メインメニューを開く

ジャンボ 宮本(ジャンボ・みやもと、1951年 - )は、宮城県古川市出身の元女子プロレスラー。本名・加藤 節子。80kgの巨体でありながらスピードも兼ね備え、全日本女子プロレス黎明期に活躍。WWWA王座にも君臨した。全女を経営する松永兄弟は従兄弟に当たる。

ジャンボ宮本
ジャンボ宮本の画像
プロフィール
リングネーム ジャンボ 宮本
本名 加藤 節子
身長 166cm
体重 68kg
出身地 宮城県古川市
所属 全日本女子プロレス
デビュー 1966年3月1日
引退 1976年11月
テンプレートを表示

経歴編集

1966年3月1日、全日本女子プロ・レスリング協会にて宮本芳子(みやもと よしこ)のリングネームでデビュー。

その後は日本女子プロレスを経て、1968年の全日本女子プロレス旗揚げに参加。

1970年、リングネームを「ジャンボ宮本」に改める。

1971年6月30日京愛子とのタッグで初代WWWA世界タッグ王座を獲得。その後もマキシ村田星野美代子赤城マリ子と組み、同王座に君臨した。

シングルでも1973年11月11日に史上初となるWWWA日本人対決で星野を下して王座を奪取。陥落と奪還を繰り返しつつ王座に長らく君臨した。

1976年11月に引退。

獲得タイトル編集

関連項目編集