メインメニューを開く

ジャンヌ・ジュリー・エレオノール・ド・レスピナス

ジャンヌ・ジュリー・エレオノール・ド・レスピナス(Jeanne Julie Éléonore de Lespinasse、1732年11月9日-1776年5月23日)は、フランスサロン主催者。レスピナス嬢とも。

ジャンヌ・ジュリー・エレオノール・ド・レスピナス
Julie de Lespinasse.jpg
ジャンヌ・ジュリー・エレオノール・ド・レスピナス
生誕 1732年11月9日
フランス王国リヨン
死没 1776年5月23日
著名な実績 サロンの開設

少女時代編集

ジャンヌ・ジュリー・エレオノール・ド・レスピナス(以下レスピナス嬢)は1732年11月9日にフランスのリヨンで生まれ、クロード・レスピナスの娘として育つ。16歳の時、修道院附属女子学校に在籍中、義理の姉妹であるマダム・ド・ヴィッチィの家庭教師となる。ヴィッチィは、マダム・ドゥ・デファンドの兄弟と結婚していた。こうしてマダム・ドゥ・デファンドとレスピナス嬢は友人となった。マダム・ドゥ・デファンドは彼女の才能に気付き、付き人としてパリに来るよう説得した。

マダム・ドゥ・デファンドのサロンにて編集

レスピナス嬢は1754年にマダム・ドゥ・デファンドの住居に移り住み、彼女の主催するサロンで有名な外交官や貴婦人、哲学者や政治家たちと交流を深めた。この関係は1764年迄の10年間、マダム・ドゥ・デファンドが彼女の影響の増長に嫉妬し、ひどい口論をするまで続いた。

サロン開設編集

やがてレスピナス嬢は自身のサロンを開設する。そのサロンにはマダム・ドゥ・デファンドのサロンの中でも著名な者たちが参加した。ダランベールもその1人である。彼は積極的に彼女と交流し、彼女の家に住みさえした。彼女には階級も美しさも備わっていなかったが、彼女はその才能をして彼女のサロンをパリで最も有名にした。