ジュリエット・ミルズ

ジュリエット・マリオン・ミルズ(Juliet Maryon Mills、1941年11月21日[1] - )は、ロンドン出身のイングランド系アメリカ人の映画、舞台、テレビ女優[2]。父親のサー・ジョン・ミルズと母親のメアリー・ヘイリー・ベル英語版も俳優で、2人の長子である。妹のヘイリー・ミルズも女優になり、末弟のジョナサン・ミルズも映画監督になった[3]

ジュリエット・ミルズ
Juliet Mills
Juliet Mills
1974年頃
本名 Juliet Maryon Mills
生年月日 (1941-11-28) 1941年11月28日(78歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス イングランド ロンドン
職業 女優
活動期間 1942年-
配偶者 ラッセル・アルキスト・ジュニア(1961-1974年、離婚)
マイケル・ミクレンダ(1975-1980年、離婚)
マックスウェル・コールフィールド英語版(1980年-)
著名な家族 サー・ジョン・ミルズ(父親)
メアリー・ヘイリー・ベル英語版(母親)
ヘイリー・ミルズ(妹)
主な作品
『ぼくらのナニー』
テンプレートを表示

子役からスタートし、1960年の舞台『五指練習英語版』の演技でトニー賞にノミネートされた後、映画やテレビに進出。1970年代初めにホームコメディ・ドラマ『ぼくらのナニー英語版』で主役を務め、同シリーズ及び1972年の映画『お熱い夜をあなたに』でゴールデングローブ賞にノミネートされた。1974年にはテレビミニシリーズ『衝撃の告発!QBセブン英語版』の演技でエミー賞を獲得した。1983年、ミラー・シアター英語版のミラー・レパートリー・カンパニーに加わり、シーズンを通して『Rain』、『Paradise Lost』、『Inheritors』、『The Hasty Heart』などの作品を演じた[4]。1999年から2008年まで、昼ドラPassions』に出演し[5]、2005年のデイタイム・エミー賞にノミネートされた。

生い立ち編集

第二次世界大戦中の1941年、ロンドンで生まれる。両親はすぐに国外に逃れ、家族をドイツ空軍の攻撃から遠ざけた。著名な両親の名声のお陰でレックス・ハリソンデヴィッド・ニーヴンマーロン・ブランドなどの有名な俳優たちに囲まれて育った。彼女の幼少期は弟ジョナサンの製作・脚本による2000年のドキュメンタリー映画『Sir John Mills' Moving Memories』に描かれている。彼女の名付け親は女優のヴィヴィアン・リーと劇作家のノエル・カワードであった[6]。妹と共にサリー州キャンバリー英語版エルムハースト・バレエ・スクール英語版に通った[7]

来歴編集

子供の頃から、父親が主演する1942年の映画『軍旗の下に英語版』で父親が演じたブレイクと妻フリーダの11週齢の赤ちゃん役など、さまざまな映画にエキストラとして出演した[7][8]。最初の主要な役は1958年、16歳のときにピーター・シェーファーの演劇『五指練習英語版』で演じたパメラ・ハリントンである。劇はロンドンで1年間上演され、その後ブロードウェイミュージック・ボックス・シアター英語版に移った。1960年、パメラの演技でトニー賞演劇助演女優賞英語版にノミネートされた。

 
『ぼくらのナニー』出演者たちと

1960年代は、ジェームズ・ステュアートモーリン・オハラと共演した映画『スタンピード』や、テレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』、『ベン・ケーシー』、『頭上の敵機』など、映画・テレビの双方に出演した。1970年代はテレビ出演が目立ったが、彼女自身は映画女優としての経歴のハイライトはビリー・ワイルダーが監督し、ジャック・レモンと共演して、1973年にゴールデングローブ賞にノミネートもされた『お熱い夜をあなたに』(1972年)だと語った[9]。1978年、『ラブ・ボート英語版』の前後編のエピソードに出演、コメディデュオ、ローワン&マーティンの片割れダン・ローワン英語版演じるアラン・ダンバーの妻バーバラ・ダンバーを演じた。

ミルズはアメリカ版メリー・ポピンズと呼ばれた連続テレビドラマ『ぼくらのナニー英語版』で演じた魔法の力を持つナニー(母親に代わって子育てをする女性。乳母やベビーシッターとはニュアンスが異なる。)フィービー・フィガリリー役で最も知られている[6]。彼女は自身が魔法、魔女、妖精を信じていると述べている。「エーテルと私たちの周りには、もっと多くの存在があります...私たちには案内者がいて、見守る天使がいます...私は形而上学を大いに信じています。[5]」1971年、ゴールデングローブ賞テレビ部門の主演女優賞にノミネート。高視聴率にもかかわらず、番組は1970年の1シーズンと1971年の2シーズンのみで終了した。大成功を収めていた2つのシットコムパートリッジ・ファミリー』と『ゆかいなブレディー家』に近い時間帯から違う曜日の夜に移動すると視聴率が下がり、最終的に打ち切りとなった[6]

