ジャンボジェット (航空会社)

ジャンボジェット英語: Jambojet)はケニア格安航空会社ケニア航空の完全子会社で、本拠地はケニアの首都ナイロビに置かれている[3]

Jambojet
Jambojet Boeing 737-300 on finals at Jomo Kenyatta International Airport.jpg
IATA
JX[1]
ICAO
KQA
コールサイン
JAMBOJET
設立 2013年9月13日
運航開始 2014年4月1日
ハブ空港 ジョモ・ケニヤッタ国際空港
親会社 ケニア航空 (100%)
保有機材数 4
就航地 7
スローガン Now you can fly[2]
本拠地  ケニア ナイロビ
代表者 Ayisi Makatiani, (Chair)
Willem Hondius, (CEO)
純資産額 100,000KSh
従業員数 24 (2014)
外部リンク www.jambojet.com
テンプレートを表示

社名の「ジャンボ」はスワヒリ語の挨拶"Jambo"(「こんにちは」)に由来しており[4]、通称が「ジャンボジェット(Jumbo Jet)」であるボーイング747との関係はなく [5]、綴りも異なる。また、ボーイング747はジャンボジェット社において運航されていない。(以下、本項における「ジャンボジェット」は旅客機の機種ではなく、すべてこの航空会社の社名を指すものである。)

歴史編集

ジャンボジェット社は2014年4月1日に運航を開始した[6]。 運航にあたり、ケニア民間航空局英語版(KCAA)は国内線に加えてブルンジコモロコンゴ民主共和国エチオピアマダガスカルマヨットルワンダソマリア南スーダンタンザニアウガンダへの運航許可を2014年1月の段階で与えているが[7]、2015年4月現在で国内線以外の路線展開は行われておらず、国際線の運航許可も2014年9月27日で期限切れ[7]となっている。

業務体制編集

2013年9月の設立時にアイシ・マカティアニ英語版が社長に就任し、ウィレム・アレクサンダー・ホンディウスが最高経営責任者(CEO)として指名された[8]。24名の従業員を直接雇用し、ケニア航空から20名のパイロットが出向することになるという。また、30名の客室乗務員がケニア航空以外から雇用されることになっている[9]

所有者編集

ジャンボジェット社はケニアのフラッグ・キャリアであるケニア航空の完全子会社となっている。単元株価格は20シリングで、発行されている5000株をすべてケニア航空が保有している[10]

就航地編集

 
ジャンボジェット社のボーイング737-300(モワ国際空港にて)
都市 IATA ICAO 空港名
  ケニア エルドレット EDL HKEL エルドレット国際空港
  ケニア キスム KIS HKKI キスム国際空港
  ケニア モンバサ MBA HKMO モイ国際空港
  ケニア ラム LAU HKLU マンダ空港英語版(ラム空港)[11]
  ケニア マリンディ MYD HKML マリンディ空港英語版[11]
  ケニア ウクンダ英語版 UKA HKUK ウクンダ空港英語版[12]
  ケニア ナイロビ NBO HKJK ジョモ・ケニヤッタ国際空港 ハブ空港

機材編集

前述の通り747は利用しておらず、737を主力としている。また2015年3月30日よりボンバルディア DHC-8-Q400の運航を開始した[13]

ジャンボジェット社の保有機材[9]
機種名 運航中 発注中 定員 備考
ボーイング737-300 3 142
ボンバルディア DHC-8-Q400 1 78 DAC Aviationからチャーターして運航[11]
合計 4 -

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 公式Twitterでの回答("We're going to start using JX" (@FlyJambojet/status/454520225585975297) - Twitter
  2. ^ “Kenya Airways executive to join Fastjet two weeks before Jambojet launch”. kenyanaviation.com. (2014年2月22日). http://www.kenyanaviation.com/2014/02/kenya-airways-executive-to-join-fastjet-two-weeks-before-jambojet-launch/ 2014年2月26日閲覧。 
  3. ^ Blachly, Linda (2013年9月12日). “Kenya Airways appoints CEO of new Jambo Jet subsidiary”. Air Transport World. http://atwonline.com/finance-amp-data/kenya-airways-appoints-ceo-new-jambo-jet-subsidiary 2014年2月26日閲覧。 
  4. ^ ケニアLCCのジャンボジェット、3路線に就航 - Flyteamニュース(2014年4月21日付)
  5. ^ ボーイング747はその巨大な機体ゆえに「ジャンボ」の愛称が付いているが、「ジャンボ」(Jumbo)の語は実在した巨大な象の名前に由来している。この象の名前はスワヒリ語の挨拶"Jambo"に由来しているとの説もあり(ジャンボの記事を参照)、厳密には(由来をたどれば)関係性が全くないわけではない。
  6. ^ Moores, Victoria (2014年4月4日). “Kenya Airways' low-cost arm Jambojet launches operations”. Air Transport World. オリジナルの2014年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140405185053/http://atwonline.com/finance-data/kenya-airways-low-cost-arm-jambojet-launches-operations 
  7. ^ a b Clark, Oliver (2014年1月2日). “Jambo Jet gains domestic and international route licences”. Flightglobal (London). オリジナルの2014年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140323132805/http://www.flightglobal.com/news/articles/jambo-jet-gains-domestic-and-international-route-licences-394502/ 
  8. ^ “KQ picks CEO for low-cost subsidiary”. Business Daily Africa. (2013年9月12日). http://www.businessdailyafrica.com/Corporate-News/KQ-picks-CEO-for-low-cost-subsidiary/-/539550/1989722/-/oayvhd/-/index.html 2014年2月26日閲覧。 
  9. ^ a b MAINA, WANGUI (2014年2月17日). “KQ set to launch Sh3,000 fare carrier in April”. Business Daily Africa. http://www.businessdailyafrica.com/Corporate-News/KQ-set-to-launch-Sh3-000-fare-carrier-in-April/-/539550/2210690/-/item/1/-/8jdtu2z/-/index.html 2014年2月26日閲覧。 
  10. ^ 2013 Annual Report”. Kenya Airways. p. 97 (2013年). 2014年2月27日閲覧。
  11. ^ a b c “Jambojet becomes a new Bombardier Q400 operator”. World Airline News. (2015年4月1日). http://worldairlinenews.com/2015/03/31/jambojet-becomes-a-new-bombardier-q400-operator/ 2015年4月1日閲覧。 
  12. ^ 公式サイト 就航地案内
  13. ^ ケニアのジャンボジェット、Q400で運航開始 ボンバルディアが歓迎 - Flyteamニュース(2015年3月31日付)

外部リンク編集