ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

アメリカの映画作品、『ジュラシック・パークシリーズ』第6作目

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(ジュラシック・ワールド/あらたなるしはいしゃ、原題: Jurassic World: Dominion)は、2022年アメリカ合衆国SFアドベンチャー映画。監督はコリン・トレヴォロウ、脚本はエミリー・カーマイケル英語版が務める。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)の続編で、「ジュラシック・パーク」フランチャイズの第6作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第3作目であり、完結編である。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
Jurassic World: Dominion
監督 コリン・トレヴォロウ
脚本 コリン・トレヴォロウ
エミリー・カーマイケル英語版
原案 コリン・トレヴォロウ
デレク・コノリー英語版
原作 キャラクター創造
マイケル・クライトン
製作 フランク・マーシャル
パトリック・クローリー
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
コリン・トレヴォロウ
出演者 クリス・プラット
ブライス・ダラス・ハワード
イザベラ・サーモン
ローラ・ダーン
ジェフ・ゴールドブラム
サム・ニール
ディワンダ・ワイズ英語版
ママドゥ・アティエ
B・D・ウォン
オマール・シー
キャンベル・スコット
音楽 マイケル・ジアッチーノ
撮影 ジョン・シュワルツマン
編集 マーク・サンガー英語版
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ
ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2022年6月10日
日本の旗 2022年7月29日
上映時間 146分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $373,167,520[1]
世界の旗 $974,585,520[1]
前作 ジュラシック・ワールド/炎の王国
テンプレートを表示

ユニバーサル・ピクチャーズによる配給で、アメリカでは2021年6月11日に公開予定だったが、後に1年後の2022年6月10日に延期された[2]日本では2022年7月29日公開[3][4][5]

アラン・グラント役のサム・ニールとエリー・サトラー役のローラ・ダーンが21年ぶりにシリーズ作品に出演した[6]

ストーリー

イスラ・ヌブラル島からアメリカ本土に連れてこられた恐竜たちが、メイジー・ロックウッドの手で人間の世界に解き放たれてから、4年の月日が流れた。恐竜たちは繁殖して世界中に生息地を広げ、今や地球は、現旧の地上の支配者である「人間」と「恐竜」が混在する新たな世界「ジュラシック・ワールド」と化していた。恐竜たちによる人間社会への被害が問題になる中、恐竜を欲望のために利用する人間達もいた。そんな中、かつて恐竜のテーマパーク「ジュラシック・パーク」を建造したインジェン社のライバル企業であったバイオシン社が、CEOのルイス・ドジスンの指揮の下、イタリアのドロミーティ山脈に恐竜の保護施設「バイオシン・サンクチュアリ」を設立した。

オーウェンクレアは、恐竜の保護活動をしながら、シエラネバダの麓でメイジーと共に暮らしていた。二人はメイジーを実の娘のように思い育ててきたが、特異な存在である彼女の身の安全を考え、メイジーの行動範囲を厳しく制限していた。13歳になり思春期に入ったメイジーは、そういった行動制限を疎ましく思っており、今の生活を窮屈に感じて自由を求めていた。すぐ近くの森には、オーウェンがかつてジュラシック・ワールドで調教したヴェロキラプトルのブルーと、ブルーの子供のベータが住んでいた。

ある日、オーウェン達に反発して外出したメイジーが、ベータ共々、密猟者のレイン・デラコートに攫われてしまう。2人は密猟者を追跡し、恐竜の闇取引が行われている地中海のマルタ島を訪れる。そこでオーウェン達は、かつてジュラシック・ワールドで共にラプトルを調教した同僚であり、今はCIAとなっていたバリーの手引きで、闇市場に施入する。そこで、メイジーとベータが闇市場を牛耳るソヨナ・サントスの手からバイオシン社に引き渡され、バイオシン・サンクチュアリに移送されたことを突き止めるが、サントスが放ったアトロキラプトルに追われることになる。街中でアトロキラプトルと激しいチェイスを繰り広げ、クレアは闇市場で知り合ったパイロットのケイラに助けられ、オーウェンは危機一髪のところでアトロキラプトルを振り切り、二人はケイラの操縦する飛行機でバイオシン・サンクチュアリに向かう。

