ジャンヌ・ド・フランス (1391-1433)

ジャンヌ・ド・フランス (Jeanne de France、1391年1月24日 - 1433年9月27日)は、ブルターニュジャン5世の妃。フランスシャルル6世と王妃イザボー・ド・バヴィエールの三女。姉にイングランドリチャード2世およびオルレアン公シャルルの妃イザベル、妹にブルゴーニュフィリップ3世ミシェル、イングランド王ヘンリー5世カトリーヌ、弟にギュイエンヌ公ルイ、トゥーレーヌ公ジャン、フランス王シャルル7世がいる。

ジャンヌ・ド・フランス
Jeanne de France
Joan of France (1391–1433).jpg

称号 ブルターニュ公妃
出生 (1391-01-24) 1391年1月24日
Bannière de France style 1500.svg フランス王国セーヌ=エ=マルヌ
死去 (1433-09-27) 1433年9月27日(42歳没)
Drapeau de la province de Bretagne (1532).svg ブルターニュ公国ヴァンヌ
埋葬 Drapeau de la province de Bretagne (1532).svg ブルターニュ公国ヴァンヌ大聖堂
配偶者 ブルターニュジャン5世
子女 一覧参照
家名 ヴァロワ家
父親 フランスシャルル6世
母親 イザボー・ド・バヴィエール
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

ブルターニュ継承戦争ゲランド条約(1365年)の結果としてジャン5世の生家・モンフォール家が公位を継承、パンティエーヴル家は劣勢であったが、彼らはブルターニュ公継承権を諦めてはいなかった。

1420年2月、オリヴィエ・ド・ブロワと母マルグリット・ド・クリッソンはジャン5世にシャントソーの領地を与えるとする宴会を開いてジャン5世と弟リシャール・デタンプを招き、彼らを拘束した。パンティエーヴル家はジャン5世が死んだという噂を流し、毎日彼の居所を変えた。公妃ジャンヌはブルターニュ中の男爵たちに訴え、パンティエーヴル家が所有する城を一つずつ包囲していった。彼女は7月にマルグリットを捕らえ、ジャン5世を解放させた。

子女編集

1396年9月19日、ジャン5世と結婚して以下の子女をもうけた。

  • アンヌ(1409年 - 1415年)
  • イザベル(1411年 - 1442年) - ラヴァル伯ギー14世・ド・ラヴァル英語版の妻
  • マルグリット(1412年 - 1421年)
  • フランソワ1世(1414年 - 1450年) - ブルターニュ公
  • カトリーヌ(1417年 - 1444年)
  • ピエール2世(1418年 - 1457年) - ブルターニュ公
  • ジル(1420年 - 1450年)- シャントセ領主