メインメニューを開く

株式会社ジヤクス (JAX) は東京都に所在していた輸入車インポーターであり、1980年代のフィアットルノーのインポーターとして有名であった。

歴史編集

Miniの並行輸入を経て、1981年フィアットアウトビアンキの日本輸入元となり、翌1982年にJAIAに加盟。さらに1984年にはシーサイドモーターが倒産後、しばらく空白となっていたランボルギーニの日本代理店となり、1986年には社名をジヤクス・カーセールスからジヤクスに変更する。

1986年にはキャピタル企業が撤退したルノーの輸入権を獲得したが、エピソードとしては当時の社長がフランスのルノー本社へ行って輸入権を即日に獲得したといわれている。翌1987年には民族系インポーターでは珍しく株式を公開した。その頃にはテレビ東京ビジネスマンNEWS」、日本テレビ読売新聞 明日の朝刊」、フジテレビ中央競馬ダイジェスト」のスポンサーとして、ルノーのテレビCMを放送した。後者番組は「11PM」のすぐ後の番組で、CM構成として、各店舗の店長と思しき人が社員を呼び、「こちらのルノー・ヴァンサンクを○○○円でご奉仕中」等と社員が推奨品を口早に紹介するという(勿論頻繁に内容は刷新される)一度見たら印象に残る造りで(最後に電話番号を言うのも恒例)名物CMであった。

フィアットについては1989年に住友商事グループのサミットモータースジャパンに輸入権を譲り、ルノー専門の輸入元として活躍していたが、バブル崩壊により業績が落ち込んだ。

そんな中、ヤナセフォルクスワーゲンの輸入・販売から撤退することを表明、首都圏でのディーラー網を確保したかったフォルクスワーゲン日本がJAXを買収した。同時にルノーの輸入・販売から撤退したため、ヤナセ系のフランス・モーターズ設立まで、ルノーの輸入が途切れることとなった。

電話番号編集

  • 各営業所の電話番号の下4桁は「9999」で統一されており、現在でもフォルクスワーゲン東京の営業所の電話番号に9999が多いのはその名残といえる。

関連項目編集

外部リンク編集