同じ頃、アメリカの中西部では、大量発生した巨大なイナゴに農家の穀物畑が食い荒らされる被害が多発していた。その調査のため現場の農場を訪れた古植物学者エリー・サトラー博士は、バイオシン社が開発した種を使用したという近隣の農場が巨大イナゴの被害を全く受けていないことに気付き、疑念を抱く。このまま巨大イナゴの被害が拡大すれば世界の食料供給が重大な危機に晒されると考えたエリーは、捕獲した巨大イナゴを持って、顔馴染みの古生物学者のアラン・グラント博士に協力を要請する。アランはイナゴを詳しく調べ、白亜紀の生物の特徴があることに気付き、バイオシン社がイナゴに白亜紀の生物のDNAを組み込んで改良しているのではないかという仮説を立てる。二人はそれを確かめるため、かつて共にジュラシック・パーク事件の当事者であった数学者で、今はバイオシン社に雇われているイアン・マルコム博士のつてでバイオシン・サンクチュアリに向かう。

それぞれの目的で、バイオシン・サンクチュアリに向かうオーウェン一行とアラン一行。その先では、バイオシン社が企む陰謀と、史上最大の肉食恐竜ギガノトサウルスの脅威が待ち受けていた。

キャスト

主要人物

オーウェン・グレイディ
演 - クリス・プラット、日本語吹替 - 玉木宏[7][8]
主人公。ジュラシック・ワールドの元恐竜監視員。現在はシエラネバダの麓でクレアやメイジーと暮らしている。
近辺に出没した恐竜の保護を行う傍ら、メイジーの養育に苦労している。
クレア・ディアリング
演 - ブライス・ダラス・ハワード、日本語吹替 - 木村佳乃[7][8]
ジュラシック・ワールドの元管理責任者。恐竜保護グループ「Dinosaur Protection Group(略称:DPG)」のリーダー。
メイジーの養育とともにDPGの活動も続けるが、絶えない密猟・密売を撲滅しようと無茶をしでかすことが多くなり、ジアやフランクリンからは難色を示されている。
メイジー・ロックウッド[9]
演 - イザベラ・サーモン、日本語吹替 - 住田萌乃[8]
クローン人間。恐竜たちを人間の世界へと開放した張本人。
13歳の思春期に入り、自身のアイデンティティへの悩みから、彼女の安全を考え遠出をしないよう釘を刺すオーウェンやクレアとの喧嘩が絶えなかった。バイオシン社の依頼を受けたデラコート達によってベータ共々攫われる。
アラン・グラント
演 - サム・ニール、日本語吹替 - 菅生隆之[10][8][11]
古生物学者。かつてのイスラ・ヌブラル島事件の当事者の一人で、後にカービー一家に巻き込まれてイスラ・ソルナ島でもサバイバルを経験した。
現在はモンタナ州からユタ州に調査の拠点を変えていたが、エリーに誘われバイオシン社の陰謀を探る旅に出る。
エリー・サトラー
演 - ローラ・ダーン、日本語吹替 - 井上喜久子[10][8]
古植物学者。かつてのイスラ・ヌブラル島事件の当事者の一人。
3作目では外交官のマーク・デグラーと結婚し2児を授かっていたが、現在は離婚し子ども達も巣立ったため、再び学者として復帰した。
全米で問題となっている巨大イナゴが、バイオシン社によって引き起こされたバイオハザードであることに勘付き、アランと共に調査に乗り出す。
イアン・マルコム
演 - ジェフ・ゴールドブラム、日本語吹替 - 大塚芳忠[10][8]
数学者で、カオス理論の専門家。かつてのイスラ・ヌブラル島事件の当事者の一人で、サンディエゴ事件の当事者でもある。
現在はバイオシン社に雇われつつ、ドジスンの陰謀を探っており、エリー達に協力する。
ケイラ・ワッツ
演 - ディワンダ・ワイズ英語版[12]、日本語吹替 - 伊藤沙莉[13][8]
オーウェンとクレアの任務を支援する元空軍パイロット。登場時点では密輸業の下請けに加担しており、愛機C-119 (航空機)[14]を操る。初期設定ではジアと同様に元海軍のDPGの新しい獣医という設定だった。

