メインメニューを開く

ジャンドメニコ・メスト

ジャンドメニコ・メストGiandomenico Mesto, 1982年5月25日 - )は、イタリアモノーポリ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはDF。元イタリア代表

ジャンドメニコ・メスト Football pictogram.svg
Mesto Napoli.jpg
ナポリ時代のメスト (2014年)
名前
ラテン文字 Giandomenico MESTO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1982-05-25) 1982年5月25日(37歳)
出身地 モノーポリ
身長 180cm
体重 79kg
選手情報
ポジション DF (RSB)
利き足 右足
ユース
1995-2000 イタリアの旗 レッジーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2007 イタリアの旗 レッジーナ 138 (1)
2000-2001 イタリアの旗 クレモネーゼ (loan) 19 (0)
2001-2002 イタリアの旗 フェルマーナ (loan) 31 (6)
2007-2008 イタリアの旗 ウディネーゼ 28 (1)
2008-2012 イタリアの旗 ジェノア 132 (8)
2012-2015 イタリアの旗 ナポリ 34 (1)
2016-2017 ギリシャの旗 パナシナイコス 31 (0)
代表歴
1998 イタリアの旗 イタリア U-15 3 (0)
1999 イタリアの旗 イタリア U-17 1 (0)
2002-2003 イタリアの旗 イタリア U-20 7 (2)
2004  イタリア U-21 5 (0)
2004 イタリアの旗 イタリア オリンピック 3 (0)
2005-2007 イタリアの旗 イタリア 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

クラブ編集

南部にあるレッジーナ・カルチョ下部組織出身で、各年代のイタリア代表に選出された。レッジーナでは2002年から2005年まで、中村俊輔のチームメートでもあった。2006-07シーズンにはワルテル・マッツァーリ監督の指導の下、左サイドのフランチェスコ・モデストと共にサイド攻撃を支える。その活躍が認められインテル・ミラノも関心を示す程であったが、出場機会を得る事を優先したメストは中堅クラブのウディネーゼ・カルチョへ移籍。ウディネーゼの攻撃サッカーを支え、次いでジェノアCFCに移籍し、着実な成長を見せていた。一方で、戦術的柔軟性に欠ける嫌いがあり、2011-12シーズンからアルベルト・マレザーニ監督に変わった影響もあり、システムがメストが得意とする3バックから4バックに変更されたことで、出場機会がやや減少した。

2012-13シーズンはジェノアでのリーグ戦・カップ戦1試合ずつの出場を経て、恩師マッツァーリ監督率いるSSCナポリに移籍。

2015年12月31日、ギリシャ・スーパーリーグパナシナイコスFCと2017年6月までの契約を結んだ[1]。2017年6月、契約満了につき退団し現役を引退した。

代表編集

2004年アテネオリンピック代表に選出され、ダニエレ・デ・ロッシアルベルト・ジラルディーノらと共に銅メダルを獲得。イタリア代表には2005年より選出されている。

所属クラブ編集

タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Απόκτηση του Μέστο”. ΠΑΕ Παναθηναϊκός (2015年12月31日). 2016年6月19日閲覧。

外部リンク編集