ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルク

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はブッチ第二姓(母方の)はカダファルクです。

ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルクカタルーニャ語: Josep Puig i Cadafalch, カタルーニャ語: [ʒuˈzɛp ˈputʃ] , 1867年10月17日1956年12月21日)は、スペインバルセロナ県マタロー出身の建築家建築学者政治家。19世紀末から20世紀初頭のカタルーニャ地方で花開いたムダルニズマ(モデルニスモ)を代表する建築家のひとりである。

ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルク
Audouard-PuigCadafalch-0316.jpg
生誕1867年10月17日
スペインの旗 スペイン王国バルセロナ県マタロー
死没 (1956-12-21) 1956年12月21日(89歳没)
スペインの旗 スペインバルセロナ県バルセロナ
国籍スペインの旗 スペイン
出身校バルセロナ建築学校スペイン語版
(現・カタルーニャ工科大学
職業建築家
建築物 アマトリェー邸スペイン語版(1900年)
カザラモーナ工場スペイン語版(1911年)

バルセロナにある多くの建物を設計した。1階にカフェ「四匹の猫」が入居していたカーサ・マルティの設計者であり、「四匹の猫」は画家のサンティアゴ・ルシニョールラモン・カザスパブロ・ピカソなどの交友の場となった。

特徴編集

ムデハル様式を中心としながらも、アステカ様式、ロマネスク様式ゴシック様式ロココ様式など多様な様式を土台として建物を設計した[1]。当時のバルセロナではムデハル様式のファサードが主流だったが、北欧の建築スタイルも取り込んだ[1]。独自性の点ではやや評価が低い[2]ゴシック・リヴァイヴァル建築の延長線上に位置づけられており、内部空間の構成や居住性の高さを特徴としている[3]。イギリスのアーツ・アンド・クラフツ運動に近い立場にあり、ドイツのダルムシュタット芸術家村の住宅群の住居デザインの流れを汲んでいる[4]

ムダルニズマの他の建築家と比較すると、リュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネーよりも18歳年下であり、アントニ・ガウディよりも16歳年下である。ブルジョア家庭に生まれて建築界のエリートコースをたどった点がドゥメナク・イ・ムンタネーと類似しており、実際にドゥメナク・イ・ムンタネーとは良好な関係を築いた[5]。ドゥメナク・イ・ムンタネー編纂の『美術史全集』ではプッチ・イ・カダファルクが第1巻と第2巻を担当している[5]。プッチ・イ・カダファルクの作品は視覚的にドゥメナク・イ・ムンタネーの作品と類似しており、プッチ・イ・カダファルクはドゥメナク・イ・ムンタネーの追随者とされた[6]

経歴編集

建築家編集

青年時代編集

 
初期の作品であるカーサ・マルティとカフェ「四匹の猫」

1867年10月17日、バルセロナ郊外のバルセロナ県マタローに生まれた[7]。父親は繊維工場を経営するジュアン・プッチ・イ・ブルゲラであり、ブルジョアの家庭に育った[7]。1883年から1888年にはバルセロナ大学で学んで物理学と数学の修士号を取得し、1888年から1889年にはマドリード大学で学んで科学の博士号を取得[8]

その後バルセロナ建築学校スペイン語版(現・カタルーニャ工科大学)で建築学を学び、1891年に建築家の資格を得た[7]。1892年にはバルセロナで応用美術の博覧会が開催されると、マヌエル・ミラ・イ・フンタナルススペイン語版らとともに若いプッチ・イ・カダファルクも講師のひとりとなっている[9]。当初は地元のマタローで数々の建物を手掛け、1890年代後半にバルセロナに進出した[7]

ムダルニズマの初期編集

カーサ・マルティはゴシック様式の変形であり、1896年に建物が完成、1897年に「四匹の猫」が開店した[10]。「四匹の猫」の開店にはミケル・ウトリーリョスペイン語版サンティアゴ・ルシニョールラモン・カザスペラ・ルメウスペイン語版の4人が関わり、いずれもカフェ「ル・シャ・ノワール」(黒猫)があるパリ・モンマルトルに在住した経験があった[10]