バイオシン社

ルイス・ドジスン[15]
演 - キャンベル・スコット、日本語吹替 - 井上和彦[10][8]
インジェン社のライバル企業「バイオシン社」のCEO。遺伝学者。
表向きは慈善家として、ドロミーティに設立した本部「バイオシン・サンクチュアリ」にて、世界各地から集められた恐竜達を保護している。しかし、その裏ではサントスをはじめとする密売人と内通し、恐竜の横流しを行っている。
絶滅種のDNAを組み込んだイナゴを用いたバイオハザードを引き起こして、世界の食糧事情を一変させようと目論む。
ジュラシック・パーク』ではキャメロン・ソアが演じており、インジェン社が開発した恐竜の胚を盗み出そうと画策し、ジュラシック・パークのプログラマーだったネドリーと結託。ネドリーに、シェービングクリームのスプレー缶に偽装した胚の保護装置を手渡していた。
ラムジー・コール
演 - ママドゥ・アティエ、日本語吹替 - 日野聡[10][8]
バイオシン社の広報部長。
ドジスンの企みをマルコムから知らされ、アラン達に協力する。
ヘンリー・ウー
演 - B・D・ウォン、日本語吹替 - 近藤浩徳[10][8]
かつてジュラシック・パークとジュラシック・ワールドの研究チームのリーダーを務めていた遺伝学者。
現在はバイオシン社に雇われており、ドジスンの計画するバイオハザードに与するが、良心の呵責に耐え兼ねて贖罪の術を探す。

恐竜密売市場

ソヨナ・サントス
演 - ディーチェン・ラックマン英語版[16]、日本語吹替 - 高山みなみ[10]
マルタ島を拠点に恐竜密売の闇市場を牛耳る女。
バイオシン社と内通しており、ドジスンからの依頼でデラコート達にメイジーとベータを攫わせ、報酬としてアトロキラプトル4頭を受け取る。
レイン・デラコート
演 - スコット・ヘイズ英語版[17]、日本語吹替 - 宮下栄治[8]
サントスの部下で、現在指名手配中の密猟者。彼女からの指示で、ベータとメイジーを攫った。
初期設定ではゼイン・マキシンという名前であった。

CIA

フランクリン・ウェブ
演 - ジャスティス・スミス、日本語吹替 - 満島真之介[18][8]
5作目に登場したDPGのITエンジニア。
無茶を繰り返すようになったクレアに耐え兼ね、かねてより勧誘されていたCIAの野生生物管理部門に転職した。だがメイジーとベータが攫われた際は、デラコートの素性やマルタ島での取引等の情報を提供し、オーウェン達をサポートした。
ジア・ロドリゲス
演 - ダニエラ・ピネダ、日本語吹替 - 石川由依[10][8]
5作目に登場したDPGの獣医師。
フランクリンと同じく、無茶を繰り返すようになったクレアには難色を示している。
バリー・センベーヌ
演 - オマール・シー[19]、日本語吹替 - 安元洋貴[10][8]
オーウェンの友人。4作目では、オーウェンと共にヴェロキラプトルの訓練を担当していた。
現在はかつてのパーク職員達と共にCIAの捜査官となり、マルタ島でサントスをはじめとする恐竜の密売人を追っている。
ワイアット・ハントリー
演 - クリストファー・ポラーハ
バリーの部下。恐竜密売市場に潜入し、デラコートの右腕として働く。
ジェレミー・バーニエ
演 - ケイレブ・ヒアロン英語版、日本語吹替 - かぬか光明[8]
アナリスト。

その他

シャーロット・ロックウッド
演 - イザベラ・サーモン(少女期)、エルヴァ・トリル英語版(壮年期)、日本語吹替 - 住田萌乃(少女期)、平田裕香(壮年期)
ベンジャミン・ロックウッドの娘で、メイジーのオリジナルとされる人物。故人。
生前は遺伝学者で、エリーやヘンリーも一目置いていた秀才だった。
ゲンマ
演 - ジャスミン・チウ、日本語吹替 - 早見沙織[10][8]
ペレス
演 - テレサ・チェンドン・ガルシア、日本語吹替 - 水野ゆふ[8]
農婦。
シーラ
演 - ヴァラダ・セィスー英語版、日本語吹替 - 川庄美雪[8]
DFWの職員。
タイラー
演 - ベン・アシェンデン英語版、日本語吹替 - 時永ヨウ[8]
ジェフリー
演 - ジョエル・エルフェリンク、日本語吹替 - 野沢聡[8]

