メインメニューを開く

ジャン=ポール・ラプノー(Jean-Paul Rappeneau, 1932年4月8日 - )は、フランスオセール出身の映画監督・脚本家。

息子のジュリアン・ラプノーは脚本家として、マルタン・ラプノーはミュージシャンとして父の監督作『ボン・ヴォヤージュ』にも参加している。

1960年代にルイ・マルの助監督、共同脚本家としてキャリアをスタートさせる。『城の生活』で監督デビュー後は、寡作ながらドヌーヴ、ベルモンド、モンタン、アジャーニ、ドパルデュー、ビノシュといったスターを配した話題作を発表している。

監督作品編集

脚本作品編集

外部リンク編集