ジュノー埠頭の銃撃戦

ジュノー埠頭の銃撃戦(ジュノーふとうのじゅうげきせん、: Shootout on Juneau Wharf)は、1898年7月8日金曜日午後9時15分ころ、アメリカ合衆国アラスカ地区スカグウェイであった、ソーピー・スミス、フランク・H・リード、およびジェシー・マーフィーの間の銃撃戦である。スミスは心臓を撃たれ、その直後に死亡し、リードは12日後に負傷のために死亡した。

ジュノー埠頭の銃撃戦
Shootout on Juneau Wharf
日付1898年7月8日
場所アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アラスカ地区スカグウェイ
座標北緯59度27分13秒 西経135度19分16秒 / 北緯59.4537度 西経135.3210度 / 59.4537; -135.3210座標: 北緯59度27分13秒 西経135度19分16秒 / 北緯59.4537度 西経135.3210度 / 59.4537; -135.3210
関係者ジェファーソン・ランドルフ・スミス(Jefferson Randolph Smith)、フランク・H・リード(Frank H. Reid)、ジェシー・マーフィー(Jesse Murphy)、ジョシアス・マーティン・タナー(Josias Martin Tanner)、ジョン・ランダース(John Landers)
結果2人死亡

背景編集

1897年12月のアラスカのフライパンの柄の内海航路(Inside Passage)の港町スカグウェイの設立は、西部の犯罪ボス ジェファーソン・ランドルフ・「ソーピー」・スミスと彼の信用詐欺ギャングを引きよせた、それは町はホワイトパストレイル、そして最終的にクロンダイク採金鉱地につながる主要なアメリカの出発点だったからで、そこは1896年に発見され、地域で大規模なゴールド・ラッシュを引き起こした[1]。スミスは、コロラド州のデンバーとクリードで、街頭の信用詐欺師 兼 詐欺師として有名であった。そこで彼は、1895年に犯罪者として禁固するぞと脅され、州から逃亡した。 ゴールドラッシュへの関心が頂点に達したとき、彼はスカグウェイで詐欺作戦を開始し、デンバーとクリードでのように、すぐに地域の地下ボスになった[2]

いわゆるソープ・ギャングの信用詐欺の犠牲者らはほとんど資産を持っていなかった。副保安官はスミスから不正利得を受け取っていたために、ギャングは逮捕されることをほとんど恐れずに活動することができた[3]。それとこの地域のすでに遅い法システムは、せいぜい犯罪の解決を困難にした[4]

101委員会(Committee of 101)と自称する警戒委員会は、連邦政府経由で救済を要求した[5]。それがあまりに遅いと判明したとき、彼らは責任者が対応しないから自分らでことを運び、スカグウェイじゅうに、ぺてん師らに町を離れるか、でなければ報いを受けるよう命じる手配りびらを貼った。スミスは自身の「法と秩序委員会」("law and order committee")を結成することで報復したが、しかし彼は、自分のは「市民317人」("317 citizens")から成る、と主張した。彼はまた、自警団が法律の力を借りずに勝手に制裁を加えないように通告する、手配りびらを印刷させ、町じゅうに貼らせた[6]。戻ってくる鉱夫らの金(きん)の強盗事件とともに、緊張が高まり、1898年7月8日に最高潮に達した[7]

序曲編集

 
ソーピー・スミス アラスカ、スカグウェイのバーで 1898年

1898年7月8日に、ジョン・ダグラス・スチュワートがスカグウェイに到着し、クロンダイクの払下げ請求地から、2,600ドル(2020年時点の$78,302と同等)相当の金(きん)と現金87ドルが入っているキャンバス地の小袋を持って戻ってきた。スチュワートは金(きん)を地元の店の金庫に置き、部屋を賃借し、出発する汽船への乗船券を待った。[要出典]

