ジャンプ・ブルース

ジャンプ・ブルース(Jump blues)はブルースのサブ・ジャンルの一種。1940年代後半から、ルイ・ジョーダンらが演奏して流行した。アップテンポのブルースであり、ビッグ・バンドジャズに影響されている。速めのテンポで跳ねるリズムに特徴がある。

ジャンプ・ブルース
Jump blues
様式的起源 ラグタイムブルースワーク・ソングジャグ・バンド黒人霊歌
文化的起源 1940年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
使用楽器 コルネット、サックス、トロンボーン、トランペット、ギター、ウッド・ベース、ベースドラムピアノなど
融合ジャンル
ビバップ
関連項目
本文参照
テンプレートを表示

概要編集

1930年代末から1940年代初期にかけて成立した。ジャンプ・ブルース[1]は、1940年代後半のリズム・アンド・ブルースのルーツの一つであり、そのはねるリズムは、50年代半ばに誕生するロックンロールにも強い影響を与えた。ジャンプ・ブルースの代表的な曲にはルイ・ジョ-ダンの「サタデイナイト・フィッシュフライ」、ロイ・ブラウンの「グッド・ロッキン・トゥナイト」、ビッグ・ジェイ・マクニーリーの「ディーコンズ・ホップ」などがある[2]

代表的なミュージシャン編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://www.allmusic.com/subgenre/jump-blues-ma0000002678
  2. ^ Considine, J. D.. “The missing link in the evolution of rock and roll JUMP BLUES”. Baltimoresun.com. 2021年2月23日閲覧。
  3. ^ 「ミニー・ザ・ムーチャー」で有名。映画「ブルース・ブラザーズ」にも出演している
  4. ^ トランペット・レコードの経営者リリアン・マクマリーは、ハリスの歌について「すてきなビートで、歌はとても変わっていたけれども、心がこもっていて、きまってた」と回想している
  5. ^ ロイ・ブラウンは黒人シンガーだが、ロカビリ-の曲も録音している


外部リンク編集