ジュゼッペ・デ・サンクティス

ジュゼッペ・デ・サンクティス(Giuseppe De Sanctis、1858年6月21日 - 1924年6月18日)はイタリアの画家である。

ジュゼッペ・デ・サンクティス
Giuseppe De Sanctis
Giuseppe De sanctis.gif
生誕1858年6月21日
イタリア,ナポリ
死没1924年6月18日
イタリア,ナポリ

略歴編集

ナポリで生まれた。父親は実業家で、作曲家のジュゼッペ・ヴェルディの友人として知られる芸術愛好家であった[1]。父親の勧めで画家をめざし、1872年にナポリ美術アカデミーに入学し、ドメニコ・モレリフィリッポ・パリッチジョアッキーノ・トーマらに学んだ。

アカデミーを卒業すると国外に出て、ロンドンやパリで働き、ドメニコ・モレリに紹介されて作品はパリの美術商、グーピル商会に買い上げられた。主に女性像を描いた。パリではジャン=レオン・ジェロームに学び、同世代の画家、パスカル・ダニャン=ブーベレの影響を受けた。1882年から1917年7までナポリの展覧会に毎回出展し、サロン・ド・パリにも1890年と1899年に出展した。1886年にパレルモの展覧会で銀メダルを受賞し、その作品はイタリア国王ウンベルト1世に買い上げられた.[1]

1895年からヴェネツィア・ビエンナーレに関与し1903年と1905年には企画委員を務めた。1901年にドメニコ・モレリの後任としてナポリ美術アカデミーで教え始め、後に版画部門の教授に任命された。フランスの風景を描くことが多かったが、王族の肖像画も描いた。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Brief biography from the Dizionario Biografico @ Treccani.

参考文献編集

  • Leone Rossella, De Sanctis, Giuseppe, in Dizionario biografico degli italiani, XXXIX vol., Roma, Istituto dell'Enciclopedia Italiana, 1991. URL consultato il 1º novembre 2018.
  • Rif.1 Pittori a Napoli nell'Ottocento - Roberto Rinaldi - Napoli 2001 - "p" 91.