1974年、ミニシリーズ『衝撃の告発!QBセブン英語版』における演技でエミー賞 ミニシリーズ/テレビ映画部門 助演女優賞を受賞した。同年NBCのドラマ『野生のエルザ』のエピソード「空飛ぶドクター」(原題: The Flying Doctor of Kenya)にクレア・ ハンリー医師役で出演した。1980年、『エレファント・マン』の舞台に出演、マックスウェル・コールフィールド英語版と共演した。2人は意気投合し、若いコールフィールドが3番目の夫になり、ミルズをしばらく演技から遠ざけた。1999年、17世紀に危機に瀕して火傷を負った魔女、タビサ・レノックス英語版役で昼ドラPassions』に出演。 当初、この魔女は人々に危害を加えることを望んでいたが、2007年6月のエピソードで彼女は「良い魔女」と公表された[10]。ミルズはこの役でデイタイム・エミー賞「ドラマシリーズ主演女優賞」に初ノミネートされた[6]。番組は2008年8月に終了した。

2009年、既に実の妹ヘイリーがキャロライン・デュ・プレシス役で出演していたITVのドラマ『Wild at Heart』の第4シリーズのキャストに加わり、キャロラインの姉ジョージナ・ブラックを演じた。また『Hot in Cleveland』でジェーン・リーヴス英語版が演じるジョイの母親フィリッパ・スクロッグス役で、2010年から2015年にかけて4回にわたりゲスト出演した。

私生活編集

ミルズは3回結婚している。1961年から1964年までがラッセル・アルキスト・ジュニアとで[3]、息子のショーンが生まれた。2度目の結婚は1975年から1980年までのマイケル・ミクレンダとで、2人目の子供である娘メリッサが生まれた。1980年、18歳年下のマックスウェル・コールフィールド英語版と3度目の結婚。ミルズは年齢差について、「私が自分よりもずっと若い人と結婚しているという事に誰もが常に興味を持っています...制約はありません。私は年齢はあまり関係ないと信じています。あなたが本当に愛する人に出会ったら、固執してください。」と語った[5]

コールフィールドは、ミルズの2番目の結婚により生まれた娘メリッサ・ミクレンダ、及び最初の結婚により生まれた息子ショーン・アルキストの継父である[11]。ミルズは1975年10月10日に帰化し、アメリカ合衆国の市民権を取得している[12]

舞台出演編集

原題 邦題 役名 劇場 備考
1955 Alice Through the Looking Glass 鏡の国のアリス Alice チェルシー・パレス・シアター
1958 Five Finger Exercise 五指練習 Pamela Harrington コメディ・シアター トニー賞 演劇助演女優賞ノミネート
1960 Peter Pan ピーター・パン Wendy Darling スカラ・シアター
1962 The Glad and Sorry Season Kitty ピカデリー・シアター
1963 A Midsummer Night's Dream 夏の夜の夢 Titania ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー
1964 The Knack ...and How to Get It
1964-65 Alfie! Gilda モロスコ・シアター
1966 Lady Windermere's Fan ウィンダミア卿夫人の扇 フェニックス・シアター
1969 She Stoops to Conquer 負けるが勝ち Kate Hardcastle ギャリック・シアター
1976 The Mousetrap ねずみとり アメリカツアー
1979 Wait Until Dark 暗くなるまで待って Susy Hendrix アルカサル・シアター
1980 The Elephant Man エレファント・マン Fanny Kemble ロイヤル・ポインシアーナ・プレイハウス
The Heiress 女相続人 Catherine Sloper ノッティンガム・プレイハウス
1983 Rain ミラー・シアター
1983-84 Paradise Lost Pearl Gordon
1984 Inheritors
1985 The Hasty Heart
1991 Dangerous Obsession Sally Driscoll ケープコッド・プレイハウス
1995 The Cherry Orchard 桜の園 カナダ巡業
The Moliere Comedies
Fallen Angels 落ちた天使
Time of My Life Laura Stratton ウィリアムズタウン・シアターフェスティバル
1997 Blithe Spirit 陽気な幽霊 Ruth ローレン・K・ウッズシアター
1998 Dial M for Murder ケープコッド・プレイハウス
2010 Bedroom Farce ベッドルーム・ファース Delia イギリス巡業[13]
2015 Legends! Sylvia Glenn オーストラリア巡業[14]
2019 The Lady Vanishes バルカン超特急 Miss Froy イギリス巡業[15]