午前10時ころに、スチュワートは、ソーピー・スミスのギャングのメンバー2人、ジョン・L・「牧師」・バウアーズ(John L. "Reverend" Bowers)とW・E・「スリムージム」・フォスター(W. E. "Slim-Jim" Foster)に会った。 彼らはスチュワートをJeff Smith's Parlorの横の路地に誘い込んだ。ひとたびそこに着くと、ヴァン・B・「オールド・マン」・トリプレット(Van B. "Old Man" Triplett)が加わった。彼は3枚賭博のゲームを始め、スチュワートから金(きん)をだまし取った。スチュワートは現金で87ドルを失った。トリプレットがそれから、そのうちのいくらかはゲームを続けて取り戻そうと申し出た。それから彼は、もし負けたならばそれを返し得るという証拠を提供するように求められた。スチュワートは次に何が起こったのかを報告した――

おれがフォスターに、自分は金(かね)のためにやつを保持しておくと言うと、老人ヴァン・トリプレットが、わしらはまるでわしらがやつを信頼できないかのように振る舞い、金(かね)の一部を返したと言い、それからやつはわしらにそれを勝ち取る[取り戻す]機会をくれるだろうと言った、それでフォスターが正しいカードをめくり、[トリプレットが]やつに金(かね)を与(や)り始めたが、「もしおまえがそれを本気で賭けたとしたら、おまえはセットアップする金(かね)があったのかい?」と言った。フォスターは「いいや」と言い、おれの方を向きながら「おまえは金(かね)を持っている」と言い、おれは持っていない、やつがそれをすべて取ったと言ったが、彼は「おまえはゲンナマをいくらか持っている」と言い、そしておれに、賭けが本物だった場合に備えておれたちが金(かね)を持っていることを老人に示すためだけにそれを取ってもらいたいと言った。バウアーズとおれが金(かね)を取りにカウフマンの店に行き、ヴァン・トリプレットとフォスターは後に残った。おれらがゲンナマを持って戻ってきて、それを広げて袋を見せ、老人はこれが金(きん)かどうかはわからないと言い、バウアーズが「開けてこいつに見せてやれ。こいつは見て金(きん)ゲンナマがわからないんだから」と言ったが、おれはそれを開けず、それをもとのように巻き上げようとしたそのときフォスターがそれをひっつかんで老人に手渡し、「Git!」と言い、おれはさっと老人をひっつかみ、やつらがおれを抑え、おまえが音を立てればおまえには良くないぜと言った。おれはやつらから身を引き離し、老人を追いかけ始めたが、やつの姿が見えず、通りを渡り、或る一団に役人はどこにいるのか訊ねた、向こうの男数人から3,000ドルを奪われたと(I told Foster I should hold him for the money,and the old man, Van Triplett, said we acted as if we could not trust him, and gave some of the money back, and then said he would give us a chance to win it [all back],so Foster turned the right card and [Triplett] started to give him the money, but said, "Supposing you had bet that in earnest, did you have the money to put up?"Foster said, "No", and turning to me said, "You have the money", and I said no, I did not have any money; that he took it all, but he said, "You have some dust", and wanted me to get it just to show the old man that we had the money in case the bet had been a real one.Bowers and I went to Kaufman's store to get the money and Van Triplett and Foster remained behind.We came back with the dust and I unrolled it and showed them the sack, and the old man said he did not know if that was gold, and Bowers said, "Open it and show it to him, as he don't know gold dust when he sees it",but I did not open it, and [was] just about to roll it up again,when Foster grabbed it and handing it to the old man, said, "Git!" and I started to grab the old man when they held me and said if I made a noise it would not be well for me.I pulled away from them and started after the old man, but could not see him and then went across the street and asked a party where there was an officer: that I had been robbed of $3,000 by some men over there.)[8][要ページ番号]

スチュワートは、副保安官シルベスター・S・テイラーに告訴しようとした。テイラーはスミスの支配下にあり、スチュワートに、もしおまえさんが事件について黙っていればおれは自分に何ができるか考えよう、と知らせた。スチュワートは、ダイイー(Dyea)の隣町に駐留していた合衆国コミッショナー チャールズ・A・ゼールブリード(Charles A. Sehlbrede)を含め、だれであれ耳傾けるつもりのひとに訴えた。[要出典]

