メインメニューを開く

ジュスティーヌ・エナンJustine Henin, 1982年6月1日 - )[1]は、ベルギーリエージュ出身の女子プロテニス選手[2]WTAツアーで4大大会7勝を含むシングルス43勝、ダブルス2勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス1位で、通算117週在位は歴代7位の記録である。身長167cm、体重57kg(2011年時点[3])。比較的小柄な身体から飛び上がって打つ独特な片手打ちバックハンド・ストロークと、類い稀なフットワークを最大の武器にした。2002-2006年の選手登録名は、「ジュスティーヌ・エナン=アーデン」(Justine Henin-Hardenne)。また、2001年全仏オープンまでは、日本の新聞一般表記は「ジャスティン・ヘニン」であった。

ジュスティーヌ・エナン
Justine Henin
Tennis pictogram.svg
Justine Henin.JPG
ジュスティーヌ・エナン
基本情報
愛称 ジュジュ(JuJu)
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
出身地 同・リエージュ
生年月日 (1982-06-01) 1982年6月1日(37歳)
身長 167cm
体重 57kg
利き手
バックハンド 片手打ち
殿堂入り 2016年
ツアー経歴
デビュー年 1999年
引退年 2008年
(2010年-2011年復帰)
ツアー通算 45勝
シングルス 43勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 572勝150敗
シングルス 525勝115敗
ダブルス 47勝35敗
生涯獲得賞金 $20,863,335
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(2004)
全仏 優勝(2003・05-07)
全英 準優勝(2001・06)
全米 優勝(2003・2007)
優勝回数 7(豪1・仏4・米2)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2003)
全仏 ベスト4(2001)
全英 3回戦(2001)
全米 2回戦(2001・02)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(2001年)
ホップマン杯 準優勝(2011年)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(2003年10月20日)
ダブルス 23位(2002年1月14日)
獲得メダル
テニス
オリンピック
2004 アテネ 女子シングルス
2011年8月23日現在

目次

選手経歴編集

エナンは、2歳の時に初めてテニスのラケットを握り、6歳から専門的な指導を受け始めた。彼女はちょうど10歳になった時、母親と一緒に1992年全仏オープンの女子シングルス決勝を会場で観戦し、グラフとモニカ・セレシュの熱闘に深い感動を受けた。この試合を一緒に見た母親は、1995年2月に癌で死去してしまい、ジュスティーヌは父子家庭で育つことになる。14歳の時にコーチのカルロス・ロドリゲスと出会い、ずっと彼の指導を受けていた。

1997年、ジュニアテニス選手の登龍門と言われる「オレンジボウル選手権」に15歳で優勝。同年の全仏オープン女子ジュニアシングルスでカーラ・ブラックジンバブエ)を 4–6, 6–4, 6–4で破り優勝。 1999年、プロ入り。5月に故国のアントワープで開催された「ベルギー・オープン」で、ツアー初優勝を遂げた。この後、全仏オープン4大大会にデビューし、予選3試合を勝ち抜いた後、2回戦で第2シードのリンゼイ・ダベンポートアメリカ)に初挑戦した。

エナンが最初に注目を集めたのは、2000年全米オープンの4回戦進出であった。この時、彼女は3回戦で人気選手のアンナ・クルニコワロシア)を 6-4, 7-6 で倒した後、次の4回戦でリンゼイ・ダベンポートに 0-6, 4-6 で敗れた。2001年1月、年頭のオーストラリアゴールドコースト大会の決勝でシルビア・ファリナ・エリアイタリア)を破り、ツアー2勝目を獲得する。

2001年全仏オープンにおいて、エナンはシングルス・ダブルスの2部門で準決勝に進出した。シングルス準決勝では1歳年下のキム・クライシュテルスとの「ベルギー対決」に敗れ、ダブルスではエレナ・タタルコワウクライナ)とパートナーを組んだ。続く2001年ウィンブルドンでは第8シードから決勝に進出し、前年度優勝者のビーナス・ウィリアムズアメリカ)に 1-6, 6-3, 0-6 で敗れて、準優勝になった。[4] この一連の活躍で世界的な注目を浴び、世界トップ10選手に定着する。こうして、エナンとクライシュテルスのベルギー女子2強豪がテニス界を席巻し始めた。