バルセロナのグラシア大通りスペイン語版には「不協和音スペイン語版」と呼ばれる一角があり、プッチ・イ・カダファルク、ガウディ、ドゥメナク・イ・ムンタネーが設計した3件の建物が接近している[11]。1898年から1900年にはまずプッチ・イ・カダファルクが設計したアマトリェー邸スペイン語版が建設され、数年後にはガウディが請け負ったバトリョ邸がアマトリェー邸の隣で改築された[11]。数軒先にはドゥメナク・イ・ムンタネーが手掛けたリェオ・モレラ邸スペイン語版があり、今日のリェオ・モレラ邸の1階には皮革製品ブランドのロエベが入居している[11]。ムダルニズマ建築には建築用装飾を専門とする彫刻家が数多く関わっており、アマトリェー邸には名声を博していた彫刻家アルフォンス・ジュヨールが携わっている[12]

ムダルニズマの全盛期編集

 
工場建築の代表作であるカザラモーナ工場

1900年にドゥメナク・イ・ムンタネーがバルセロナ建築学校の学長に就任すると、プッチ・イ・カダファルクは建築学校の教授に迎えられた[5]。1900年頃のバルセロナでは建築が芸術の範疇にくくられるようになり、建築家は一種の芸術家という意識を持つようになった[13]。この頃にプッチ・イ・カダファルクは以下のように述べている。

(建築は)清澄かつ荘厳、不易な芸術であり、そのなかに人が入っても崇高なる厳粛さが損なわれないのは、あたかも作品が人間によってではなく至高の存在によって生み出されたものであることをあかすかのようだ — プッチ・イ・カダファルク、ウリオール・ブイガス『モデルニスモ』p.274

1902年にはイスパニア誌に論文を発表し、1880年代のカタルーニャ建築における3つの潮流について論じた[14]。パリで開催されたガウディ作品の展覧会などを通じてムダルニズマ建築が国外でも好評化を受けるようになり、1904年にはプッチ・イ・カダファルクの全作品を集めた写真集がフランス語による解説付きで出版されている[15]。1904年頃にはムンターダス邸やトゥリンシェト邸でバロック建築にカタルーニャ建築のアクセントを加えた大衆的バロックを試みている[16]。1905年に完成したアルジャントーナの自邸はガウディのグエイ邸とともに空間構成の流動性に特徴があるとされ、隣り合う空間相互を視覚的に対角線方向に結び付けている[17]

バルセロナでもっとも多くのムダルニズマ建築が建てられた期間はおそらく1900年代の10年間であり、1910年頃にはもうひとつのピークを迎えた[18]。1911年にバルセロナに完成したカザラモーナ工場スペイン語版は、リュイス・ムンクニイ・イ・パレリャーダスペイン語版(1868-1931)のアイマリク・イ・アマート工場、ラファエル・マゾースペイン語版(1880-1935)のテイシドー製粉所とともに、ムダルニズマの三大工場建築に数えられている[19]。1899年にはバルセロナ市が優れた建築物を表彰する建築賞を制定しており、プッチ・イ・カダファルクはカザモラーナ工場で初めてこの建築賞を受賞した[20]

後年編集

第一次世界大戦が終結した1918年に68歳だったドゥメナク・イ・ムンタネーは建築学校学長職や考古学研究に専念するようになっており、66歳のガウディは世間から孤立してサグラダ・ファミリアの仕事に没頭していた[21]。大戦終結時に49歳だったプッチ・イ・カダファルクは数年前からバロック主義建築を志向しており、カタルーニャ広場近くのピック・イ・ポンスペイン語版邸(1921年)などを設計した[21]

政治活動編集

建築家や建築学者以外に政治家としても活躍しており、1902年から1905年にはバルセロナ市議会議員を、1907年から1910年にはバルセロナのコルテス議員を、1913年から1923年にはバルセロナ県議会議員を務めている[8]。1914年にカタルーニャ4県の統合を目指すカタルーニャ連合体スペイン語版が発足し、スペイン中央政府にも承認された[22]アンリク・プラット・ダ・ラ・リバスペイン語版が初代議長を務め、インスティテュ・ダストゥディス・カタランススペイン語版(カタルーニャ学術研究所)の設立、道路・下水道・鉄道・福祉・衛星など様々なインフラの整備などを行っている[22]。プラット・ダ・ラ・リバが死去した1917年にはプッチ・イ・カダファルクが議長の座を引き継ぎ、1924年までにそれなりの働きをみせた[22]。同時代の建築家にはプッチ・イ・カダファルク同様に政界で活躍する人物が多く、ドゥメナク・イ・ムンタネーはカタルーニャ連盟の設立者であったし、アントニ・マリア・ガリサースペイン語版カタルーニャ主義連合スペイン語版の党首だった[23]

