ジャンバラヤ (曲)

ジャンバラヤ(原題:Jambalaya (On The Bayou))は、アメリカ合衆国のカントリー歌手ハンク・ウィリアムズが1952年7月に発表した楽曲。タイトルはルイジアナ州南部のフランス系移民ケイジャンの郷土料理ジャンバラヤから。歌詞にもケイジャンの文化が盛り込まれている。

ジャンバラヤ
ハンク・ウィリアムズシングル
B面 Window Shopping
リリース
作詞・作曲 ハンク・ウィリアムズ
ムーン・マリカン英語版
※クレジットはハンク・ウィリアムズのみ
チャート最高順位
ビルボードカントリーチャート14週1位
ハンク・ウィリアムズ シングル 年表
Half as Much
(1952年)
ジャンバラヤ
(1952年)
Settin' the Woods on Fire
(1952年)
テンプレートを表示

解説編集

ケイジャン・ミュージックの伝統的なメロディーを基にしてハンク・ウィリアムズとピアニストのムーン・マリカンが制作した[1]。クレジットにはマリカンの名はないが、著作権料の50%を得ていることから作者の一人と見られている[1]。作者については、マリカン単独説もある。1948年にも同じ原曲を基に「パパ・カイロ英語版& his Boys」が『Big Texas[2]』という曲を発売したが、詞の内容がルイジアナとは関係ないためかヒットしなかった。『ジャンバラヤ』が大ヒットした際に、カイロは盗作被害を主張した[1]

アンサー・ソング編集

  • ゴールディ・ヒル英語版『I'm Yvonne (From The Bayou)』女性が返答する替え歌。作詞・作曲のクレジットはハンク・ウィリアムズとジミー・ルール。この曲にもルール単独作詞説がある。

カバー編集

他多数

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c "Big Texas" - Julius "Papa Cairo" LamperezEarly Cajun Music
  2. ^ または『Grand Texas』