この他にも、ディミトリ・シバイオスがマルタ島の傭兵役で出演している。

登場する恐竜・古生物

肉食恐竜

ヴェロキラプトル
ブルー
4作目より登場した、オーウェンによって飼育・訓練されてきた雌のヴェロキラプトル。5作目の騒動の後、シエラネバダの麓を縄張りとして暮らしてきた。
オオトカゲ科のDNAを組み込まれた影響で、単為生殖によりベータを産んだ。ベータが攫われた際は、宥めようとするオーウェンに尻尾で攻撃し掌に怪我を負わせるほど動揺していた。
ベータ
ブルーが単為生殖により生んだ娘。命名者はメイジー。
メイジーと共に貴重な存在としてバイオシン社に捕らえられてしまう。
ティラノサウルス[20]
1作目・4作目・5作目に登場した雌の固体。ファンから「レクシィ」の愛称で呼ばれている。
5作目の騒動の後、ドライブインシアターの会場に迷い込んだところを合衆国魚類野生生物局に捕らえられ、バイオシン・サンクチュアリへと移送された。
プロローグではオリジナルとなった個体がギガノトサウルスとの一騎打ちに敗れていたが、現在でも力関係はギガノトサウルスの方が上となっている。
ギガノトサウルス[21]
史上最大の肉食恐竜で、「ギガ」の愛称で呼ばれる。劇中でのオーウェンの台詞によると「メス」だが、ジュラシック・ワールドPOP UPのパネルによると「オス」の個体である。
プロローグではティラノサウルスを打ち負かしており、バイオシン・サンクチュアリでも頂点捕食者として君臨している。
トレヴォロウによるとジョーカーを意識したキャラクター像で描かれている。
アトロキラプトル[22]
ヴェロキラプトルより大型で獰猛な肉食恐竜。ゴーストタイガーパンテーラレッドの4頭が登場。
バイオシン社により、5作目のインドラプトルのようにレーザーポインターで示した標的を殺すまで追い続けるよう遺伝子操作・調教が施されている。
メイジーとベータを攫ってきた報酬としてサントスに引き渡され、彼女の指示でオーウェン達に襲い掛かる。
ピロラプトル[22]
ヴェロキラプトルやアトロキラプトルとは異なり、全身が赤い羽毛で覆われている。
バイオシン・サンクチュアリの凍った湖に不時着したオーウェンとケイラの前に現れ、水中を水鳥のように泳いだりとトリッキーな攻撃で二人に襲い掛かる。
ディロフォサウルス[3][5]
4作目・5作目にもカメオ出演していたが、1作目から29年ぶりに生体が登場する。
バイオシン・サンクチュアリに不時着したクレアを襲うが、オーウェンとケイラに撃退された。
アロサウルス[23]
前日談『バトル・アット・ビッグ・ロック』でのトレーラーハウスを襲う光景が冒頭のニュースで登場している他、マルタ島の闇市で成体と幼体が捕らえられている。幼体は他の肉食恐竜の幼体と、闘犬闘鶏のように戦わされている。
サントス達の逮捕の際に成体が逃げ出し、密売人や島民を襲った。
カルノタウルス[23]
マルタ島の闇市で左の角が欠けた成体と幼体が捕らえられている。
サントス達の逮捕の際に逃げ出し、成体は密売人や島民を襲い、幼体はデラコートの片腕に噛み付いた。
バリオニクス
マルタ島の闇市で左腕が義手になった幼体が捕らえられている。
サントス達の逮捕の際に、目の前で転倒したデラコートを食い殺した。
コンプソグナトゥス
『バトル・アット・ビッグ・ロック』での幼児を襲う光景の他、チーターに襲われる光景が冒頭のニュースで登場している。
マルタ島の闇市では食用として捕らえられ、丸焼きなどが売られていた。
モロス[21]
劇中では実際よりもかなり小型の恐竜として描かれている。
プロローグではナイルチドリのようにギガノトサウルスの周りをうろつき、バイオシン社本部ではトビネズミを餌に飼育されている。
オヴィラプトル[21]
プロローグにて、他の恐竜の卵を食べていた。

