メインメニューを開く

ジュリアン・コーベット

ジュリアン・コーベット(Julian Corbett, 1854年12月12日 - 1922年9月21日)はイギリス海軍史と海軍戦略を専門としていた軍事学者であり、『海洋戦略の諸原則』の著者として知られる。

経歴編集

1854年生まれ。ケンブリッジ大学法学を学び、1879年に法廷弁護士となる。

1882年に弁護士の仕事を退き、インドアメリカの海外旅行を経て、1986年からは作家として歴史小説を執筆している。

1896年に16世紀のスペイン戦争を主題とした文章の編集を依頼され、その後は海軍史の研究によってその名前が知られる。

1898年に発表した『ドレークテューダー朝の海軍』『ドレークの後継者』はコーベットの歴史家としての業績が評価された初期の作品である。

1899年に結婚し、1902年にイギリスの海軍大学校の講師として教鞭をとるようになる。翌1903年にオックスフォード大学イギリス史の講義を担当した。

また研究者としての活動だけでなく、1905年にはイギリス海軍本部の非公式の顧問も勤めた。

1910年の『トラファルガーの海戦』と1911年の『海洋戦略の諸原則』はイギリス海軍の中で広く読まれ、第一次世界大戦においても海軍の嘱託として勤務した。

終戦後も第一次世界大戦の戦史の研究に取り組み続けていたが、1922年に死去。

著作編集

  • 小説
    • The Fall of Asgard (1886)
    • For God and Gold (1887)
    • Kophetua XIII (1889)
    • A Business in Great Water
  • 論文
    • Drake and the Tudor Navy, a history of the rise of England as a naval power (1899)
    • The successors of Drake (1900)
    • England in the Mediterranean, British power within the straight (1603-1713) (1904)
    • Fighting Instructions (1530-1816)
    • England in the Seven Years War (1907)
    • Signals and Instructions (1778-1794)
    • The Campaign of Trafalger (1910)
    • Some Principles of Maritime Strategy (1911) - 翻訳が『戦略論大系8 コーベット』に収録されている
    • The Spencer Papers (1794-1801)
    • Maritime Operations in the Russo-Japanese War 1904-05 (Originally classified secret in two volumes, published for public release in 1994).
    • Official History of the Great War Naval Operations, Vol I April 1920, vol II November 1921, but died before agreeing final corrections to vol III published in 1923 (Longman Green and Co.).

参考文献編集

  • コーベット著、矢吹啓訳『海洋戦略の諸原則』(原書房、2016年)
  • 三浦一郎「コーベット」前原透監修『戦略思想家事典』芙蓉書房出版、2003年、363-368
  • 戦略研究学会編、高橋弘道編著『戦略論大系8 コーベット』芙蓉書房出版、2006年
  • D. M. Schurman, 1981. Julian S. Corbett, 1854-1922 : historian of British maritime policy from Drake to Jellicoe.