ジュリアーノ・デ・メディチ

ジュリアーノ・デ・メディチGiuliano de' Medici, 1453年3月25日 - 1478年4月26日)は、ルネサンスイタリアフィレンツェ共和国政治家

ジュリアーノ・デ・メディチ
Giuliano de' Medici
Giuliano-Bronzino.jpg
肖像画
フィレンツェ共和国僭主
家名 メディチ家
父親 ピエロ・ディ・コジモ・デ・メディチ
母親 ルクレツィア・トルナブオーニ
出生 1453年3月25日
死亡 1478年4月26日
フィレンツェ大聖堂(暗殺)
埋葬 サン・ロレンツォ聖堂
テンプレートを表示

生涯編集

ジュリアーノ・デ・メディチは、ピエロ・ディ・コジモ・デ・メディチルクレツィア・トルナブオーニとの息子で、兄は後にイル・マニィーフィコと呼ばれるロレンツォ・デ・メディチ。父の死後、家業だった銀行の運営と共に、フィレンツェ政府の運営を引き継いだ。

1478年に、兄弟はパッツィ家の陰謀に巻き込まれる。これは、フィレンツェのトスカーナにおける勢力拡大に反対するローマ教皇シクストゥス4世の指示で仕組まれたことが、パッツィ家のライヴァルの家により書き留められている。

4月26日の朝、共謀者の一群がサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂でミサに参列していた兄弟を襲った。ロレンツォは傷ついただけだったが、ジュリアーノはフランチェスコ・デ・パッツィの手によって非業の死を遂げた。

「イル・ベッロ=美しきもの」と呼ばれるほどの長身の美男子だったジュリアーノ・デ・メディチは、当時フィレツェ随一の美女と謳われたシモネッタ・ヴェスプッチ愛人であったが、彼女は彼よりも前にわずか22歳で病死している。

もう一人の愛人であったのは、アントーニオ・ゴリーニの娘と思われるフィオレッタ・ゴリーニである。二人の間の庶子であるジュリオ・デ・メディチ枢機卿は、1513年に従兄弟のレオ10世により「秘密結婚」を公言されたが、後に第219代ローマ教皇クレメンス7世となった。

 
ジュリアーノ・デ・メディチの肖像(ボッティチェッリ)