ジュライステークス

ジュライステークスJuly Stakes)はイギリスニューマーケット競馬場で行なわれる競馬の競走。2歳牡馬・騸馬・6ハロン(約1207メートル)で行われる。2013年の格付けはG2。

ジュライステークス
July Stakes
開催国 イギリスの旗イギリス
競馬場 ニューマーケット競馬場
ジュライコース
創設 1786年
2014年の情報
距離 芝6ハロン
(約1207メートル)
格付け G2
賞金 賞金総額80,000ポンド[1]
出走条件 2歳牡騸
負担重量 9ストーン(約57.15kg
※G1・G2勝馬は3ポンド(約1.36Kg)を加増。
テンプレートを表示

概要編集

ジュライステークスは現存するイギリスの2歳戦としては最古の歴史をもつ重賞である。毎年7月にニューマーケット競馬場の「ジュライコース」で行われる[2]

ニューマーケット競馬場には、春に2000ギニーなど主要な3歳戦を行なう「ローリマイルコース」と、この「ジュライコース」があり、ジュライコースは初夏の開催から使用されることになっている。この開催は「ニューマーケット・ジュライフェスティバル開催」と呼ばれる。このジュライフェスティバルや、6月のアスコット競馬場ロイヤルアスコット開催から、新しい世代である2歳馬が本格的に走り始める。

ジュライステークスは、シーズン終盤の2歳チャンピオン戦の一つ、ミドルパークステークスや、翌年の2000ギニーの有力候補馬を見出すための競走とされてきた[2]

近年の勝馬には、イギリスのチャンピオンスプリンターのグリーンデザート、古馬になってチャンピオンマイラーになったノヴェルなどがいる[2]

歴史編集

ジュライステークスは、イギリスの平地競走の中で、現存する2歳戦としては最古の歴史をもつ。

競馬は、もともとは年齢を重ねた古馬による長距離戦としてイギリスで発展してきたが、時間をかけて徐々に距離は短く、初出走年齢も徐々に若くなってきた。18世紀半ばにジョッキークラブがヒート戦の廃止を通達した。18世紀後半になると、3歳馬だけの競走としてセントレジャーステークスが創設され、1780年には当時の基準では短距離の部類となる1マイル半(約2400メートル)のダービーステークスが創設された[3]

2歳馬による競走も早いものでは18世紀半ばから行われていたが、2歳馬の競走に公式の許可が出たのは、1786年に創設された本競走が初である[3]。創設当初、エクリプスハイフライヤーの産駒は斤量に3ポンドの追加を行なうという規定があった[3]

