ジュッターリーン体

ジュッターリーン体(ジュッターリーンたい、Sütterlinschrift)はドイツの古い筆記体であり、フラクトゥールの1つである。1911年に、プロイセン文化省の求めにより、ルートヴィヒ・ジュッターリーン(Ludwig Sütterlin)が官庁での使用と学校教育のために考案した。1915年にプロイセンで導入され、1920年代を移行期間とし、1935年に学校で教えられるフラクトゥールの筆記体として唯一の書体となった。その後第二次大戦中の1941年にナチス政権によってジュッターリーン体を含めフラクトゥールが廃止された。戦後も私的に用いられたが、学校教育では復活せず、廃れた。ドイツではジュッターリーン体以前のフラクトゥールの筆記体も含めてジュッターリーン体と呼ぶことがある。ドイツ国外またはドイツの戦後世代ではジュッターリーン体が読めない人がほとんどである。

ラテン系文字 亜変種 (ジュッターリーン体 (Sütterlinschrift))
Sütterlin.svg
類型: アルファベット
言語: ドイツ語
時期: 1915年–1970年代
ISO 15924 コード: Latf
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。
テンプレートを表示

字例編集

 

 

A a

 

B b

 

C c

 

D d

 

E e

 

F f

 

G g

 

H h

 

I i

 

J j

 

K k

 

L l

 

M m

 

N n

 

O o

 

P p

 

Q q

 

R r

 

S ſ s

 

ß

 

T t

 

U u

 

V v

 

W w

 

X x

 

Y y

 

Z z

 

Ä ä

 

Ö ö

 

Ü ü