主な出演作品編集

 
サム・エリオットと。『Once an Eagle』(1976年)

映画編集

原題 邦題 役名 備考
1942 In Which We Serve 軍旗の下に Freda's Baby
1947 So Well Remembered 許されざる女 Young Julie
The October Man Young girl
1949 The|History of Mr. Polly Little Polly
1961 No My Darling Daughter Tansy Carr
1962 Twice Round the Daffodils Catty
1963 Nurse on Wheels Joanna Jones
Carry On Jack Sally
1966 The Rare Breed スタンピード Hilary Price
The Wrong Box Woman on Train クレジットされず
1969 Oh! What a Lovely War 素晴らしき戦争 Nurse
1972 The Pebbles of Etratat Florence
Avanti! お熱い夜をあなたに Pamela Piggott ゴールデングローブ賞ノミネート
1973 Jonathan Livingston Seagull かもめのジョナサン The Girl
1974 Beyond the Door デアボリカ Jessica Barrett
1976 The Second Power Estefanía
1992 Waxwork II: Lost in Time ワックスワーク2/失われた時空 The Defense Lawyer
1999 The Other Sister カーラの結婚宣言 Winnie
2013 Lucky Stiff 彼女はマンイーター/ブロンドにご用心 Miss Thorsby
2014 Some Kind of Beautiful おとなのワケあり恋愛講座 Joan
2018 Running for Grace Grandmother

テレビ編集

原題 邦題 役名 備考
1960 Mrs. Miniver ミニヴァー夫人 Carol Beldon テレビ映画
1962 ITV Television Playhouse Carol 1エピソード
Man of the World 世界を駆ける男 Carla 1エピソード
1963 It Happened Like This Joan 1エピソード
1965 The Man from U.N.C.L.E. 0011ナポレオン・ソロ Eva 1エピソード
1966 Ben Casey ベン・ケーシー Joan Lloyd 1エピソード
A Man Called Shenandoah シェナンドー Paula 1エピソード
Twelve O'Clock High 頭上の敵機 Sydney Vivyan / Helen Conboy 2エピソード
Bob Hope Presents the Chrysler Theatre Mary Lewis 1エピソード
1967 Wings of Fire 炎の翼 Lisa テレビ映画
The Revenue Men Jill Lacey 1エピソード
Coronet Blue コロネットブルーの謎 Margaret Crowell 1エピソード
1968 Sherlock Holmes BBC版 シャーロック・ホームズ Grace Dunbar 1エピソード
1970 The Challengers Mary McCabe テレビ映画
1970-71 Nanny and the Professor ぼくらのナニー Phoebe Figalilly 54エピソード(タイトルロール
ゴールデングローブ賞ノミネート
ブラボーオットー賞ノミネート
1971 Alias Smith and Jones 西部二人組 Julia Finney 1エピソード
Stage 2 Kate Hardcastle 1エピソード
1973 Letters from Three Lovers Maggie テレビ映画
The ABC Afternoon Playbreak Susan Moroni 1エピソード
1974 QB VII 衝撃の告発!QBセブン Samantha Cady ミニシリーズ
プライムタイム・エミー賞
リミテッドシリーズ/テレビ映画部門
助演女優賞受賞
Born Free 野生のエルザ Dr. Claire Hanley 1エピソード
Harry O 追跡者 Margaret Ballinger 1エピソード
Rex Harrison Presents Stories of Love Usherette 1エピソード
1974-75 Match Game 74 Herself (celebrity panelist) 15エピソード
1975 Marcus Welby, M.D. ドクター・ウェルビー Louise Carpenter 1エピソード
Hawaii Five-O ハワイ5-0 Lady Sybil Danby 1エピソード
The Wide World of Mystery Isobel 1エピソード
Matt Helm Caroline Jeffries 1エピソード
1976 Ellery Queen エラリー・クイーン Florence Ames 1エピソード
Once an Eagle Joyce ミニシリーズ
1977 Alexander: The Other Side of Dawn Myra テレビ映画
Wonder Woman ワンダーウーマン Queen Kathryn 1エピソード
Barnaby and Me Jennifer テレビ映画
1978 Switch 華麗な探偵ピート&マック Alicia Alden 1エピソード
Police Woman 女刑事ペパー Amy Hollis 1エピソード
1978-84 Fantasy Island ファンタジー・アイランド 複数の役 4エピソード
The Love Boat ラブ・ボート 8エピソード
1979 The Cracker Factory クラッカー・ファクトリー Tinkerbell テレビ映画
1980 Hart to Hart 探偵ハート&ハート Kate Matthews 1エピソード
1984 Dynasty ダイナスティ Rosalind Bedford 1エピソード
1985 All My Children オール・マイ・チルドレン Judge Edith Hogan 1エピソード
1985-87 Hotel アーサー・ヘイリーのホテル Grace Cauldwell / Joanne Bentley 2エピソード
1987 Murder, She Wrote ジェシカおばさんの事件簿 Annette Pirage 1エピソード
1988 The Law & Harry McGraw Isobel McKechnie 1エピソード
1989 Judith Krantz's Till We Meet Again Vivianne de Biron ミニシリーズ
1990 Monsters モンスターズ Cara Raymond 1エピソード
1992 Columbo 刑事コロンボ Eileen Hacker 1エピソード
1993 A Stranger in the Mirror 鏡の中の他人 Alice Tanner テレビ映画
1998 Air America 特務司令エア・アメリカ Helen Vendler 1エピソード
1999-2008 Passions Tabitha Lenox 990エピソード
2009 Wild at Heart Georgina 8エピソード
2008-09 Four Seasons Lady Florence Combe ミニシリーズ
2010-15 Hot in Cleveland Philipa 4エピソード
2014 From Here on OUT Dottie Cooper 6エピソード
2017 Time After Time タイム・アフター・タイム
 ~H・G・ウェルズの冒険
Mrs. Nelson 1エピソード