創設時から牝馬にも門戸が開かれていたが、1977年に牝馬の出走が不可能となった。

2013年現在、ジュライステークスはニューマーケット競馬場のジュライフェスティバル開催の3日間の初日に開催される。

格付け編集

1971年にグループ制が布かれると、ジュライステークスはG3に格付けされた。2003年からはG2に昇格した。

歴代勝馬編集

1970年以前編集

  • ※印は競走馬の固有名が伝わっていないもの。かつては「名無し」の状態でも出走できたが、これらは「名無し」だったのか、固有名があったが伝わっていないのかは不明。
  • *印は日本輸入馬。
  • 1786: Bullfinch
  • 1787: Jubilator
  • 1788: Seagull
  • 1789: Ostrich
  • 1790: 父Saltramの牝馬※
  • 1791: Trumpetta
  • 1792: Cymbeline
  • 1793: 父Trumpatorの牝馬※
  • 1794: 父Volunteerの牡馬※
  • 1795: 父Anvilの牡馬※
  • 1796: Emigrant
  • 1797: Young Spear
  • 1798: Vivaldi
  • 1799: Skyrocket
  • 1800: Flambeau
  • 1801: Julia
  • 1802: Duckling
  • 1803: Ringtail
  • 1804: Newmarket
  • 1805: Pantaloon
  • 1806: Little Sally
  • 1807: Susan
  • 1808: Spindle
  • 1809: Cambric
  • 1810: Joke
  • 1811: Cato
  • 1812: July
  • 1813: Vittoria
  • 1814: Minuet
  • 1815: Belvoirina
  • 1816: Merrymaker
  • 1817: Loo
  • 1818: Miracle
  • 1819: Caroline
  • 1820: Gustavus
  • 1821: The Stag
  • 1822: Palais Royal
  • 1823: Reformer
  • 1824: Red Gauntlet
  • 1825: Crusader
  • 1826: Tom Thumb
  • 1827: Scribe
  • 1828: Green Mantle
  • 1829: The Mummer
  • 1830: Zany
  • 1831: Beiram
  • 1832: Forester
  • 1833: Zulima
  • 1834: Kate Kearney
  • 1835: The Athenian
  • 1836: Armenia
  • 1837: Mecca
  • 1838: Bulwark
  • 1839: Crucifix
  • 1840: Yorkshire Lad
  • 1841: Chatham
  • 1842: Extempore
  • 1843: Orlando
  • 1844: Old England
  • 1845: Queen Anne
  • 1846: Miami
  • 1847: Iodine
  • 1848: The Flying Dutchman
  • 1849: Sweetheart
  • 1850: Grecian
  • 1851: Hobbie Noble
  • 1852: The Reiver
  • 1853: Marsyas
  • 1854: The Bonnie Morn
  • 1855: Spindle
  • 1856: Drumour
  • 1857: Gin
  • 1858: Cynricus
  • 1859: Buccaneer
  • 1860: Dictator
  • 1861: Tolurno
  • 1862: Saccharometer
  • 1863: Cambuscan
  • 1864: Liddington
  • 1865: Robin Hood
  • 1866: Achievement
  • 1867: Lady Elizabeth
  • 1868: Ryshworth
  • 1869: Sunshine
  • 1870: Hannah
  • 1871: Sir Amyas
  • 1872: Somerset
  • 1873: Ecossais
  • 1874: Camballo
  • 1875: Levant
  • 1876: Warren Hastings
  • 1877: Strathfleet
  • 1878: Ruperra
  • 1879: Mask
  • 1880: Bal Gal
  • 1881: Kermesse
  • 1882: Macheath
  • 1883: Queen Adelaide
  • 1884: Luminary
  • 1885: Kendal
  • 1886: Enterprise
  • 1887: Friar's Balsam
  • 1888: Donovan
  • 1889: Loup
  • 1890: Beauharnais
  • 1891: Flyaway
  • 1892: Milford
  • 1893: Speed
  • 1894: Kirkconnel
  • 1895: Labrador
  • 1896: Velasquez
  • 1897: Mousme
  • 1898: Desmond
  • 1899: Captain Kettle
  • 1900: Doricles 及び Veles 同着
  • 1901: Sceptre
  • 1902: Hammerkop
  • 1903: Montem
  • 1904: Cicero
  • 1905: Gorgos
  • 1906: Traquair
  • 1907: Pearl of the Loch
  • 1908: Battleaxe
  • 1909: Prince Rupert
  • 1910: St Anton
  • 1911: White Star
  • 1912: Rock Flint
  • 1913: Ambassador
  • 1914: Roseland
  • 1915: Figaro
  • 1916: Grand Fleet
  • 1917: 中止(第1次世界大戦)
  • 1918: Buchan
  • 1919: Sarchedon
  • 1920: Monarch
  • 1921: Lembach
  • 1922: Legality
  • 1923: Diophon
  • 1924: Runnymede
  • 1925: Apple Sammy
  • 1926: The Satrap
  • 1927: Fairway
  • 1928: Mr Jinks
  • 1929: Teacup
  • 1930: Four Course
  • 1931: Riot
  • 1932: Colorow
  • 1933: Alishah
  • 1934: Hilla
  • 1935: Daytona
  • 1936: Foray
  • 1937: Mirza
  • 1938: Prometheus
  • 1939: 父Colomboの牡馬※
  • 1940: 中止(第2次世界大戦)
  • 1941: Ujiji
  • 1942: 中止(第2次世界大戦)
  • 1943: 中止(第2次世界大戦)
  • 1944: High Sheriff[補足 1]
  • 1945: Rivaz
  • 1946: Miss Stripes
  • 1947: Masaka
  • 1948: Nimbus
  • 1949: Diableretta
  • 1950: Big Dipper
  • 1951: Bob Major
  • 1952: Empire Honey
  • 1953: Darius
  • 1954: Tamerlane
  • 1955: Edmundo
  • 1956: Earl Marshal
  • 1957: Abelia
  • 1958: Greek Sovereign
  • 1959: *サウンドトラック
  • 1960: Favorita
  • 1961: Burning Thoughts
  • 1962: Romantic
  • 1963: Endless Honey
  • 1964: Ragtime
  • 1965: Sky Gipsy
  • 1966: Golden Horus
  • 1967: Lorenzaccio
  • 1968: Burglar
  • 1969: *ハンターコム
  • 1970: Swing Easy

