ジュリアン・イングラシア

ジュリアン・イングラシアJulien Ingrassia1979年11月26日 - )は、フランス出身のコ・ドライバー。2008年の世界ジュニアラリー選手権(JWRC)、2013〜2018年の世界ラリー選手権 (WRC) ドライバーズチャンピオンであるセバスチャン・オジェのパートナー。

ジュリアン・イングラシア
2013年ラリー・ドイチュラントにて
2013年ラリー・ドイチュラントにて
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 ブーシュ=デュ=ローヌ県エクス=アン=プロヴァンス
WRCでの経歴
活動時期 2008 -
所属チーム シトロエンフォルクスワーゲンMスポーツフォード)、トヨタ
出走回数 152
チャンピオン回数 6(2013 - 2018
優勝回数 48
表彰台回数 81
ステージ勝利数 570
通算獲得ポイント 2247
初戦 2008 ラリー・メキシコ
初勝利 2010 ラリー・ポルトガル
最終勝利 2020 ラリー・メキシコ
最終戦 2020 ラリー・メキシコ
テンプレートを表示

略歴編集

元々コカ・コーラの社員だったイングラシアは2002年にラリーデビューし、2004年からフランスの大会に出場した。2006年にFFSAチームにて、オジェと出会いプジョー・206で最初の勝利を飾った。2008年-2011年、2019年にシトロエン、2012年-2016年までにはフォルクスワーゲン、2017年-2018年にMスポーツ、2020年にはトヨタに移籍する彼の良きパートナーとして支えた。

人物編集

  • クールなオジェに対してイングラシアは陽気でムードメーカーな性格であり、ラリー・メキシコでは覆面レスラーのようなパフォーマンスをする。

外部リンク編集