ジュリアン・イングラシア

ジュリアン・イングラシア

ジュリアン・イングラシアJulien Ingrassia1979年11月26日 - )は、フランス出身のコ・ドライバー。2008年の世界ジュニアラリー選手権(JWRC)、2013〜2018年の世界ラリー選手権 (WRC) ドライバーズチャンピオンであるセバスチャン・オジェのパートナー。

略歴編集

2002年にラリーデビューし、2004年からフランスの大会に出場した。 2006年にFFSAチームにて、オジェと出会いプジョー・206で最初の勝利を飾った。2008年-2011年、2019年にシトロエン、2012年-2016年までには、当時ポロRWRCの開発を行っていたフォルクスワーゲン、2017年よりMスポーツ、2020年にはトヨタに移籍する彼の良きパートナーとして支えた。

外部リンク編集