ジュリエッタ・マシーナ

ジュリエッタ・マシーナGiulietta Masina, 本名: Giulia Anna Masina, 1921年2月22日 - 1994年3月23日)は、イタリア女優ボローニャ出身。

ジュリエッタ・マシーナ
Giulietta Masina
Giulietta Masina
1966年、撮影
本名 Giulia Anna Masina
生年月日 (1921-02-22) 1921年2月22日
没年月日 (1994-03-23) 1994年3月23日(73歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリアボローニャ
死没地 イタリアの旗 イタリアローマ
国籍 イタリア王国の旗 イタリア
配偶者 フェデリコ・フェリーニ (1920 - 1993)

目次

略歴編集

文学を学んでいたが演劇に転向、ローマ大学で学ぶ。1943年、ラジオに出演していた時、そのラジオドラマの脚本を書いたフェデリコ・フェリーニと出会い、同年結婚。

映画初出演はロベルト・ロッセリーニ監督作品の『戦火のかなた』。その後『道』などのフェリーニ作品だけでなく幅広く活躍したが、やはりマシーナの魅力はフェリーニ作品、特に『道』の知的障害を抱えた女性大道芸人ジェルソミーナ、『カビリアの夜』の娼婦カビリアなど人間、とくに弱い(立場の)愚かな女性の内面を見事なまでにスクリーンに表現しえた演技と個性(美人というわけではなく、プロポーションも良いといえないが、小柄で愛嬌のある顔立ち)にあった。

1957年の『カビリアの夜』でカンヌ国際映画祭 女優賞を受賞している。1970年代以降、長く女優活動から遠ざかっていたが、1980年代に『ジンジャーとフレッド』などで達者な姿をスクリーンに見せてくれた。

フェリーニとは1993年フェリーニが病死するまで連れ添った(一時期別居していた事はあったが)。マシーナが肺癌で他界したのはフェリーニの死から5ヶ月後のことであった。

主な出演作品編集

脚注編集

外部リンク編集