スミスは強盗事件に対する不安状態を知り、住民らや商人らと混ざりながら、誰も強盗されていない、と主張しながら街頭運動をおこなった。スミスは、スチュワートが公平なゲームで金(きん)を失った、と主張した。午後2時から6時の間に、「少なくとも1ダースの男がソーピー・スミスのもとに行き、彼に強盗事件を否認させ、男らをあきらめさせようとした」("at least a dozen men went to Soapy Smith and tried to get him to disavow the robbery and give up the men")。しかしながら、スミスは地位を保ち、「問題について何かすることを拒否した」("declined to do anything about the matter")し、最後には激怒して「もしスチュワートが『大声でわめか』なかったなら、[スミスは]外に出かけて彼に金(かね)をちょっと取り戻してやりたくなっただろうに」("that if Stewart had not 'hollered', he [Smith] would feel like going out and getting him a piece of the money")と述べた[9][要ページ番号]Alaskan』とは対照的に、スミスは実業家数人に自分は補償を行うつもりだと語った。

スミスは興奮の初期段階で、その作家を含む男数人に部分的に約束した、[もし]それら新聞に「轟音」("roar")がないなら、金(きん)はその晩4時までに返されるだろう、自分の影響力は、男らが将来クロンダイク人らを返させることを妨げるのを防ぐために使用されるだろう(During the early part of the excitement, Smith partially promised several men, including the writer, that ... [if there were] no "roar" made in the papers, the gold would be returned by 4 o'clock that evening, and that his influence would be used to prevent his men from in any way interfering with returning Klondikers in the future.)[10][要ページ番号]
 
Jeff Smiths' Parlor 1898年

スミスは金(きん)が4時までに返されると言っていたが、1時間はひと言もなく過ぎた。『Skaguay News』記者から、金(きん)が返されないかぎりもめごとが発生するだろう、と言われたとき、スミスは「これはおどろいた、もめごとはおれが探しているものだ」("By God, trouble is what I am looking for")と答えたと言われている[11][要ページ番号]

スカグウェイに到着したコミッショナー ゼールブリード委員は、スミスに保安官事務所に来るように人を遣った。スミスは午後6時に到着した。 ゼールブリードは保安官と『Daily Alaskan』記者の前で、金(きん)と責任者らを引き渡すよう要求した。スミスはつぎのような弁護にしがみつき、

... 金(かね)を持っていた少年らは、公正なゲームでそれを勝ち取ったし、それを保持しているべきだ。彼はまた、彼の後押しをし、彼らが保護されているようにする男が100人いる、とも言った。裁判官はついに彼に、[スミスは]盗賊ギャングのために立ち向かう余裕がないと告げたが、しかし彼[スミス]はほとんど叫んだ――「まあ、裁判官、あの盗賊たちと一緒におれに宣言してくれよ。おれはやつらの家に泊まるつもりだ」、そしてこぶしで熱心にテーブルをたたき、部屋を出ていった。(... the boys who had the money won it in a fair game and they should keep it. He also said he had a hundred men who would stand behind him and see that they were protected. The judge finally told him he [Smith] could not afford to stand up for a gang of thieves, but he [Smith] almost screamed—"Well, Judge, declare me in with the thieves. I'll stay with them", and with that he passionately beat the table with his fist and left the room.)[要出典]

スミスは会合を去った。なぜならゼールブリードは次に、部屋にいる男たちに、もし自分が令状を出せばスミスと彼のギャング全員を逮捕するかどうか尋ねた。返事は全員一致で強調的であった――スミスと彼の男ら全員が連れてこられるだろう。ゼールブリードはつけ加えた「自分は男らに ... もしできることなら生きていてもらいたいが、しかし必要なら死んでいてもらいたい」("he wanted the men ... alive if possible, but dead if necessary.")[9][要ページ番号]