2002年11月16日、ジュスティーヌ・エナンは、ピエール=イブ・アーデンと結婚。結婚後は、2つの姓を併用して「ジュスティーヌ・エナン=アーデン」(Justine Henin-Hardenne)と名乗るようになる。2003年全仏オープン2003年全米オープン2004年全豪オープンで、それぞれ初優勝を達成。この3大会ではすべてキム・クライシュテルスとの「ベルギー対決」の決勝を制し、ベルギーのテニス選手として最初の4大大会優勝者に輝いた。

2004年アテネ五輪で女子シングルスの金メダルを獲得した時は、決勝でアメリ・モレスモフランス)を 6-3, 6-3 で圧倒した。2004年のシーズンはウイルス性疾患などに悩まされたが、2005年全仏オープンで2年ぶり2度目の優勝を飾り、4大大会通算4勝目を挙げる。その決勝戦では地元フランスの30歳マリー・ピエルスを 6-1, 6-1 で圧倒した。

 
2006年

2006年全豪オープンでは、2年ぶり2度目の決勝戦でアメリ・モレスモとの対戦中に体調を崩し、1-6, 0-2 で途中棄権に追い込まれたため、2度目の全豪優勝はならなかった。続く2006年全仏オープンでは、2004年全米オープンの優勝者スベトラーナ・クズネツォワを 6-4, 6-4 で圧倒し、大会2連覇を達成する。2006年度の4大大会はすべて決勝に進んだが、全仏以外は準優勝に終わった。

2007年から、彼女は選手登録名を旧姓の「ジュスティーヌ・エナン」に戻した。2007年全豪オープンを「個人的な理由で」欠場し、全豪開催期間中の1月23日に公式サイトで夫のピエール=イブ・アーデンと離婚したことを明らかにした。この年、エナンは全仏オープンで大会3連覇を達成した。全仏オープンの女子シングルス3連覇は、1990年から1992年にかけて3連覇したモニカ・セレシュ以来の偉業となった。2007年全米オープンでは、2002年セリーナ・ウィリアムズ以来となる全試合ストレート勝ちの完全優勝を成し遂げた。

2008年5月14日、母国ベルギーで記者会見し、シーズン途中での現役引退を発表。テニス選手が世界ランキング1位のままで現役を退いたのは史上初めての出来事であった。同国のライバル、クライシュテルスも前年の2007年5月に現役引退を発表し、その1年後にエナンが世界1位のまま女子テニス界を去ったことにより、いったんはベルギーの女子2強豪の姿がテニスコートから消えた。(クライシュテルスは2009年8月から現役復帰し、2009年全米オープンで復活優勝した。)

2009年8月には、年末にベルギーとドバイで行われるエキシビジョン・マッチへの参加のためにトレーニングを再開したことが報道され[5]、この報道から約1ヶ月後の9月22日、エナン側から正式に2010年の1月からツアーに復帰するとの発表が行われた[6][7]。正式なツアー復帰に先立ち、2009年12月6日に母国ベルギーのシャールロアで行われたエキシビション・マッチの決勝でフラビア・ペンネッタイタリア)に 6-4, 6-4 のストレート勝ちを収める。

 
2010年

2010年年頭のオーストラリアゴールドコースト大会から現役復帰したエナンは、復帰初戦で決勝戦に進み、キム・クライシュテルスに 3-6, 6-4, 6-7(6-8) で敗れて準優勝になる。それから2010年全豪オープンで現役復帰後初の4大大会に出場し、4年ぶり3度目の決勝まで進出したが、第1シードのセリーナ・ウィリアムズに 4-6, 6-3, 2-6 で敗れて準優勝になった。3年ぶりの出場になった全仏オープンでは4回戦でサマンサ・ストーサーに6-2, 1-6, 4-6で敗れ、全仏の連勝が24で止まった。唯一優勝のないウィンブルドンでは4回戦でクライシュテルスに6-2, 2-6, 3-6で敗れ、この試合で転倒して肘を痛め2010年の残り試合を欠場した。

