ジャン=ピエール=アントワーヌ・タサエール

ジャン=ピエール=アントワーヌ・タサエール(Jean-Pierre-Antoine Tassaert、1727年[1] - 1788年1月21日)はベルギー生まれの彫刻家でフランスやプロイセンで働いた。

略歴編集

アントウェルペンの美術家の家で生まれた。アントウェルペンで修行した後、15歳の時兄弟の一人とロンドンで修行した後、1744年にパリに移り、彫刻家、ルネ=ミシェル・スロッツ(別名、ミケランジュ・スロッツ)の工房で働いた[2]。1758年にミニアチュール画家のMarie-Edmée Moreau (1736–91) と結婚した[2]。1764年にスロッツが死去した後、独立して宮殿や記念碑の仕事をするようになった。

30年間、パリで働いた後、プロイセン王国フリードリヒ2世の宮廷彫刻家となるため、1775年に家族とベルリンに移った。王室や、上級軍人の依頼で作品を製作し、ヨハン・ゴットフリート・シャドウらが助手となった[3]。フリードリヒ2世が死去した後もフリードリヒ・ヴィルヘルム3世の宮廷彫刻家の仕事を続けた。1788年にベルリンで死去した。

8人の子供がいて、ジャン=ジョゼフ=フランソワ・タサエール(Jean-Joseph-François Tassaert:1765-c.1835)は画家、版画家になった。アンリエット=フェリシテ・タサエール(Henriette-Félicité Tassaert:1766–1818)は肖像画家として知られている。孫のオクターヴ・タサエールも画家になった。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ 1727年8月19日が洗礼日 Biographical details at the Netherlands Institute for Art History
  2. ^ a b "Tassaert." Grove Art Online. Oxford Art Online. Oxford University Press. Web. 25 Apr. 2014
  3. ^ Seidel, P., „Tassaert, Jean Pierre Antoine“, in: Allgemeine Deutsche Biographie (1894), S. [Online version] (German)