その他編集

原題 邦題 役名 備考
1987 Valley of the Dolls 人形の谷間 ナレーター Phoenix Booksによるオーディオブック

受賞とノミネーション編集

部門 作品 結果t
1958 トニー賞 演劇助演女優賞 五指練習 ノミネート
1971 ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ぼくらのナニー ノミネート
1973 映画部門 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) お熱い夜をあなたに ノミネート
1975 プライムタイム・エミー賞 助演女優賞(リミテッドシリーズ/テレビ映画部門) 衝撃の告発!QBセブン 受賞
2000 ソープオペラ・ダイジェスト・アワード英語版 最優秀悪役賞 Passions ノミネート
2001 最優秀女性悪役賞 ノミネート
2003 最優秀助演女優賞 ノミネート
2004 TVランド・アワード英語版 最上の超自然 ぼくらのナニー ノミネート
2005 デイタイム・エミー賞 ドラマシリーズ主演女優賞 Passions ノミネート

脚注編集

  1. ^ Bell, Mary Hayley (1968). What Shall We Do Tomorrow?. Cassell & Co. LTD.. p. 162. ISBN 978-0304932641 
  2. ^ Certificate of Naturalization as a United States Citizen #10116847, filed U.S. District Court, Los Angeles, California (date: 10 October 1975), ancestry.com.
  3. ^ a b Stevens, Christopher (2010). Born Brilliant: The Life Of Kenneth Williams. John Murray. p. 382. ISBN 1-84854-195-3 
  4. ^ Married Actors Juliet Mills and Maxwell Caulfield in a Scene from the Mirror Repertory Theatre Production of the Play "Paradise Lost." (New York)”. NYPL Digital Collections. 2020年7月5日閲覧。
  5. ^ a b c Betascript Publishing, ed (2010-8-27). “Juliet Mills and Greg Vaughn”. Soapography. ISBN 978-6131937491 
  6. ^ a b c d Crook, John (2005年8月21日). “Mills is bewitching”. Chicago Tribune. https://www.chicagotribune.com/news/ct-xpm-2005-08-21-0508210458-story.html 2020年7月5日閲覧。 
  7. ^ a b Who's Who in the Theatre, 17th ed. Gale Research, 1981
  8. ^ Byrne, Bridget (2005年7月5日). “The enchantment of the acting life – It cast a spell on Juliet Mills when she was young, and the Passions actress continues to relish its magic”. Orlando Sentinel 
  9. ^ Golden Globes, USA, Awards for 1973”. 2020年7月5日閲覧。
  10. ^ SoapOperaFan.com . . . Passions Summaries”. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月5日閲覧。
  11. ^ Maxwell Caulfield biography”. FilmReference.com. 2020年7月5日閲覧。
  12. ^ (No. 10116847), US District Court, Los Angeles, California, Petition #364323
  13. ^ Woolman, Natalie (2010年6月24日). “Maxwell Caulfield to lead touring cast of Bedroom Farce | News” (英語). The Stage. 2019年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月5日閲覧。
  14. ^ Hayley Mills and Juliet Mills in Australian Premiere of Legends | Stage Whispers”. www.stagewhispers.com.au. 2020年7月5日閲覧。
  15. ^ Staff, Editorial (2019年2月19日). “INTERVIEW: Juliet Mills on The Lady Vanishes and touring with husband Maxwell Caulfield” (英語). British Theatre. 2020年7月5日閲覧。

外部リンク編集