ジュリアーノ・ジェンマ

ジュリアーノ・ジェンマGiuliano Gemma1938年9月2日 - 2013年10月1日)はイタリア・ローマ出身の俳優彫刻家であった人物。マカロニ・ウェスタンのトップスターとして知られた。

ジュリアーノ・ジェンマ
Giuliano Gemma
Giuliano Gemma
2008年の70歳の誕生日に撮影
別名義 モンゴメリー・ウッド
生年月日 (1938-09-02) 1938年9月2日
没年月日 (2013-10-01) 2013年10月1日(75歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 ローマ
死没地 イタリアの旗 イタリア チヴィタヴェッキア
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1958年 - 2013年
配偶者 Baba Richerme
著名な家族 ヴェラ・ジェンマ(娘、女優)
ジュリアナ・ジェンマ(娘)
公式サイト http://www.giulianogemma.it/
テンプレートを表示

来歴編集

幼い頃は母の生まれ故郷北イタリア、レッジョ・エミリアで暮らす。小さい頃から肉体労働などをして家計を支え、高校時代はボクシングや器械体操で数々の賞をとった。卒業後に兵役に就く。その後バーテンダー、セールスマン、消防士などをした後に1957年演劇学校ビデス・フィルムに入学し、アメリカ映画『ベン・ハー』にエキストラ出演(当初はチャールトン・ヘストンスタンドインに予定されていたものの191cmのヘストンより6cm背丈が足りなかったため)。ほか、『タイタンの逆襲』やルキノ・ヴィスコンティ監督の『山猫』などにも出演。

1965年、“モンゴメリー・ウッド”の芸名でマカロニ・ウェスタン夕陽の用心棒』に主演し、これが世界的にヒット。同時期に芸名を本名のジュリアーノ・ジェンマへと変える。その後も『荒野の1ドル銀貨』、『南から来た用心棒』、『星空の用心棒』、『怒りの荒野』といったマカロニ・ウェスタンに立て続けに主演し、世界の大スターへ。

私生活では人気が出る前からのマネージャーのナタリア・ロベルティと結婚している。

1980年代前半には、スズキから、自らの名を冠した第1種及び第2種の原動機付き自転車(スクーター)「ジェンマ」のイメージキャラクターとしてCMに出演した。また、来日もしている(マガジンハウス刊「スタアの40年 平凡 週刊平凡 秘蔵写真集」より、カラー写真)。

1991年にはイタリアロケが行われた日本映画フィレンツェの風に抱かれて』(和泉聖治監督。東映)に出演し、若村麻由美と共演した。

2008年7月には、以前販売されたスズキの「ジェンマ」後継モデルが、自動二輪車(ビッグスクーター)として販売される事になった。

晩年は彫刻家としても活動していたが、2013年10月1日、ローマ近郊のチェルヴェーテリで自家用車を運転中に対向車と正面衝突し負傷。搬送先の病院で死去した。75歳没[1][2][3][4]

主な出演作編集

日本のテレビCM編集

  • トロージャン

脚注編集

外部リンク編集