植物食恐竜

ナーストケラトプス[21]
ネバダ州の牧場で、密売目的で違法に飼育・繁殖させられていたのをクレア達が摘発。その中で衰弱した1頭の幼体が彼女たちに保護され、取り返そうと追いかけてきた牧場主たちを成体が撃退した。
その後は牧場が閉鎖されたことで、保護された幼体たちはバイオシン・サンクチュアリへと移送された。
プロローグでも、大群で移動する姿が描かれた。
シノケラトプス
ナーストケラトプスと共に、密売目的でネバダの牧場で違法に飼育されていた。
なお本作では、パキリノサウルスなど複数の角竜のDNAが組み込まれていることが明かされている。
アパトサウルス[3][4][5]
シエラネバダの麓の町中に2頭が出没するが、メイジーの助言を受けた作業員たちに誘導され森へと帰った。
パラサウロロフス[3][4][5]
シエラネバダの麓で暮らしている群れが、オーウェン達に保護された。
ドレッドノータス[21]
バイオシン・サンクチュアリで飼育されている恐竜の中では最大の体躯を誇る。
プロローグでは、最初に登場している。
テリジノサウルス
本来は植物食だが、サイのように視力が弱いため、非常に縄張り意識が強く気性が荒い恐竜として描かれている。
また、独特の鳴き声を反響定位として利用している。野球のバット程もある長く鋭い爪が特徴。
ミクロケラトゥス
マルタ島の闇市で捕らえられている他、生前のシャーロットのビデオ日記にも登場している。
アンキロサウルス
アメリカ本土の森林に定着している。
イグアノドン[21]
プロローグでギガノトサウルスとティラノサウルスの争いに巻き込まれないよう逃げている様子が描かれた他、バイオシン・サンクチュアリでも飼育されている。
ガリミムス
バイオシン・サンクチュアリで飼育されている。

恐竜以外の生物

ケツァルコアトルス[21]
最大の翼竜。1組の番が大都市の高層ビルに営巣していた他、バイオシン・サンクチュアリでも飼育されている。
ディメトロドン
バイオシン社本部の地下にあるかつての琥珀の採掘場に住み着いている。
バイオシン社から逃げようとして地下に迷い込んだアラン、エリー、メイジーに襲い掛かる。
プテラノドン
バイオシン・サンクチュアリで飼育されている。
ディモルフォドン
小型故にペット目当ての密売が横行しており、マルタ島の闇市では鳥かごに入れられて売られている。
モササウルス[23]
ベーリング海で蟹漁の漁船を襲うなど、各地の海で問題を引き起こしている。
リストロサウルス
マルタ島の闇市で捕らえられている。
意外と気性が荒く、サントス達の逮捕の際にはデラコートの片腕に噛み付いた。

制作

脚本

脚本は前前作と前作に続くコリン・トレヴォロウと共にエミリー・カーマイケル英語版が執筆すること、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグが就くことも2018年2月時点で明かされていた[24]

2018年4月にトレヴォロウは、前前作『ジュラシック・ワールド』と前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』をそれぞれアクションアドベンチャーとホラーサスペンスに分類し、本作が映画第1作『ジュラシック・パーク』に原点回帰したサイエンススリラーになる旨のコメントを発表した。シリーズの主要人物であるオーウェンとクレアが引き続き中心人物となることと、『炎の王国』で初登場したメイジーも物語の鍵を握る可能性があることも、この時点で公表されていた[25]。2019年9月には『ジュラシック・パーク』の登場人物であるアラン・グラント、エリー・サトラー、イアン・マルコムが重要人物として再登場することが明かされた[26]

2021年6月には、トレヴォロウのツイートで羽毛恐竜の登場が明かされた[21]。同月には本作の舞台が前作から4年後の2022年であることも発表された。ジュラシックシリーズは映画の公開年と劇中の時代設定が共通しており、その流れを踏襲した形になっている[27]