怪我から復帰した2011年全豪オープンでは、3回戦で過去16勝2敗と相性のよかったスベトラーナ・クズネツォワに 4-6, 6-7(8) で敗れた。2011年1月26日、エナンは2度目の現役引退を発表した[8]

エナンは2013年3月に第1子である長女を出産した。2015年3月に再婚している[9]。2016年にベルギー人として初めての国際テニス殿堂入りを果たした[10]

プレースタイル編集

フォアもバックもチャンスを逃さない攻撃力があり、それに加えて守備力も非常に高いオールラウンダー。とくにバックのスライスで広いリーチを確保し、そのスライスの質も高いため、攻められてもペースを変えられるというのが大きなアドバンテージになっている。

フォアハンドは力強く、フラットに叩いてエースを狙うこともできる。また、フォアハンドのヘビートップスピンで相手の攻撃をかわすこともでき、守備力は女子で随一と言える。攻撃にも多彩なパターンがあり、相手によって使い分けられる引き出しが非常に多いのが、最大の強み[11]

オールラウンドなバックハンドを持っている選手であり、攻めも守りも良く、欠点がなく、全体的な質の高い。グリップは厚いが、フラットのボールを打つことができ、さらにスライス感覚に優れているため、攻められてもイーブンに戻すことができ、ドロップショットもうまい。サーブは非常に完成度の高いフォームを持っており、しっかりしたスピンサーブを打つことができる[12]

