリーム」のシーンは、主役である大浦みずき自らの振付による場面である。

スタッフ(宝塚・東京)編集

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役編集

宝塚・東京編集

※宝塚[1]・東京[2]共通。

地方公演・福岡公演編集

※両公演[3]共通。

  • 踊る男S、ステファン、ガロ、デュエット - 安寿ミラ
  • 踊る男、レッド、ルダリ、シンガー - 真矢みき
  • 踊る女、デュエット - 森奈みはる
  • ジャズ・フェアリー、リリー - 華陽子
  • 歌手 - 峰丘奈知
  • ラバー - 真琴つばさ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 347.
  2. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 349.
  3. ^ a b c d e f g 80年史 1994, p. 357.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 167.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3