撮影

2018年3月には、コリン・トレヴォロウが前前作以来の同シリーズ監督への復帰を果たすことが報じられた[28]。トレヴォロウはスピルバーグから直々のオファーを受けて監督を引き受けたという[25]

米国時間で2020年2月25日に撮影が開始されるとともに、原題 Jurassic World: Dominion が発表された[2][29]。しかし新型コロナウイルス感染症の流行の影響を受け、2020年3月13日には撮影の中断・延期が発表された[30]。その後はリモートワークにより製作が進行し、イギリス時間で7月6日からパインウッド・スタジオで撮影が再開された。7月9日にスタッフから新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認され、再度の中断が報じられたものの、7月10日にユニバーサル・スタジオが報道を否定。500万ドルを投じた消毒や検査などの対策の下で撮影が進行している[31]

公開

前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の公開以前に本作は構想が持ち上がっており、ユニバーサルにより2021年6月11日に公開予定であることが2018年2月に発表された[24]。しかし新型コロナウイルス感染症の流行を受けてスケジュール調整を強いられ、2020年10月には2022年6月10日への公開延期が発表された[2]

本作の冒頭映像は2021年公開の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のIMAX版の上映館にて本編開始前に上映され[32]、2021年11月にはインターネット上で公開された[33]。映像では白亜紀に生息する恐竜の生態や、将来的に琥珀から回収される蚊に血を吸われる様子が描写されたほか、前作で現代に拡散した恐竜が被害をもたらす様子が描かれた[20][33]

日本での展開

2022年2月14日、正式邦題『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』と、2022年7月29日に全国公開される予定であることが明かされた[3][4][5]。5月2日には玉木宏木村佳乃がそれぞれオーウェン役とクレア役の吹替版声優として続投することが報じられた[7][23]

6月30日には『ジュラシック・パーク』の登場人物の吹替声優が発表され、マルコム役は大塚芳忠が続投し、グラント役は菅生隆之、サトラー役は井上喜久子が新たに起用されることが発表された。[10]

