ジャ・モラント

アメリカのバスケットボール選手 (1999 - )

ジャ・モラントJa Morant)ことテメトリウス・ジャメル・モラントTemetrius Jamel Morant1999年8月10日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州ダルゼル英語版出身のプロバスケットボール選手。NBAメンフィス・グリズリーズ所属している。ポジションはポイントガード

ジャ・モラント
Ja Morant
Ja Morant (51915379490).jpg
NBAオールスターゲームでのモラント
(2022年)
メンフィス・グリズリーズ  No.12
ポジション PG
所属リーグ NBA
基本情報
愛称 G12
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1999-08-10) 1999年8月10日(22歳)
出身地 サウスカロライナ州ダルゼル英語版
身長 191cm (6 ft 3 in)
体重 79kg (174 lb)
ウィングスパン 201cm  (6 ft 7 in)[1]
キャリア情報
高校 クレストウッド高等学校
大学 マレー州立大学英語版
NBAドラフト 2019年 / 1巡目 / 全体2位[1]
プロ選手期間 2019–現在
経歴
2019-メンフィス・グリズリーズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

経歴編集

学生時代編集

サウスカロライナ州ダルゼル英語版出身[2]で、大学はケンタッキー州マレー州立大学英語版で2年生までプレーした。2019年3月22日、NCAAトーナメント初戦のマーケット大学英語版戦で17得点11リバウンド16アシストを記録、ドレイモンド・グリーンミシガン州立大学)以来7年ぶり史上8人目のトリプルダブルを達成した[3]

グリズリーズ時代編集

2019-20シーズン:ルーキーオブザイヤー編集

2019年6月20日のNBAドラフトメンフィス・グリズリーズから1巡目(全体2位)指名を受けた(ザイオン・ウィリアムソンデューク大学)に次ぐ)[4]。背番号は前シーズンに渡邊雄太が着けていた「12」に決まった。右膝の手術の影響によりサマーリーグには出場しなかった[5]。先発ポイントガードのマイク・コンリートレードで放出されたことにより、2019-20シーズンは新人ながら開幕戦から先発出場し続けた。2020年2月9日のワシントン・ウィザーズ戦で27得点10リバウンド10アシストを記録、20歳5ヶ月の若さでトリプルダブルを達成した[6]。平均アシスト数は新人で1位であり、再建中のグリズリーズをプレーオフ目前まで導いた功績と、対抗馬とされていたドラフト1位のザイオン・ウィリアムソンの欠場数の多さから、オフに新人王を受賞した。

2020-21シーズン:プレイオフ初出場編集

2020年12月23日、モラントは、サンアントニオ・スパーズに131-119で敗れたが、9アシスト2リバウンド2スティールとともに、当時のキャリアハイの44得点を記録した。

2021年5月21日、新たに実施されたプレーイン・トーナメントの第8シード決定戦にて、モラントは35得点6リバウンド6アシストを記録し、メンフィスをゴールデンステート・ウォリアーズに117-112の延長戦で勝利させた。2日後、モラントはNBAプレーオフデビューを果たし、26得点4リバウンド4アシストを記録して、グリズリーズを第1シードのユタ・ジャズとのゲーム1を112-109の勝利に導いた。モラントは、ゲーム2で47得点7アシストを記録したが、メンフィスは141–129で敗れてしまった。グリズリーズはそのままユタ・ジャズに4-1で敗北し、モラントとグリズリーズのシーズンは終了した。

2021-22シーズン:飛躍の一年編集

2021年10月20日、グリズリーズの開幕戦で、モラントはクリーブランド・キャバリアーズに132-121で勝利し、37得点6アシストを記録した。 10月24日、モラントはロサンゼルス・レイカーズに121-118の敗北を喫したが、40得点10アシストを記録した。。 12月29日、モラントはシーズン最高の41ポイントを記録し、キャリア最高の6回のスリーポイントシュートを記録し、メンフィスをレイカーズに104-99で勝利した。

