ジャンヌ・ド・ブロワ=シャティヨン

ジャンヌ・ド・ブロワ=シャティヨンフランス語:Joan of Blois-Chatillon, 1253年ごろ - 1291年1月19/29日)は、ブロワ女伯(在位:1280年 - 1291年)、アヴェーヌ女領主。

ジャンヌ・ド・ブロワ=シャティヨン
Joan of Blois-Chatillon
ブロワ女伯
Jeanne de Châtillon, veuve de Pierre d’Alençon.png
在位 1280年 - 1291年

称号 アランソン伯妃
出生 1253年ごろ
死去 1291年1月19/29日
配偶者 アランソン伯ピエール1世
子女 ルイ
フィリップ
家名 シャティヨン家
父親 ブロワ伯ジャン1世
母親 アリックス・ド・ブルターニュ
テンプレートを表示

生涯編集

ジャンヌはブロワ伯ジャン1世とアリックス・ド・ブルターニュの娘である。

ジャンヌは父の存命中に父よりシャルトル伯領を与えられた。のち1286年にジャンヌはこの伯領をフランス王フィリップ4世に売却した。また、ジャンヌはダヴェーヌを生前に従兄弟ユーグ2世に譲り、1291年にジャンヌが死去した後、ジャンヌの保持していた他の地位もユーグ2世のものとなった。

1263年に、フランス王ルイ9世の王子アランソン伯ピエール1世と婚約し、1272年に結婚した[1]。2人の息子が生まれたが、どちらも早世した。

  • ルイ(1276年 - 1277年)
  • フィリップ(1278年 - 1279年)[2]

ジャンヌは1291年に死去したが、生存している子供はいなかった。ジャンヌはブロワ伯およびその他の地位を従兄弟ユーグ2世に遺した。

脚注編集

  1. ^ Gesta Philippi Tertia Francorum Regis
  2. ^ Kerrebrouck (2000), p. 142, footnote 72.
先代
ジャン1世
ブロワ伯
1280年 - 1291年
次代
ユーグ2世
先代
ジャン1世
シャルトル伯
1278年以前 - 1291年
次代
(王領)