ジャン=バプティスト・ルニョー

フランスの画家

ジャン=バプティスト・ルニョー(Jean-Baptiste Regnault、1754年10月9日 - 1829年11月12日)はフランスの画家である。

ジャン=バプティスト・ルニョー
Jean-Baptiste Regnaul
Self portrait by Jean-Baptiste Regnault.jpg
自画像
生誕1754年10月9日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死没1829年11月12日
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国パリ
運動・動向新古典主義

略歴編集

パリで生まれた。5年間ほど船員をしていたとされるが15歳でパリに戻り、画家のジャン・バルダン (1732-1809) の弟子となり、イタリアに同行した。ニコラ・ベルナール・レピシエ (1735-1784) やジョゼフ=マリー・ヴィアン (1716-1809) の教えも受けた。1776年に、新進芸術家に贈られるローマ賞の1位を受賞した。ローマ賞の特典のローマ留学で在ローマ・フランス・アカデミーに滞在した時には、ジャック=ルイ・ダヴィッドやペイロン (Pierre Peyron:1744-1814) と交流した。1781年までローマに滞在し、1782年に王立絵画彫刻アカデミーの会員に選ばれた。1787年からパリのクール・デュ・コメルスに住み、弟子にはルイ・ラフィット (Louis Lafitte) がいた。

神話や古代のテーマを描いていたが、フランス革命期の1795年のサロン・ド・パリに「自由か死か」と題した作品を出展した。

第一帝政下で、大作を描いた。1805年からパリの国立高等美術学校で無給で教えていたが、1807年2月にベル (Clément-Louis-Marie-Anne Belle: 1722-1806) の後継として国立高等美術学校の教授に任命された。この職はルニョーの没後、1829年にドミニク・アングルに引き継がれることになる[1]エコール・ポリテクニークの美術の教授も務め[2]、1829年7月に男爵位を贈られた。パリで没した。

レジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を受勲した。

作品編集

ルニョーの弟子編集

ルニョーに学んだ画家には次のような人物がいる。

脚注編集

  1. ^ Frédéric Chappey, « Les Professeurs de l'École des Beaux-Arts (1794-1873) », in Romantisme, no 93, 1996, p. .95-101.
  2. ^ « Regnault Jean-Baptiste » sur le site cths.fr

参考文献編集

  • Jean Tulard, Jean-François Fayard et Alfred Fierro, Histoire et dictionnaire de la Révolution française 1789-1799.