記録編集

※オープン化以降

全仏オープン「3連覇」
モニカ・セレシュとタイ記録。
全仏オープンを1セットも落とさずに優勝「2回」
2006,2007
全仏オープン40セット連続獲得
2005–2010
年間で全てのグランドスラム決勝に進出
2006。マーガレット・カーターらも記録。
同じ年に1セットも落とさずに優勝「2回」
2007。ビリー・ジーン・キングらとタイ記録。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 61回 (43勝18敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1999年5月10日   アントワープ クレー   サラ・ピトコフスキ 6–1, 6–2
優勝 2. 2001年1月1日   ゴールドコースト ハード   シルビア・ファリナ・エリア 7–6(5), 6–4
優勝 3. 2001年1月8日   キャンベラ ハード   サンドリーヌ・テスチュ 6–2, 6–2
優勝 4. 2001年6月18日   スヘルトーヘンボス   キム・クライシュテルス 6–4, 3–6, 6–3
準優勝 1. 2001年7月8日   ウィンブルドン   ビーナス・ウィリアムズ 1–6, 6–3, 0–6
準優勝 2. 2001年9月16日   ワイコロア ハード   サンドリーヌ・テスチュ 3–6, 0–2 途中棄権
準優勝 3. 2001年9月16日   フィルダーシュタット ハード   リンゼイ・ダベンポート 5–7, 4–6
準優勝 4. 2002年1月5日   ゴールドコースト ハード   ビーナス・ウィリアムズ 5–7, 2–6
準優勝 5. 2002年2月17日   アントワープ カーペット (室内)   ビーナス・ウィリアムズ 3–6, 7–5, 3–6
準優勝 6. 2002年4月14日   アメリアアイランド カーペット (室内)   ビーナス・ウィリアムズ 6–2, 5–7, 6–7(5)
優勝 5. 2002年5月6日   ベルリン クレー   セリーナ・ウィリアムズ 6–2, 1–6, 7–6(5)
準優勝 7. 2002年5月19日   ローマ クレー   セリーナ・ウィリアムズ 6–7(6), 4–6
優勝 6. 2002年10月21日   リンツ カーペット (室内)   アレクサンドラ・スティーブンソン 6–3, 6–0
優勝 7. 2003年2月17日   ドバイ ハード   モニカ・セレシュ 4–6, 7–6(4), 7–5
優勝 8. 2003年4月7日   チャールストン クレー   セリーナ・ウィリアムズ 6–3, 6–4
優勝 9. 2003年5月5日   ベルリン クレー   キム・クライシュテルス 6–4, 4–6, 7–5
優勝 10. 2003年5月26日   全仏オープン クレー   キム・クライシュテルス 6–0, 6–4
準優勝 8. 2003年6月21日   スヘルトーヘンボス   キム・クライシュテルス 7–6(4), 0–3 途中棄権
優勝 11. 2003年7月28日   サンディエゴ ハード   キム・クライシュテルス 3–6, 6–2, 6–3
優勝 12. 2003年8月11日   トロント ハード   リナ・クラスノルツカヤ 6–1, 6–0
優勝 13. 2003年8月25日   全米オープン ハード   キム・クライシュテルス 7–5, 6–1
準優勝 9. 2003年9月28日   ライプツィヒ カーペット (室内)   アナスタシア・ミスキナ 6–3, 3–6, 3–6
準優勝 10. 2003年10月6日   フィルダーシュタット ハード   キム・クライシュテルス 7–5, 4–6, 2–6
優勝 14. 2003年10月13日   チューリッヒ カーペット (室内)   エレナ・ドキッチ 6–0, 6–4
優勝 15. 2004年1月12日   シドニー ハード   アメリ・モレスモ 6–4, 6–4
優勝 16. 2004年1月31日   全豪オープン ハード   キム・クライシュテルス 6–3, 4–6, 6–3
優勝 17. 2004年2月23日   ドバイ ハード   スベトラーナ・クズネツォワ 6–3, 7–6(3)
優勝 18. 2004年3月8日   インディアンウェルズ ハード   リンゼイ・ダベンポート 6–1, 6–4
優勝 19. 2004年8月16日   アテネ五輪 ハード   アメリ・モレスモ 6–3, 6–3
優勝 20. 2005年4月17日   チャールストン クレー   エレーナ・デメンチェワ 7–5, 6–4
優勝 21. 2005年5月1日   ワルシャワ クレー   スベトラーナ・クズネツォワ 3–6, 6–2, 7–5
優勝 22. 2005年5月8日   ベルリン クレー   ナディア・ペトロワ 6–3, 4–6, 6–3
優勝 23. 2005年6月4日   全仏オープン クレー   マリー・ピエルス 6–1, 6–1
準優勝 11. 2005年8月21日   トロント ハード   キム・クライシュテルス 5–7, 1–6
優勝 24. 2006年1月13日   シドニー ハード   フランチェスカ・スキアボーネ 4–6, 7–5, 7–5
準優勝 12. 2006年1月29日   全豪オープン ハード   アメリ・モレスモ 1–6, 0–2 途中棄権
優勝 25. 2006年2月25日   ドバイ ハード   マリア・シャラポワ 7–5, 6–2
優勝 26. 2006年6月10日   全仏オープン クレー   スベトラーナ・クズネツォワ 6–4, 6–4
準優勝 13. 2006年5月14日   ベルリン クレー   ナディア・ペトロワ 6–4, 4–6, 5–7
優勝 27. 2006年6月24日   イーストボーン   アナスタシア・ミスキナ 4–6, 6–1, 7–6(5)
準優勝 14. 2006年7月9日   ウィンブルドン   アメリ・モレスモ 6–2, 3–6, 4–6
優勝 28. 2006年8月26日   ニューヘイブン ハード   リンゼイ・ダベンポート 6–0, 1–0 途中棄権
準優勝 15. 2006年9月10日   全米オープン ハード   マリア・シャラポワ 4–6, 4–6
優勝 29. 2006年11月9日   マドリード ハード (室内)   アメリ・モレスモ 6–4, 6–3
優勝 30. 2007年2月24日   ドバイ ハード   アメリ・モレスモ 6–4, 7–5
優勝 31. 2007年3月3日   ドーハ ハード   スベトラーナ・クズネツォワ 6–4, 6–2
準優勝 16. 2007年4月1日   マイアミ ハード   セリーナ・ウィリアムズ 6–0, 5–7, 3–6
優勝 32. 2007年5月7日   ワルシャワ クレー   アリョーナ・ボンダレンコ 6–1, 6–3
優勝 33. 2007年6月9日   全仏オープン クレー   アナ・イバノビッチ 6–1, 6–2
優勝 34. 2007年6月23日   イーストボーン   アメリ・モレスモ 7–5, 6–7(4), 7–6(2)
優勝 35. 2007年8月19日   トロント ハード   エレナ・ヤンコビッチ 7–6(3), 7–5
優勝 36. 2007年9月8日   全米オープン ハード   スベトラーナ・クズネツォワ 6–1, 6–3
優勝 37. 2007年10月7日   シュトゥットガルト ハード   タチアナ・ゴロビン 2–6, 6–2, 6–1
優勝 38. 2007年10月21日   チューリッヒ ハード (室内)   タチアナ・ゴロビン 6–4, 6–4
優勝 39. 2007年11月11日   マドリード ハード (室内)   マリア・シャラポワ 5–7, 7–5, 6–3
優勝 40. 2008年1月11日   シドニー ハード   スベトラーナ・クズネツォワ 4–6, 6–2, 6–4
優勝 41. 2008年2月17日   アントワープ ハード (室内)   カリン・クナップ 6–3, 6–3
準優勝 17. 2010年1月9日   ブリスベン ハード   キム・クライシュテルス 3–6, 6–4, 6–7(6)
準優勝 18. 2010年1月30日   全豪オープン ハード   セリーナ・ウィリアムズ 4–6, 6–3, 2–6
優勝 42. 2010年5月2日   シュトゥットガルト クレー   サマンサ・ストーサー 6–4, 2–6, 6–1
優勝 43. 2010年6月19日   スヘルトーヘンボス   アンドレア・ペトコビッチ 3–6, 6–3, 6–4