学術活動編集

建物の設計と並行して中世建築の研究にも励み、『カタルーニャのロマネスク建築』などを著した[5]。1924年と1925年にはアメリカ合衆国のハーバード大学でロマネスク建築に関する講演を行い、ハーバード大学からは名誉博士号を授与されている[1]。学術活動を通じてヨーロッパ中の大学と密接な関係を有しており[15]、ハーバード大学の他には、バルセロナ大学、フランスのソルボンヌ大学トゥールーズ第三大学フランス語版、ドイツのフライブルク大学から名誉博士号を授与されている。

後年には建築家、文化人、政治家など、様々な職種の人物と交友し、教育委員会の活動などに参画したこともある[5]。1942年から死去する1956年まで、カタルーニャ語の研究機関であるインスティテュ・ダストゥディス・カタランス(カタルーニャ学術研究所)の所長を務めた。その他には、4つのアカデミーで会員となり、5つのアカデミーで名誉会員となり、9つのアカデミーで在外会員となっている[8]

受賞編集

主要な作品編集

名称 場所 画像
1891 Sisternes邸 マタロー  
1893 Rengleビル マタロー  
1893 マタロー市庁舎の議場の改修 マタロー  
1893 Joieria Macià バルセロナ
1894 ラ・クンフィアンサ商店 マタロー  
1894 Parera邸 マタロー  
1894 ラ・ベネフィシエンシア マタロー  
1895–1920 コドルニウ社の貯蔵庫 サン・サドゥルニ・ダノヤ  
1896 ムンサラートのロザリオ碑のFifth Mystery of Pain ムニストロル・ダ・ムンサラートスペイン語版
1896 マルティ邸 バルセロナ  
1897 Coll i Regàs邸 マタロー  
1897–1905 自邸 アルジャントーナスペイン語版  
1897 サグラメント礼拝堂 アルジャントーナスペイン語版  
1898 Cal Maimó [24] タラガ  
1898 エウゼビ・ボフィル邸 Viladrau
1898 Can Calopa アルジャントーナスペイン語版  
1898 ガリ邸 アルジャントーナスペイン語版  
1898 邸宅[25] バルセロナ
1898–1900 アマトリェー邸スペイン語版 バルセロナ  
1898 Misericòrdia修道院のレストラン カネット・ダ・マールスペイン語版  
1898 オラトリの路傍の十字架の改修[26] リュレッド・ダ・マール  
1899 Carbonell Susagna工場 カネット・ダ・マールスペイン語版
1900 Can Torra or Xalet Espriu Viladrau  
Original construction
1900 Palau del Baró de Quadras Massanes  
1900 House-study of the photographers Napoleon[27] バルセロナ  
1901 ムンサラートのロザリオ碑のThird Mystery of Joyful ムニストロル・ダ・ムンサラートスペイン語版
1901 Villa Gloria - Can Capella Viladrau
1901 Macaya邸 バルセロナ  
1901 ムンターダス邸 バルセロナ  
1902 カフェ・トリノ[28] バルセロナ  
1902 テルミヌス・ホテル バルセロナ  
1902 Furriols邸[29] la Garriga  
1902 Pantheon Costa i Macià Lloret de Mar  
1903 Riera i Puig邸 Viladrau
1903 Serra邸 バルセロナ  
1903 Mercè Pastor de Cruïlles邸 バルセロナ  
1904 コドルニウ社の塔 サン・サドゥルニ・ダノヤ
1904 Granja Terrades Seva  
1904 Pantheon Garí Esplugues de Llobregat  
1904 Eustaqui Polo邸[30] バルセロナ  
1904 トゥリンシェト邸 バルセロナ  
1904 Pantheon Terrades [30] バルセロナ
1904–1906 Baró de Quadras宮殿 バルセロナ  
1905 Terrades邸
「Punxes邸」
バルセロナ  
1905 Farmàcia Sastre i Marquès バルセロナ
1905 サストラ・イ・マルケス博士の薬局 バルセロナ  
1905 Building commissioned by Sastre i Marqués for his family バルセロナ
1907 Monestir de
Sant Benet de Bages
Sant Fruitós de Bages  
1909 Llorach邸 バルセロナ  
1910 Àngels Macià i Monserdà邸 バルセロナ
1911 La Telegrafia el Prat de Llobregat
1911 Pere Company邸 バルセロナ  
1911 カザラモーナ工場スペイン語版 バルセロナ  
1913 Joaquim Carreras邸「サンタ・マルガリータ」[31] バルセロナ  
1914 Miele邸 バルセロナ  
1914 カタルーニャ自治政府宮殿スペイン語版 バルセロナ  
1914 Muley Afid邸 バルセロナ  
1917 Pilar Moragues邸 Viladecans
1917 自邸 バルセロナ  
1918 Font del Gatレストラン バルセロナ  
1919 Fargas邸 Sant Quirze Safaja  
1920 Carreras邸 バルセロナ  
1919 4本柱 バルセロナ  
1920 Palaus d'Alfons XIII i de Victòria Eugènia
Fira de Barcelona
バルセロナ  
1921 ピック・イ・ポンスペイン語版 バルセロナ  
1922 Luis Guarro邸 バルセロナ  
1924 Casaramona邸 バルセロナ  
1924 17世紀の建築(改修) バルセロナ  
1925–1928 ムンサラートのサンタ・マリア ムニストロル・ダ・ムンサラートスペイン語版  
1928 Rosa Alemany邸 バルセロナ  
1940 Sant Esteve教会   アンドラ・ラ・ベリャ  

