ジャンルカ・パリュウカ

イタリアのサッカー選手

ジャンルカ・パリュウカGianluca Pagliuca, 1966年12月18日 - )は、イタリアエミリア=ロマーニャ州ボローニャ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。2020年にハンダノビッチに並ばれるまで、セリエAのPKストップ数、単独最多記録保持者であった(24回)[2]

ジャンルカ・パリュウカ Football pictogram.svg
Gianluca Pagliuca.jpg
名前
ラテン文字 Gianluca PAGLIUCA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1966-12-18) 1966年12月18日(53歳)
出身地 ボローニャ
身長 190cm
体重 94kg
選手情報
ポジション GK
利き足 左足
ユース
1984-1986 ボローニャ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1994 イタリアの旗 サンプドリア 198 (0)
1994-1999 イタリアの旗 インテル・ミラノ 165 (0)
1999-2006 イタリアの旗 ボローニャ 248 (0)
2006-2007 イタリアの旗 アスコリ 23 (0)
代表歴
1991-1998[1] イタリアの旗 イタリア 39 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年4月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

1984年、地元のクラブチームボローニャFCでデビュー。その後UCサンプドリアに移籍、1990-91シーズン、クラブとして初のリーグ優勝に貢献すると、翌1991-92シーズン、チャンピオンズカップ決勝の進出にも貢献、決勝のFCバルセロナ戦でも良いセーブを見せたが[3]、延長でロナルド・クーマンに直接FKを決められ、チームは0-1と破れた。 その後も1993-94シーズンのコッパ・イタリア優勝に貢献したが、1994-95シーズンにゼンガとのトレードで[4]インテルに移籍。1994-95シーズンから1997-98シーズンまでの4シーズン連続でリーグ戦全試合出場を達成し、1997-98シーズンにはUEFAカップ優勝に貢献した。

イタリア代表としてはワールドカップ・イタリア大会の代表に選出されるも、出場は無かった。1991年6月16日ソビエト連邦戦で代表デビューを飾ると、1994年ワールドカップ・アメリカ大会にレギュラーとして出場、ノルウェー戦ではペナルティエリア外に飛び出し、ハンドを犯し退場となった[5]。さらに1998年ワールドカップ・フランス大会にも出場、ペルッツィの怪我により、正ゴールキーパーとしてプレー、フランス戦では延長PK戦でリザラスのPKを止めたが、チームは敗れた[6]

2006年9月17日FCメッシーナ戦で通算出場記録を571とし、ディノ・ゾフの持つ当時のセリエAゴールキーパー最多出場試合記録を更新した。

プレースタイル編集

1990年代イタリアを代表するゴールキーパー。抜群の反射神経を持ちハイボール処理に能力を発揮していた[7][8][9]。また、的確なポジショニングによる一対一の対応、ディフェンダーへのコーチングも巧く、常に大声を張り上げチームを鼓舞した[10]

その他編集

自信家で、1995-96シーズン頃のセリエAで自身が最高のGKであると豪語した一方、世界最高のGKはピーター・シュマイケルであるとした[11]

受賞歴編集

個人賞編集

  • グリエン・ドーロ : 1996-97, 2004-05

クラブ編集

代表編集

出典編集

  1. ^ “Gianluca Pagliuca - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/pagliuca-intl.html 
  2. ^ Sarma znova rešil Inter in se izenačil s Pagliuco”. sportklub.si (2020年1月11日). 2020年8月27日閲覧。
  3. ^ Giancarlo Padovan (1992年5月21日). “La Samp cade a un passo dalla storia” (Italian). Corriere della Sera. http://archiviostorico.corriere.it/1992/maggio/21/Samp_cade_passo_dalla_storia_co_0_92052115122.shtml 2016年1月16日閲覧。 
  4. ^ PROCESSO A ZENGA LEADER PERDUTO”. ricerca.repubblica.it. 2020年8月27日閲覧。
  5. ^ Pan Pylas; Anne-Marie Belgrave (2014年6月6日). “Italy's Pagliuca becomes first keeper to see red”. Yahoo! News. https://news.yahoo.com/italys-pagliuca-becomes-first-keeper-see-red-225303185.html 2015年7月19日閲覧。 
  6. ^ “L'Italia è fuori, ancora ai rigori” (Italian). la Repubblica. (1998年7月3日). http://www.repubblica.it/online/sport/itafra/itafra/itafra.html 2015年7月8日閲覧。 
  7. ^ Del Piero Pagliuca, i puniti di Casa Italia” (italian) (1995年9月1日). 2016年1月15日閲覧。
  8. ^ Giorgio Rondelli. “Vialli Rambo, Tarzan Pagliuca: ecco la nazionale della Forza” (italian). Corriere della Sera. http://archiviostorico.corriere.it/1995/giugno/05/Vialli_Rambo_Tarzan_Pagliuca_ecco_co_0_95060511464.shtml 2015年9月7日閲覧。 
  9. ^ Paolo Tomaselli. “Rigori, riparte la sfida degli infallibili”. Corriere della Sera. http://archiviostorico.corriere.it/2008/ottobre/25/Rigori_riparte_sfida_degli_Infallibili_co_9_081025099.shtml 2015年9月7日閲覧。 
  10. ^ Nicola Cecere; Franco Arturi (1997年4月16日). “Pagliuca, i sogni dietro la porta” (Italian). La Gazzetta dello Sport. http://archiviostorico.gazzetta.it/1997/aprile/16/Pagliuca_sogni_dietro_porta_ga_0_9704164112.shtml 2016年12月30日閲覧。 
  11. ^ ワールドサッカーダイジェスト 1996年3月号 no.17 p.30-35 日本スポーツ企画出版社