その間、商人委員会と市民委員会の2つの別々の自警団が、町のぺてん師らを追い払う即時行動を呼びかけ始めた。 シルベスター・ホールでの後者の組織の会合には数百人が出席したが、施設が収容するには多すぎた。ソープ・ギャングのメンバーらがホールに潜入して混乱を引き起こした、といううわさも広まった。その結果、別の会合が、スカグウェイ埠頭改善会社の終わりに開催されるように呼ばれた。スカグウェイ埠頭は、ジュノー埠頭として知られていることが多い。[要出典]

銃撃戦編集

 
銃撃戦を報じる『Skaguay News』1898年7月15日の見出し

市民委員会の最初の会合で、ゴールデン・ノース・ホテルのトマス・ウィッテンが議長に選出されていた[12]。彼は「いかがわしい人物が会合の審議を妨害することが認められないためにドックへの接近を防ぐために」("to guard the approach to the dock in order that no objectionable characters might be admitted to disturb the deliberations of the meeting")男4人を任命した。彼らはフランク・H・リード、キャプテン・ジョシアス・マーティン・タナー、ジェシー・マーフィー、およびジョン・ランダースであった[13]。彼らは、警備員らの明らかなリーダー リードを除いて武装していなかった。彼はわが身に.38回転式拳銃を持っていた[12][要ページ番号]

リードはオレゴン州在住で54歳、スミスの支配下にある賭博場クロンダイク・サルーンでバーテンダーとして働いていた。彼は都市工学者になり、鉱夫らに分譲地販売を行なった[14]。タナーは48歳、スカグウェイを発着するはしけ複数と汽船複数の船長であった[15]。銃撃戦の後、彼は副保安官に任命された[16]。ジェシー・マーフィーは、新しく到着したWhite Pass and Yukon Railwayのアイルランド人従業員であった[17]。ジョン・ランダースについてはほとんど知られていない。

1898年7月8日晩、午後9時ころ、ソーピー・スミスはSmith's Parlorにいて飲んでいると、『Daily Alaskan』記者ウィリアム・ "ビル"・サポータス(William "Bill" Saportas)とソーピー・ギャングの1人がスミスのもとに来て、彼に「群衆は怒っています、もしあなたが何かをしたいのなら、それを素早くしてください。 [署名]S」("'the crowd is angry, if you want to do anything do it quick.' ... [signed] 'S'")という短い手紙を渡した[18]。スミスは短い手紙をポケットに詰め込み、ウィンチェスター・モデル1892 .44-40ライフルを、ことによるとコルト・モデル1889・ニュー・アーミー .41ロング・コルト・ダブル-アクション回転式拳銃をも、ひっつかみ、自警団の会合に出席することに決めた。彼の男らの6人か7人がやや離れて追っていて、彼はホリーを西に歩き、ステート・ストリートに行き、6ブロック離れたジュノー埠頭に向かって南に曲がった[19]

埠頭は湾内に半マイル(約804.672メートル)近く伸びていた。幅は15-20フィート(約4.572メートル-約6.096メートル)であり、泥と砂利のビーチの上を高さ6-10フィート(約1.8288メートル-約3.048メートル)でまっすぐに来た[19]。 埠頭入り口で、ジョン・ランダースが別の男と話していた。埠頭を約60フィート(約18.288メートル)下ったところで西の手すりによりかかって、ジョシアス・タナーとジェシー・マーフィーがたがいの近くに立っていた。フランク・リードはもっと先に一人で立っていた。 彼らの仕事は、ソープ・ギャングのメンバーを特定し、そのメンバーが会議に参加できないようにすることであった[19]

午後9時と9時30分の間に、スミスが埠頭の入り口に近づいた。彼はライフルの銃口を上と後ろに向けて右肩にかついでいた。彼は入り口で、自分に続く男らにそこにとどまるように命じ、埠頭の中央を一人で進んだ。スミスはランダースともう1人の男に近づき、彼らに埠頭から離れるよう命じた。彼らは横を跳び越えて約6フィート(約1.8288メートル)下のビーチに降りた。スミスは続けて、話しかけずにタナーとマーフィーの横を通りながら、彼らも抵抗しなかった。スミスはリードに向かって続けた。リードは「止まれ、そこに下りて行けないぞ」("Halt, you can't go down there")と叫んだ。目撃者らは、リードとスミスが互いにののしり合いながら、数秒間口論した、と主張した。[19]

