ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト

ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Junior Eurovision Song Contest, JESC、: Concours Eurovision de la Chanson Junior),[1])は欧州放送連合が主催するユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)のジュニア版。

歴史編集

同音楽祭は2000年にデンマーク放送協会(DR)が企画した音楽祭が起源であり[2][3]、2002年に北欧の子供を対象とした音楽祭MGPノルディックが開催された[4]。翌2003年にそのヨーロッパ版が誕生した。当初の名称はユーロビジョン・ソング・コンテスト・フォー・チルドレン(Eurovision Song Contest for Children)だった[5]

第1回は当初ITV制作でイギリスマンチェスターで予定されていた[6]。しかし金融とスケジューリングの理由に、開催されないと発表[7]。第2回大会はクロアチアの国営放送局HRTが開催を希望していたが、会場を予約し"忘れ"たため開催を断念[8]。結果的にはNRKがノルウェー・リレハンメルで開催された[9]

参加国編集

以下に、過去に1回以上、大会に参加した国の一覧を示す:

 
2003年以降の参加状況:
  1回以上の参加歴あり
  参加資格を持つが、参加歴なし
  参加を試みたが参加歴なし
初出場年
2003   ベラルーシ,   ベルギー,   クロアチア,   キプロス,
  デンマーク,   ギリシャ,   ラトビア,   北マケドニア,
  マルタ,   オランダ,   ノルウェー,   ポーランド,
  ルーマニア,   スペイン,   スウェーデン,   イギリス
2004   フランス,   スイス
2005   ロシア,   セルビア・モンテネグロ
2006   ポルトガル,   セルビア,   ウクライナ
2007   アルメニア,   ブルガリア,   ジョージア,   リトアニア
2010   モルドバ
2012   アルバニア,   アゼルバイジャン,   イスラエル
2013   サンマリノ
2014   イタリア,   モンテネグロ,   スロベニア
2015   オーストラリア,   アイルランド
2018   カザフスタン,   ウェールズ
2020   ドイツ

大会方式編集

大会当初の出場者の年齢は8歳から15歳までだったが[10]、2008年からは10歳から15歳に切り上げた[11]。また歌唱時間も2分30秒以上2分45秒以内とした。

出場する楽曲は、2007年までは10歳から15歳の子供によって制作されたものでなければならなかったが、2008年からは大人が制作に加わった楽曲も認められるようになった。但し楽曲の著作権は子供に帰属する[12]

2006年以降優勝者には大会ロゴが入ったトロフィーが授与される[13]。2013年以降は、優勝者だけでなく上位3位までの出場者にトロフィーが授与されることとなった[14]

歴代開催地・優勝アーティスト編集

開催国 開催都市 曲名 歌手
2003年 デンマーク コペンハーゲン Ti Si Moja Prva Ljubav ディノ・イェルシッチ(Dino Jelusić) クロアチア
2004年 ノルウェー リレハンメル Antes Muerta Que Sencilla マリア・イサベル(María Isabel) スペイン
2005年 ベルギー ハッセルト My Vmeste クセニア・シートニク(Ksenia Sitnik) ベラルーシ
2006年 ルーマニア ブカレスト Весенний джаз The Tolmachevy Twins(Анастасия и Мария Толмачевы) ロシア
2007年 オランダ ロッテルダム S druz'yami Alexey Zhigalkovich ベラルーシ
2008年 キプロス リマソール Bzz... Bzikebi グルジア
2009年 ウクライナ キエフ Click Clack ラルフ・マッケンバッハ(Ralf Mackenbach) オランダ
2010年 ベラルーシ ミンスク Mama ウラジーミル・アルズマンヤン(Vladimir Arzumanyan) アルメニア
2011年 アルメニア エレバン Candy Music CANDY グルジア
2012年 オランダ アムステルダム "Nebo" (Небо) アナスタシア・パトリック(Anastasiya Petryk) ウクライナ
2013年 ウクライナ キエフ "The Start" ガイア・カウチ(Gaia Cauchi) マルタ
2014年 マルタ マルタ英語版 "Tu Primo Grande Amore" ヴィンチェンツォ・カンティアロ(Vincenzo Cantiello) イタリア
2015年 ブルガリア ソフィア "Not My Soul" デステニー・チュクニェレ(Destiny Chukunyere) マルタ
2016年 マルタ ヴァレッタ "Mzeo" マリアム・ママダシヴィリ(Mariam Mamadashvili) ジョージア
2017年 ジョージア "Wings" Polina Bogusevich   ロシア
2018年 ベラルーシ ミンスク "Anyone I Want to Be" Roksana Węgiel   ポーランド
2019年 ポーランド グリビツェ "Superhero" Viki Gabor
2020年 ワルシャワ "J'imagine" Valentina   フランス

脚注編集

  1. ^ Official information page” (French). 欧州放送連合 (2007年12月10日). 2012年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月6日閲覧。
  2. ^ IMDB: Børne1'erens melodi grand prix 2000”. IMDB (2000年5月1日). 2008年5月3日閲覧。
  3. ^ IMDB: de unges melodi grand prix 2001”. IMDB (2001年5月1日). 2008年5月3日閲覧。
  4. ^ IMDB: MGP Nordic 2002”. IMDB (2002年12月1日). 2008年5月3日閲覧。
  5. ^ First EBU press release on JESC 2003”. 欧州放送連合 (2002年11月22日). 2008年5月3日閲覧。
  6. ^ Confirmation of Manchester as original host”. 欧州放送連合 (2003年11月16日). 2008年7月2日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 'Junior contest not to take place in Manchester'”. ESC Today (2004年5月13日). 2008年5月3日閲覧。
  8. ^ 'Junior 2004 in Croatia'”. ESC Today (2004年6月1日). 2008年5月3日閲覧。
  9. ^ 'Junior contest moves to Norway'”. ESC Today (2004年6月17日). 2004年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月3日閲覧。
  10. ^ Official information on the 2005 contest”. 欧州放送連合 (2005年11月24日). 2007年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月5日閲覧。
  11. ^ Generic contest information page”. 欧州放送連合 (2007年12月). 2008年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月3日閲覧。
  12. ^ Junior Eurovision Song Contest 2008 Limassol Cyprus Event page”. 欧州放送連合. 2013年12月1日閲覧。
  13. ^ Extract of rules of the 2006 contest”. 欧州放送連合 (2006年). 2007年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月14日閲覧。
  14. ^ Siim, Jamo (2013年7月17日). “Junior 2013 to award top three”. 欧州放送連合. 2017年11月5日閲覧。

外部リンク編集