脚注編集

  1. ^ a b c 森枝雄司 1990, p. 133.
  2. ^ 森枝雄司 1990, p. 134.
  3. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 246.
  4. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 248.
  5. ^ a b c d e 森枝雄司 1990, p. 135.
  6. ^ 入江正之 1997, p. 26.
  7. ^ a b c d 森枝雄司 1990, p. 131.
  8. ^ a b c ウリオール・ブイガス 2011, p. 266.
  9. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 59.
  10. ^ a b 田澤耕 2011, p. 124.
  11. ^ a b c 森枝雄司 1990, p. 132.
  12. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 66.
  13. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 274.
  14. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 88.
  15. ^ a b ウリオール・ブイガス 2011, p. 104.
  16. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 230.
  17. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 292.
  18. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 275.
  19. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 193.
  20. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 217.
  21. ^ a b ウリオール・ブイガス 2011, p. 278.
  22. ^ a b c 田澤耕 2011, p. 264.
  23. ^ ウリオール・ブイガス 2011, p. 98.
  24. ^ タラガ市議会 Archived 2011年8月29日, at the Wayback Machine.
  25. ^ La Vanguarda. Notícia restauració, 25-11-2010.
  26. ^ Turisme de Lloret de Mar
  27. ^ Història de l'establiment dels fotògrafs Napoleon
  28. ^ Puig i Cadafalch va ser l'arquitecte del cafè Torino, però no el decorador
  29. ^ Lluís Cuspinera. Guia arquitectònica de la Garriga. Obra cultural de la Caixa. ISBN 84-500-2806-X
  30. ^ a b Ruta Puig i Cadafalch, cronologia: pàg. 151-156
  31. ^ Llista d'obres privades de Sarrià. Arxiu municipal de Sarrià-Sant Gervasi.

文献編集

参考文献編集

  • ウリオール・ブイガス 『モデルニスモ建築』稲川直樹(訳)、みすず書房、2011年。 
  • 岡部明子 『バルセロナ』〈中公新書〉中央公論新社、2010年。 
  • 田澤耕 『物語 カタルーニャの歴史 知られざる地中海帝国の興亡』〈中公新書〉中央公論新社、2000年。 
  • 田澤耕 『ガウディ伝』〈中公新書〉中央公論新社、2011年。 
  • 立石博高、奥野良知 『カタルーニャを知るための50章』〈エリア・スタディーズ〉明石書店、2013年。 
  • 丹下敏明 『スペイン建築史』〈相模選書〉相模書房、1979年。 
  • 丹下敏明 『建築家人名事典 西洋歴史建築編』三公社、1997年。 
  • 森枝雄司 『ガウディになれなかった男』徳間書店、1990年。 
  • 山道佳子、八嶋由香利、鳥居徳敏、木下亮 『近代都市バルセロナの形成 都市空間・芸術家・パトロン』第六章 「四匹の猫」バルセロナ前衛芸術運動の諸相, 木下亮, pp.245-278、慶応義塾大学出版会、2009年。 

その他の文献編集

  • 阿部大輔 『バルセロナ旧市街の再生戦略 公共空間の創出による界隈の回復』学芸出版社、2009年。 
  • 入江正之 『アントニオ・ガウディ論 新装版』早稲田大学出版部、1997年。 
  • 岡村多佳夫 『バルセロナ 自由の風が吹く街』〈講談社現代新書〉講談社、1991年。 

外部リンク編集