メインメニューを開く

ジャン=フィリップ・コラール

ジャン=フィリップ・コラールJean-Philippe Collard, 1948年1月27日 マルヌ県マルイユ=シュレー - )は、アルフレッド・コルトーサンソン・フランソワ亡き後に、同世代のミシェル・ベロフパスカル・ロジェと並んで世界的に有名となったフランスピアニストのひとり。

ジャン=フィリップ・コラール
Jean-Philippe Collard 05954.JPG
基本情報
生誕 (1948-01-27) 1948年1月27日
出身地 フランスの旗 フランス マルヌ県マルイユ=シュレー
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

略歴編集

パリ音楽院にてピエール・サンカンに学ぶ[1]。日本では、ガブリエル・フォーレクロード・ドビュッシーモーリス・ラヴェルといった近代フランス音楽のピアノ曲の専門家としての知名度ばかりが高いが、世界的にはセルゲイ・ラフマニノフの卓越した解釈によっても知られている。ソリストとして世界各地で演奏旅行を続けているほか、各国の数々の名オーケストラとも共演を重ねている。また室内楽の演奏にも卓越した演奏と繊細鋭敏な感覚を発揮して評価が高い。2003年レジオン・ドヌール騎士章を受勲した。なお、同姓のピアニスト、カトリーヌ・コラールとは互いに関係がない。

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』青弓社、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、164ページ、ISBN 4-7872-7208-X