ジャンボカラオケ広場

三条河原町店(京都市中京区

ジャンボカラオケ広場 (ジャンボカラオケひろば)は、京都市に本社を置く株式会社TOAI[1]が展開するカラオケボックスチェーン。略称はジャンカラ。2020年7月現在、関西を中心として合計188店舗を出店している。東北関東地方には出店していない[2]

「飲み放題付きカラオケ ジャンカラ」として、低料金のルーム料金に、飲み放題(ソフトドリンクバーアルコール飲み放題)が無料で付いてくるのが特徴である[3]。また追加料金を支払うことでビールウイスキーの飲み放題も付けることができる[3]

概要編集

 
JR茨木店(大阪府茨木市
 
スーパージャンカラ河原町店(京都市中京区)

料金は店舗ごとに多少異なる。学生は学生割引が適用されるためさらに低料金で利用が可能となる。カラオケの機種は、DAM(LIVE DAM、LIVE DAM STADIUM、LIVE DAM STADIUM STAGE)、JOYSOUND(JOYSOUND f1、JOYSOUND MAX、JOYSOUND MAX2)を導入している。

「リラックスカラオケ」を略して「リラカラ」と呼ばれるコンセプトルームを導入しており、様々な特別室が通常のルーム料金と同額で利用できる[4]セレッソ大阪や『週刊ベースボール』とのタイアップルームもある[5]

阪神タイガースがリーグ優勝すると半額セールを行う。過去2回実施しているが、1回目は球団の許可を取っていなかったため問題になったが、2回目は許可を取って実施した。

また通常の「ジャンカラ」のほか、多様な営業形態の店舗を運営している。

  • 2006年には、店舗デザインやメニュー、従業員の制服などを一新した、ゴージャスな大人のカラオケ「スーパージャンボカラオケ広場」(スーパージャンカラ)を出店した。京都の河原町本店、大阪のあべの店、茶屋町店、神戸の生田ロード店の4店舗がある[6]
  • 京都の河原町には、ひとりカラオケ専門店「イチカラ」を出店している[7]東京神田ひとりカラオケ専門店 ワンカラと同様、ヘッドホンを付けて歌う形式である。
  • 大阪の千日前には、女性専用カラオケ「女子カラ」を出店している[8]。従業員も全員女性で、小学生以上の男性は利用できない。パウダールームなどを備えており、なんば駅に近いため旅行者向けの利用もアピールしている。
  • さらなる低価格を実現するため、セルフサービスカラオケ「セルフジャンカラ」(セルカラ)を出店しており、大阪の住之江公園駅前と枚方駅前2号店、兵庫のJR六甲道店の3店舗がある[9]
  • 各店舗には、運営会社の東愛産業の関連会社「湯快リゾート」のパンフレットが置かれている。「湯快リゾート」のカラオケコーナーはジャンカラmini(ジャンカラミニ)として運営し、「花・彩朝楽」以外の28店舗はチェックインから19時までとチェックアウト当日は無料となっているが、「花・彩朝楽」ではチェックインからチェックアウト当日まで完全無料となっている。

きんた・ミーノが歌うCMのサウンドロゴキダ・タローの作詞・作曲である。

天王寺店独自のサービスとして、1階で見送った店員が階段を駆け上がり、到着階で同一店員が出迎えるサービスがある。このサービスはテレビ朝日探偵!ナイトスクープ[10]や『ナニコレ珍百景[11]で紹介された。

料金とサービス編集

料金体系
  • 30分単位のルーム料金で飲み放題が付いており、最安値の店舗の場合、19時までの料金が学生30分120円・一般30分160円で飲み放題付(寝屋川駅前店、いずれも平日会員料金)。
  • 他の料金プランとして、フリータイムや、3時間パックなど多様な料金プランを用意している。
サービス
  • 全店で飲食物の持ち込みができる。
  • イチカラを除く全店でクレジットカードバーコード決済電子マネーが利用可能である。
  • ブルーレイ・DVDプレイヤーの貸し出し(イチカラを除く)や、電源タップ、携帯電話充電器の無料貸し出しも実施している。
  • イチカラ、洛北店を除く全店で、タッチパネルでフード・ドリンク注文ができる「ジャンたっち」が利用可能である。10分前呼び出しも「ジャンたっち」で自動告知される店舗も多い。
  • イチカラ、洛北店を除く全店で、無線LANサービスが利用できる。
料金割引
  • 会員になると会員料金で利用可能である。過去3ヶ月の利用時間に応じて会員ランクが決まり、利用するたびにランクに応じたポイントが貯まる。ポイントは、クーポンかLINEポイントに交換できる。
  • 学生割引があり、受付時に学生証または通学定期券を提示することで学生料金が適用される。会員は学生会員料金としてさらに安くなる。
  • 55歳以上にはシニア会員制度があり、シニア会員料金で利用できる。利用するたびに1ポイント貯まり、10ポイント貯まるごとに半額クーポンがもらえる。毎月第3・4火曜日が半額となる。
  • 2016年9月から11月にかけてSCRAP主催の謎解きイベントリアル脱出ゲームとのコラボで夜間に来店しなおかつ120分以上の利用(パック料金・フリータイム料金は除外)で脱出成功者で大当たりを引くと利用料金が無料になるキャンペーンを実施することが決まった。
キャンペーンキャラクター

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 会社概要|TOAIグループについて”. 株式会社TOAI. 2020年7月24日閲覧。
  2. ^ 店舗検索” (日本語). ジャンカラ(ジャンボカラオケ広場). 2020年7月24日閲覧。
  3. ^ a b ドリンクメニュー | ジャンボカラオケ広場”. jankara.ne.jp. 2020年7月24日閲覧。
  4. ^ コンセプトルーム ジャンカラ
  5. ^ [ https://jankara.ne.jp/room/relakara/011/ コンセプトルーム(タイアップ)] ジャンカラ
  6. ^ スーパージャンカラ ジャンカラ
  7. ^ ひとりカラオケ専門店 イチカラ ジャンカラ
  8. ^ 女子カラ(女性専用カラオケ) ジャンカラ
  9. ^ セルフジャンカラ(セルカラ) ジャンカラ
  10. ^ 探偵!ナイトスクープ 2012年11月30日放送分 朝日放送公式サイト 『カラオケ店のすごいサービス』
  11. ^ ナニコレ珍百景 珍百景コレクション 2013年2月20日放送分 テレビ朝日公式サイト 該当箇所は珍百景No.1518。
  12. ^ NMB「ジャンボカラオケ広場」のイメキャラ就任 SANSPO.COM 2013年7月4日

関連項目編集

外部リンク編集