この時点で、リードは回転式拳銃をまだ隠し、スミスはウィンチェスターをかついでいたと一般に信じられているが、しかし銃撃が始まる数秒前に何が起こったのかについては、話複数が大きく異なる。リードが最初に武器を抜いたと主張する人もいれば、スミスが彼を撃とうとしてようやくリードが抜いたと主張する人もいる[13][要ページ番号]

男2人は移動し、数フィート以内でたがいに向かい合った。 ある時点で、スミスは突然ライフルを肩から振り下ろし、リードをめがけてなぐった。彼がその瞬間に撃つつもりだったのか、それとも棍棒がわりに使いリードを横に払うつもりだったのかははっきりしない。リードは左腕を上げ、すばやく近づく銃身をふせいだ。それは彼の腕に当たり、切り傷を負わせたが、しかし彼はなんとかして銃身をひっつかみ、それを頭部の一般的な方向からぐいとひっぱり、それを圧しさげた[13][要ページ番号]。『Daily Alaskan』は、リードが切り傷を負わずライフルの銃身をひっつかんだが、しかし格闘の最中にスミスが引き、自由にし、リードの腕を打ち、リードをめがけてまたライフルを振るった、と書いた[20]

リードは左手でライフル銃身をひっつかみ、圧し下げ、(もしまだ抜かれてないならば)右手で回転式拳銃を抜き、スミスに向けた。その瞬間に、スミスは「"My God, don't shoot!"」と叫んだと言われている。リードは引き金を引いたが、しかし撃鉄は欠陥カートリッジに当たった。リードがふたたび撃とうとしたとき、スミスがライフルをリードの死に物狂いの握りからぐいとひったくり、それをすぐにリードの方向に動かした[13][要ページ番号]

多くの報告は、男は両者ともにほぼ完全な斉射で発砲した、と述べている。それはあたかも1発発射されたかのように聞こえると言う人もいた。「ある目撃者は、あたかも銃が同時に火を吐いているかのように見えると言った。」("One witness said it looked as if the guns were spitting fire at the same time.")[21]その後、さまざまな証言によると、5発ないし9発の発砲が続いた。諸報告は、この男2人の射入傷合わせて5か所について記述しており、発砲数は最小で5回でなければならない[22]。応酬はすばやく行われた。リードは片脚に弾丸1発を受けた。リードはさらに2発発射し、1発はスミスの左腕をかすめ、もう1発は左膝の上方太ももに当り、貫通した。スミスはウィンチェスターに装填し、リードの下腹部鼠径部に弾丸1発を送った。リードは、重傷を負って板張りの上にうつぶせに倒れた[23][要ページ番号]。スミスが立ったままでいたのか、それとも彼もまた倒れたのかは不明である[22]

最初の銃撃の応酬から数秒後に、スミスの男らは、武器を抜き、負傷したリーダーに向かって走り始めた。マーフィーは急いでスミスに駆け寄り、両手からウィンチェスターをもぎ取り、ライフルをスミスの方に向けた。 これが、スミスが「"My God, don't shoot"」と叫んだ時だったと信じられているもう一つの瞬間であるが、しかしマーフィーは引き金を引き、心臓に弾丸を1発撃ち即座に彼を殺した[24]

