ジャン=フィリップ・ラモー

ジャン=フィリップ・ラモーJean-Philippe Rameau, 1683年9月25日 - 1764年9月12日)は、バロック時代フランス作曲家音楽理論家

ジャン=フィリップ・ラモー
ジャン=フィリップ・ラモー
ジャン=フィリップ・ラモー
ジャン=フィリップ・ラモー(1760年)
ラモー像(1760年)
ディジョンのラモー像

生涯編集

父親がディジョン大聖堂のオルガニストだったので、幼児期からクラヴサン(チェンバロ)演奏に親しんでいた可能性がある。しかしながらもともとは法学を学んでおり、はじめ音楽と音楽研究は情熱の対象にすぎなかった。青年時代をイタリアパリにすごした後、父親の足跡に続いてクレルモン大聖堂の教会オルガニストに就任した。その後パリ、ディジョン、リヨンなどでもオルガニストを務め、1723年よりパリに定住、財務官ラ・ププリニエール家の後援を得る。作曲の分野において名声を勝ち得るようになるのは、40代になってからだったが、1733年クープランが他界するまでには、当時のフランス楽壇の指導的作曲家になっていたと言ってよい。その頃からラモーは専らオペラに没頭するようになる。

フランス語オペラの作曲家としてジャン=バティスト・リュリに取って代わったが、ジャン=ジャック・ルソーによって攻撃されることとなった。数々のオペラでヴォルテールと共作し、とりわけ《ナヴァールの姫君 La Princesse de Navarre》によってラモーは「フランス王室作曲家」の称号を獲得した。その弟の長男ジャン=フランソワ・ラモーは、ドゥニ・ディドロの小説『ラモーの甥』のモデルになっている。

また、根音転回形といった概念を用いて機能和声法調性を体系的に理論化した最初の音楽理論家としても有名であり、ハーモニーという語を和音和声の意味で用いる習慣は、ラモーにさかのぼる(『和声論 Traité de l'harmonie』〔1722年〕、『音楽理論の新体系 Nouveau système de musique théorique』〔1726年〕)。

主要作品編集

器楽曲編集

  • クラヴサン曲集 第1巻 Premier Livre de Pièces de Clavecin (1706年)
    組曲(第1番)イ短調 RCT 1
  • クラヴサン曲集と運指法 Pièces de Clavecin avec une méthode(1724年)
    組曲(第2番)ホ短調 RCT 2
    組曲(第3番)ニ長調 RCT 3
    メヌエット ハ長調 RCT 4
  • 新クラヴサン組曲集 Nouvelles suites de pièces de clavecin(1727~28年)
    組曲(第4番)イ短調 RCT 5
    組曲(第5番)ト短調 RCT 6
  • コンセール形式によるクラヴサン曲集 Les pièces de clavecin en concert(1741年、室内楽曲)
    第1コンセール ハ短調 RCT 7
    第2コンセール ト長調 RCT 8
    第3コンセール イ長調 RCT 9
    第4コンセール 変ロ長調 RCT 10
    第5コンセール ニ短調 RCT 11
  • 管弦楽組曲(オペラやバレエ音楽からの抜粋・編曲)

  Tambourin[ヘルプ/ファイル]

宗教曲編集

  • グラン・モテ《主こそ我らが避け所なり Deus noster refugium》RCT 13(1716年以前)
  • グラン・モテ《主がシオンの繁栄を回復された時 In convertendo》RCT 14(1718年ごろ)
  • グラン・モテ《汝の祭壇はいとも美しく Quam dilecta》RCT 15(1720年)
  • グラン・モテ《叫びつかれて力は失せ Laboravi clamans》RCT 16(1722年)

室内カンタータ編集

  • テティス Thétis RCT 28(1727年)
  • 忠実な羊飼い Le berger fidèle RCT 24(1728年)

抒情悲劇(トラジェディ・リリック)編集

オペラ=バレ編集

英雄的牧歌劇(パストラル・エロイック)編集

抒情喜劇(コメディ・リリック)編集

アクト・ド・バレ編集

  • ピグマリオン英語版 RCT 52 Pygmalion(1748年)
  • 花飾り、または魔法の花 RCT 42 La Guirlande, ou Les fleurs enchantées(1751年)
  • シュバリスの人々 RCT 57 Les Sybarites(1753年)
  • オシリスの誕生、あるいはパミリーの祭典 RCT 48 La Naissance d'Osiris, ou la Fête Pamilie(1754年)
  • アナクレオン RCT 30 Anacréon(1754年、台本カユザック)
  • アナクレオン RCT 58 Anacréon(1757年、台本ベルナール、「アムールの驚き」に挿入(1754年のものとは別))
  • ネレーとミルティス RCT 50 Nélée et Myrthis(不明)
  • ゼフィール、あるいはディアナのニンフたち RCT 61 Zéphire (Les Nymphes de Diane)(不明)
  • イオ RCT 45 Io(不明)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集