ジャン1世 (ラ・マルシュ伯)

ジャン1世・ド・ブルボンフランス語:Jean I de Bourbon, 1344年 - 1393年6月11日)は、ラ・マルシュ伯ジャック1世とジャンヌ・ド・シャティヨンの次男[1]。ラ・マルシュ伯(在位:1362年 - 1393年)。

ジャン1世
Jean I
ラ・マルシュ伯
在位 1362年 - 1393年

出生 1344年
死去 1393年6月11日
フランス王国ヴァンドーム
埋葬 フランス王国ヴァンドーム、聖ジョルジュ協同教会
配偶者 ヴァンドーム女伯カトリーヌ
子女 本文参照
家名 ブルボン家
父親 ラ・マルシュ伯ジャック1世
母親 ジャンヌ・ド・シャティヨン
テンプレートを表示
ジャン1世の紋章

生涯

編集

ジャン1世はポワティエの戦いにおいて捕らわれ、身代金を要求された。1362年、父の死後まもなく兄ピエール2世もブリニェの戦いで戦死し、ジャン1世がラ・マルシュ伯位を継承した。

ジャン1世は百年戦争において大きな役割を果たし、リムーザンをイングランドより取り戻した後に同地の総督となった。また、1366年にベルトラン・デュ・ゲクランカスティーリャ遠征に参加した。1374年に義兄ヴァンドーム伯ブシャール7世が死去し、ジャン1世は妻の権利によりヴァンドーム伯およびカストル伯となった。

ジャン1世は1382年に行われたフランス王シャルル6世フランドル遠征(ローゼベーケの戦いで終わる)に参加し、1392年にブルターニュで戦った。

ジャン1世はヴァンドーム城およびラヴァルダン城を再建した。

結婚と子女

編集

1364年9月28日、ジャン1世はヴァンドーム伯ジャン6世の娘でヴァンドーム女伯カトリーヌ(1412年没)と結婚した[2]

脚注

編集
  1. ^ a b c Potter 1995, p. 376.
  2. ^ Famiglietti 1992, p. 302.

参考文献

編集
  • Famiglietti, R. C. (1992). Tales of the Marriage Bed from Medieval France (1300-1500). Picardy Press 
  • Potter, David (1995). Keen, Maurice. ed. A History of France, 1460–1560: The Emergence of a Nation State. Macmillan 
先代
ピエール2世
ラ・マルシュ伯
1362年 - 1393年
次代
ジャック2世
先代
ブシャール7世
ヴァンドーム伯
1374年 - 1393年
(カトリーヌと共治)
次代
ルイ