補足編集

  1. ^ 第2次世界大戦のためウィンザー競馬場で代替開催

1971年以降編集

格付け 勝馬 備考
1971 G3 *ディープダイバー
1972 G3 Perdu
1973 G3 Dragonara Palace
1974 G3 Auction Ring
1975 G3 Super Cavalier
1976 G3 Sky Ship
1977 G3 Royal Harmony これ以降は牡馬・騸馬のみ
1978 G3 Main Reef
1979 G3 Final Straw
1980 G3 Age Quod Agis
1981 G3 End of the Line
1982 G3 Horage
1983 G3 Superlative
1984 G3 Primo Dominie
1985 G3 Green Desert
1986 G3 Mansooj
1987 G3 Sanquirico
1988 G3 Always Valiant
1989 G3 Rock City
1990 G3 Mujtahid
1991 G3 Showbrook
1992 G3 Wharf
1993 G3 First Trump
1994 G3 Fallow
1995 G3 Tagula
1996 G3 Rich Ground
1997 G3 Bold Fact
1998 G3 Bertolini
1999 G3 City on a Hill
2000 G3 Noverre
2001 G3 Meshaheer
2002 G3 Mister Links
2003 G2 Nevisian Lad
2004 G2 Captain Hurricane
2005 G2 Ivan Denisovich
2006 G2 Strategic Prince
2007 G2 Winker Watson
2008 G2 Classic Blade
2009 G2 Arcano
2010 G2 Libranno
2011 G2 Frederick Engels
2012 G2 Alhebayeb
2013 G2 Anjaal
2014[4] G2 Ivawood
2015[5] G2 Shalaa
2016[6] G2 Mehmas
2017[7] G2 Cardsharp
2018[8] G2 Advertise
2019[9] G2 Royal Lytham
2020 G2 Tactical

脚注編集

出典編集

  1. ^ IFHA Race Detail Portland Place Properties July Stakes
  2. ^ a b c ジュライステークスの歴史2013年11月28日閲覧。“(July Stakes)is often regarded as a potential trial for the 2000 Guineas”
  3. ^ a b c 『競馬 サラブレッドの生産および英国競馬小史』p226-232
  4. ^ 2014年レース結果 - racingpost、2014年7月11日閲覧
  5. ^ 2015年結果レーシングポスト、2015年7月10日閲覧
  6. ^ 2016年結果レーシングポスト、2016年7月8日閲覧
  7. ^ 2017年結果レーシングポスト、2017年7月14日閲覧
  8. ^ 2018年結果レーシングポスト、2018年7月14日閲覧
  9. ^ 2019年レース結果”. racingpost (2019年7月11日). 2019年7月13日閲覧。

参考文献編集

  • ジュライステークス歴代勝馬2013年11月28日閲覧。
  • 『競馬 サラブレッドの生産および英国競馬小史』デニス・クレイグ著、マイルズ・ネーピア改訂、佐藤正人訳、中央競馬ピーアールセンター刊、1986

関連項目編集