ジュディス・マリナ

ジュディス・マリナ(Judith Malina、1926年6月4日 - 2015年4月10日[1])は、ドイツキール生まれの女優である。

ジュディス・マリナ
Judith Malina
Judith Malina
生年月日 (1926-06-04) 1926年6月4日
没年月日 (2015-04-10) 2015年4月10日(88歳没)
出生地 ドイツの旗 ドイツ国キール
ジャンル 女優
脚本家
活動期間 1954年 - 2013年
配偶者 Julian Beck (1948年 - 1985年)
Hanon Reznikov (1988年 - 2008年)
テンプレートを表示

来歴編集

1926年ドイツキールに生まれる。ユダヤ系の家系で、母親は女優で父親は保守派ラビだった。1929年、マリナが3歳の頃に一家はアメリカ合衆国ニューヨーク市へ移住する。幼い頃から演劇に興味を持っており、Erwin Piscatorに師事してニューヨークの大学で演劇を学んだ。17歳の時に、後の夫となるジュリアン・ベックと出会い、意気投合した2人は1947年に『The Living Theatre』という劇団を結成する。後に2人は結婚するが、1967年に税金関係の問題から同劇団は解散を余儀なくされる。しかし、拠点をヨーロッパへ移して活動を継続させ、1972年に再びアメリカへ帰国する。ヨーロッパ滞在中のその間もマリナらは活動を続けており、アメリカへ帰国後にマリナは『The Enormous Despair』というタイトルのエッセイも出版している。

1970年代に入ると、マリナ自身映画などへも出演し始め、『狼たちの午後』ではアル・パチーノの母親役を演じた。日本でも1991年に制作された『アダムス・ファミリー』で、アンジェリカ・ヒューストン演じるモーティシアの魔女のような風貌の母親役で知られている。なお、それまでの功績から2012年にはマリナに関するドキュメンタリー映画も製作されており、トライベッカ映画祭において公開された。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Judith Malina, Founder of the Living Theater, Dies at 88”. The New York Times. 2019年6月20日閲覧。

外部リンク編集