脚注

  1. ^ a b “Jurassic World Dominion”. Box Office Mojo. https://www.boxofficemojo.com/release/rl4043671041/?ref_=bo_da_table_16 2022年8月17日閲覧。 
  2. ^ a b c SAWADY (2020年10月7日). “『ジュラシック・ワールド』第3作が丸1年延期、2022年6月米公開に”. THE RIVER.com. https://theriver.jp/jw3-delayed-202206/ 2020年10月7日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 「ジュラシック・ワールド」新作、邦題&公開日決定! 注目ポイント満載の新予告も披露”. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2022年2月13日). 2022年2月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』7.29日本公開 オールスター集結の最新予告解禁”. クランクイン!!. ブロードメディア (2022年2月13日). 2022年2月14日閲覧。
  5. ^ a b c d e 最新作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』7・29、日本公開 最新予告映像”. オリコン (2022年2月14日). 2022年2月14日閲覧。
  6. ^ 『ジュラシック・ワールド』サム・ニール、グラント最大の後悔はエリーとの破局 21年ぶり再演への思い”. シネマトゥデイ (2022年6月10日). 2022年6月14日閲覧。
  7. ^ a b c “『ジュラシック・ワールド』完結編、玉木宏&木村佳乃が吹替続投 レジェンド&新恐竜登場の予告編公開”. シネマトゥデイ. (2022年5月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0129986 2022年5月2日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2022年7月29日). 2022年7月29日閲覧。
  9. ^ Jurassic World 3: An Updated Cast List
  10. ^ a b c d e f g h i j k “『ジュラシック・ワールド』完結編、グラント博士は菅生隆之!大塚芳忠・井上喜久子ら声優発表”. シネマトゥデイ. (2022年6月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0130978 2022年6月30日閲覧。 
  11. ^ ジュラシック・パーク』では富山敬、『ジュラシック・パークIII』では小川真司が演じていたが両名とも故人となっている。
  12. ^ 'Jurassic World 3' Lands DeWanda Wise”. Deadline. 2019年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月19日閲覧。
  13. ^ “伊藤沙莉が「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」で新キャラの吹替担当”. 映画ナタリー. (2022年5月26日). https://natalie.mu/eiga/news/478966 2022年5月26日閲覧。 
  14. ^ コックピット前に段差がないためC-82ではなくC-119
  15. ^ Jurassic World 3 Adds Campbell Scott as Key Character from Original | Collider
  16. ^ 'Jurassic World 3': 'Altered Carbon' & 'Animal Kingdom' Actress Dichen Lachman Joins Cast”. Deadline. 2020年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月19日閲覧。
  17. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年2月19日). “'Jurassic World 3': 'Venom' & 'Antlers' Actor Scott Haze Joins Colin Trevorrow Pic”. Deadline Hollywood. 2020年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月19日閲覧。
  18. ^ “満島真之介、アフレコ15分で終了の映画イベント参加に恐縮 「辞書みたいな台本」来るも”. Drama&Movie by ORICON NEWS. (2022年6月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2238129/full/ 2022年6月30日閲覧。 
  19. ^ Jake Johnson, Omar Sy to Return for New 'Jurassic World' Movie”. The Hollywood Reporter. 2020年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月19日閲覧。
  20. ^ a b ティラノサウルスがスクリーンの前で咆哮!『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』プロローグ映像&デジタルポスター”. ムビッチ. サードアイ (2021年11月28日). 2021年12月3日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h 市川遥 (2021年6月10日). “『ジュラシック・ワールド』第3弾、羽毛が生えた恐竜登場!”. シネマトゥデイ. 2021年6月25日閲覧。
  22. ^ a b Ryanleston (2021年12月21日). “「ジュラシック・ワールド」最新作よりバイクに乗ったクリス・プラットとそれを追う恐竜の画像が公開”. IGN Japan. 2021年12月24日閲覧。
  23. ^ a b c d 『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』圧巻の新予告解禁 吹替キャスト・玉木宏&木村佳乃の続投も決定”. クランクイン! (2022年5月1日). 2022年5月22日閲覧。
  24. ^ a b 市川遥 (2018年2月22日). “『ジュラシック・ワールド』第3弾にして最終章、2021年6月公開!”. シネマトゥデイ. 2021年6月25日閲覧。
  25. ^ a b 倉本拓弥 (2018年4月19日). “『ジュラシック・ワールド』第三弾はスピルバーグテイストで原点回帰?”. シネマトゥデイ. 2021年6月25日閲覧。
  26. ^ 入倉功一 (2019年9月25日). “『ジュラシック・ワールド』最新作、グラント博士再び!ジュラシック・パーク組の出演決定!”. シネマトゥデイ. 2021年6月25日閲覧。
  27. ^ SAWADY (2021年6月14日). “『ジュラシック・ワールド』第3作は『炎の王国』から4年後が舞台 ─ こだわりの同時代性、監督が説明”. The River. 2021年6月25日閲覧。
  28. ^ 入倉功一 (2018年3月31日). “『ジュラシック・ワールド』最終章となる第3弾の監督が決定!”. シネマトゥデイ. 2021年6月25日閲覧。
  29. ^ 稲垣貴俊 (2020年2月26日). “『ジュラシック・ワールド』第3作、ついに撮影開始 ─ 副題『ドミニオン』に決定、その意図とは”. The River. riverch. 2020年3月20日閲覧。
  30. ^ 稲垣貴俊 (2020年3月15日). “『ジュラシック・ワールド』第3作、撮影中断が決定 ─ 新型コロナウイルスの影響、2021年6月米公開”. The River. riverch. 2020年3月20日閲覧。
  31. ^ 稲垣貴俊 (2020年7月11日). “『ジュラシック・ワールド』第3作、イギリスで撮影再開 ─ 厳重な感染対策のもと進行中”. The River. riverch. 2020年7月11日閲覧。
  32. ^ 源 (2021年6月10日). “全世界待望シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』IMAX劇場で最新特別映像が今夏上映決定!”. SCREEN ONLINE. 2021年6月22日閲覧。
  33. ^ a b 『ジュラシック・ワールド』最新作、5分超プロローグ映像に現れる恐竜たちの“衝撃””. オリコン (2021年11月25日). 2021年11月25日閲覧。

外部リンク