マーフィーはその後、突進するギャングのメンバーらと向き合い、ライフルを彼らに向けて上げ、狙いを定めた。 ギャング・メンバー W・H・ジャクソンは回転式拳銃をタナーに向けた。彼はジャクソンは「ことによると20フィート(約6.096メートル)か30フィート(約9.144メートル)」("possibly twenty or thirty feet")離れていた、と証言した。タナーは武装しておらず、何もできなかった。ジャクソンは十中八九、マーフィーが今死んだボスのライフルを彼の方向に向けていることに気づいたであろう。 これが、銃撃音で会合を早すぎに終わらせた市民委員会からの男らの急接近とあいまって、ひょっとするとジャクソンに、タナーをねらってピストルを発砲しないように確信させたかもしれない。だれかがスミスの男らに向かって叫んだ「やつらがソーピーを殺した、もしおまえらがすぐに立ち去らないなら、やつらはおまえらをも殺すぞ」("They have killed Soapy, and if you don't clear out quick they will kill you too")。ギャングは自分たちが圧倒的に数でまさる銃撃戦にかかわりたくなくて、逃げた[24]

余波編集

 
ソーピー・スミスの墓
 
フランク・リードの墓

スミスの犯罪帝国は終わり、自警団のリーダーらが支配権を引き継ぎ、ソープ・ギャングを狩りたてた[25]。ダイイー駐屯のアメリカ陸軍は、戒厳令をしくぞと脅かした[26]

ギャングが逃げた後、タナーはリードのそばに駆け寄り、ピストルを求めた。それは彼の下敷きになっていた。リードは、自分は大けがをしている、と答えたが、しかしなんとか銃を転がし離した。からのシェル2つとカートリッジ1つを除けば、それはからであった。 12日後にリードは傷のために死亡した。リードの葬儀はスカグウェイの歴史の中で最大で[27]、彼の墓石には「彼はスカグウェイの名誉のために生命を捧げた」("He gave his life for the honor of Skagway")という言葉が刻まれた[28]。強盗と銃撃戦の6日後の1898年7月14日に、ジョン・スチュワートの金(きん)は、Jeff Smith's Parlorの背後の付属建物の中のソーピーのトランクの中から、自警団員らによって見つけられた。金(きん)のうち600ドルを除くすべてがそこにあった[29]


脚注編集

  1. ^ Smith、pp。435–36。
  2. ^ Smith, p. 471.
  3. ^ Smith, p. 528.
  4. ^ Smith, pp. 460–61.
  5. ^ Smith, p. 470.
  6. ^ Smith, pp. 467–68.
  7. ^ Smith, pp. 527–28.
  8. ^ Tacoma Times 12/27/1898.
  9. ^ a b Daily Alaskan Extra November 7, 1898
  10. ^ Skaguay News 07/15/1898.
  11. ^ Skaguay News July 15, 1898.
  12. ^ a b Daily Alaskan November 7, 1898
  13. ^ a b c d Skaguay News July 15, 1898
  14. ^ Smith, p. 439.
  15. ^ Smith, p. 530.
  16. ^ Smith, p. 562.
  17. ^ Smith, p. 540.
  18. ^ Smith, p. 532.
  19. ^ a b c d Smith, p. 533.
  20. ^ Daily Alaskan September 7, 1898
  21. ^ The Alaska Sportsman The Real Soapy Smith 11/1947 p. 39
  22. ^ a b Smith, p. 534.
  23. ^ Skaguay News November 7, 1898
  24. ^ a b Smith, p. 535.
  25. ^ Smith, pp. 562–74.
  26. ^ Smith, p. 570.
  27. ^ Mole, Rich. 2007. Gold Fever: Incredible Tales of the Klondike Gold Rush p.133
  28. ^ Pitcher, Don. 2007. Moon Alaska p.158
  29. ^ Smith. Jeff. 2009. Alias Soapy Smith: The Life and Death of a Scoundrel p.575

読書案内編集

  • Collier, William R. and Edwin V. Westrate, The Reign of Soapy Smith: Monarch of Misrule, New York: Doubleday, Doran, 1935.
  • Pullen, Harriet S., Soapy Smith Bandit of Skagway: How He Lived; How He Died, Stroller's Weekly Print, undated (early 1900s).
  • Robertson, Frank G. and Beth Kay Harris, Soapy Smith: King of the Frontier Con Men, New York: Hastings House, 1961.
  • Shea & Patten, The Soapy Smith Tragedy, The Daily Alaskan Print, 1907.

外部リンク編集