ダブルス: 3回 (2勝1敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2001年10月14日   フィルダーシュタット ハード   メガン・ショーネシー   リンゼイ・ダベンポート
  リサ・レイモンド
4–6, 7–6(4), 5–7
優勝 1. 2002年1月6日   ゴールドコースト ハード   メガン・ショーネシー   アサ・スベンソン
  ミリアム・オレマンス
6–1, 7–6(6)
優勝 2. 2002年10月14日   チューリッヒ カーペット (室内)   エレーナ・ボビナ   エレナ・ドキッチ
  ナディア・ペトロワ
6–2, 7–6(2)

4大大会優勝編集

大会 対戦相手 試合結果 備考
2003年 全仏オープン   キム・クライシュテルス 6-0, 6-4 「ジュスティーヌ・エナン・アーデン」の名前で優勝
2003年 全米オープン   キム・クライシュテルス 7-5, 6-1
2004年 全豪オープン   キム・クライシュテルス 6-3, 4-6, 6-3
2005年 全仏オープン   マリー・ピエルス 6-1, 6-1
2006年 全仏オープン   スベトラーナ・クズネツォワ 6-4, 6-4
2007年 全仏オープン   アナ・イバノビッチ 6-1, 6-2 旧姓の「ジュスティーヌ・エナン」に戻る
2007年 全米オープン   スベトラーナ・クズネツォワ 6-1, 6-3

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 通算成績
全豪オープン A 2R 4R QF SF W A F A QF A F 3R 38–8
全仏オープン 2R A SF 1R W 2R W W W A A 4R A 38–4
ウィンブルドン A 1R F SF SF A 1R F SF A A 4R A 30–8
全米オープン 1R 4R 4R 4R W 4R 4R F W A A A A 35–7

脚注編集

外部リンク編集