2022年1月26日、モラントはシーズンハイ・タイの41得点を記録し、8アシスト5リバウンド2スティールで、サンアントニオ・スパーズに118-110で勝利した。 1月27日、モラントはウェスタンカンファレンスのスターターとして彼のキャリア初のオールスターゲームに選出された。翌日、モラントはユタ・ジャズに119-109で勝利し、30得点10リバウンド10アシストで4回目のトリプルダブルを記録した。 2月16日、モラントキャリアハイを44得点で更新し、5リバウンド11アシストを記録したが、ポートランド・トレイルブレイザーズに対して123-119の敗北を喫した。 2月26日、モラントはシカゴ・ブルズに116-110で勝利し、当時のキャリア最高の46得点を記録した。2月28日、モラントはまたしてもキャリアハイの52得点を記録した。サンアントニオ・スパーズに118-105で勝利した。 モラントは、グリズリーズをフランチャイズ史上初のサウスウェストディビジョンのタイトルに導いた。メンフィスはまた、56勝でフランチャイズの記録を更新した。彼はNBA最成長選手賞の受賞者に選ばれた。

2022年4月21日、プレーオフの第1ラウンドのゲーム3で、モラントはミネソタ・ティンバーウルブズに104-95で勝利し、16得点10アシスト10リバウンドのトリプルダブルを記録した。これは、グリズリーズのフランチャイズ史上初のシーズン後のトリプルダブルだった。ゲーム5では、モラントは残り1秒でゲームウィナーのレイアップを入れ、30得点13リバウンド9アシストで111-109の勝利を収めた。モラントは第4クォーターに30点中18点を記録した。 5月3日、プレーオフの第2ラウンドのゲーム2で、ゴールデンステート・ウォリアーズに106-101で勝利し、47得点8リバウンド8アシスト3スティールを記録した。5月7日、モラントはシリーズのゲーム3で右膝を負傷し、グリズリーズはそのままゲーム6で負けた。彼がプレイした3つのゲームでは、FG 50.6%/ 3P 43.3%/ FT 85.7%の確率で、シリーズ平均38.3点という印象的なパフォーマンスを見せた。

選手としての特徴編集

高い身体能力を持ちながら、緩急をつけて相手に揺さぶりをかけるテクニックも持ち合わせているとの評価がある[7]。身長は191cmでNBAのポイントガードとしては平均的ながら、両手で軽々とダンクができる高い跳躍力がある。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

NBA編集

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2019–20 MEM 67 67 31.0 .477 .335 .776 3.9 7.3 .9 .3 17.8
2020–21 63 63 32.6 .449 .303 .728 4.0 7.4 .9 .2 19.1
2021–22 57 57 33.1 .493 .344 .761 5.7 6.7 1.2 .4 27.4
通算 187 187 32.2 .474 .327 .754 4.5 7.1 1.0 .3 21.2
オールスター 1 1 15.0 .500 .000 --- 1.0 3.0 .0 .0 6.0

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2021 MEM 5 5 40.6 .487 .323 .775 4.8 8.2 .4 .0 30.2
2022 9 9 37.6 .440 .340 .747 8.0 9.8 2.0 .4 27.1
通算 14 14 38.6 .458 .333 .756 6.9 9.2 1.4 .3 28.2

カレッジ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017–18 マレーステート 32 32 34.0 .459 .307 .806 6.5 6.3 .9 .4 12.7
2018–19 33 33 36.6 .499 .363 .813 5.7 10.0 1.8 .8 24.5
通算 65 65 35.3 .485 .343 .810 6.1 8.2 1.4 .6 18.7

脚注編集

  1. ^ NBA Draft: Ja Morant Is The Next Russell Westbrook…But Better” (英語). medium.com (2019年1月18日). 2021年11月23日閲覧。
  2. ^ Ja Morant”. Murray State University Athletics. 2018年12月24日閲覧。
  3. ^ マレー州大のジャ・モラントがNCAAトーナメント初戦で史上8人目のトリプルダブル!”. バスケットボールキング (2019年3月22日). 2019年7月15日閲覧。
  4. ^ 「NBAドラフト2019」トップ3指名はザイオン、モラント、バレット!”. バスケットボールキング (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  5. ^ Grizzlies' Ja Morant Won't Play in 2019 NBA Summer League After Knee Surgery”. ブリーチャーレポート英語版 (2019年6月21日). 2019年7月15日閲覧。
  6. ^ ジャ・モラントが今季ルーキー初のトリプルダブル!試合を支配し、逆転勝利の立役者に”. バスケットボールキング (2020年2月10日). 2020年2月11日閲覧。
  7. ^ 【NBAドラフト2019 注目選手スカウティングリポート】ジャ・モラント(マレー・ステイト大)”. NBA日本公式サイト. 2019年6月22日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ジャ・モラントに関するカテゴリがあります。