メインメニューを開く

ジュリアノ・タデュー・アランダ

ブラジルのサッカー選手

マグロン(Magrão)こと、ジュリアノ・タデュー・アランダ(Giuliano Tadeo Aranda、1974年2月21日 - )は、ブラジルサンパウロ州サントアンドレ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションフォワード

マグロン Football pictogram.svg
名前
本名 ジュリアノ・タデュー・アランダ
Giuliano Tadeo Aranda
愛称 マグロン
ラテン文字 MAGRÃO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1974-02-21) 1974年2月21日(45歳)
出身地 サントアンドレ
身長 192cm
体重 84kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1994 ブラジルの旗 SEパルメイラス
1995 ブラジルの旗 ゴイアスEC
1996 ブラジルの旗 コリチーバFC
1996-1997 日本の旗 ヴェルディ川崎
1998 ブラジルの旗 SEパルメイラス
1999 スペインの旗 CDバダホス
1999 ブラジルの旗 グレミオFBPA
2000 ブラジルの旗 ボタフォゴFR
2001 ブラジルの旗 ADサンカエターノ
2002-2004 日本の旗 ガンバ大阪
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

ブラジルの名門SEパルメイラスを経て、1996年途中にヴェルディ川崎に加入。当時人気だったカズと2トップを組み、途中加入ながら公式戦23試合16得点という驚異的な記録を残した。しかし翌1997年は、リーグ戦6得点と活躍できずにこのシーズン限りでヴェルディ川崎を退団。

その後、ブラジル、スペインのチームを転々とした後、2002年ADサンカエターノからガンバ大阪に完全移籍。当時はJリーグに少なかった192cmの長身を生かしたヘディング、ポストプレーは相手選手から恐れられ、この年リーグ戦で22ゴールと抜群の得点力を発揮した(得点王は26ゴールの高原直泰)。翌年の2003年は、得点自体は15ゴールと減ったが、ポストプレーでチームの起点となるプレーで2年連続でガンバ大阪のエースとして活躍した。しかし2004年は、怪我の影響で5得点に留まり、この年限りでガンバ大阪を退団した。

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1992 パルメイラス 5 1
1993 1 0
1994 2 0
1995 ゴイアス 13 10
1996 コリチーバ
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 V川崎 - J 14 13 6 2 3 1 23 16
1997 22 9 6 4 0 0 0 13 6
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1998 パルメイラス 11 1
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
1998-99 バダホス セグンダ 5 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1999 グレミオ 14 5
2000 ボタフォゴ 15 1
2001 サンカエターノ 23 11
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 G大阪 9 J1 29 22 8 6 2 1 39 29
2003 24 15 4 2 2 1 30 18
2004 10 5 5 1 0 0 15 6
通算 ブラジル
日本 J1 86 61 27 11 7 3 120 75
スペイン 5 0
総通算

その他の公式戦

タイトル編集

代表歴編集

関連項目編集

外部リンク編集