メインメニューを開く

ジュリオ・アレーニ(Giulio Aleni, 1582年 - 1649年6月10日)は、イタリア出身のイエズス会の宣教師。末の中国で宣教活動を行い、多数の著書がある。中国名は艾儒略(Ài Rúlüè)。

目次

略歴編集

アレーニは北イタリアのブレッシャに生まれた。1600年にイエズス会に入会し、グレゴリアン大学クリストファー・クラヴィウスに学んだ。ゴア経由で1610年にマカオに至り、そこで数学を教えながら中国に潜入する機会をうかがった。1613年に中国に入り、北京徐光啓の知遇を得て各地で布教活動を行った。

1625年からは福建省で布教した。1638年にキリスト教排撃事件が起きたためにマカオに引きあげたが、のちに再び福建に戻った。1646年にが福建に侵入したため、アレーニは福州から逃がれ、延平で1649年に没した。

主要な著作編集

 
天主降生出像経解

アレーニは中国語で大量の書物を著した。

  • 天主降生出像経解』、1635-1637。
    キリストの生涯を絵入りで述べた著作。全8巻。
  • 万物真原』、1628年。
    問答形式のキリスト教の理論書。
  • 『三山論学記』。
    アレーニと政府高官の問答記録。キリスト教の立場から理気の説や仏教を批判する。
  • 職方外紀』、1623年。
    世界地理書。ディエゴ・デ・パントーハサバティーノ・デ・ウルシスらの草稿をもとに、アレーニが完成した。「万国全図」が附属する。もと5巻。『四庫全書』ほか、いくつかの叢書に収められている。日本語訳として齊藤正高訳『大航海時代の地球見聞録 通解『職方外紀』』がある[1]
  • 『西学凡』。
    西洋の学術を紹介した書物。

なお、李之藻による叢書『天学初函』に『西学凡』『職方外紀』を収める。

日本への影響編集

キリスト教禁教の関係で『職方外紀』が江戸時代の日本で印刷されることはなかったが、多数の写本が残り、西川如見『増補華夷通商考』をはじめとして江戸時代の世界地理学に大きな影響を及ぼした[2]

いっぽう『三山論学記』は平田篤胤の神学に影響を与えた[3]

脚注編集

  1. ^ アレーニ 2017.
  2. ^ 鮎澤信太郎「江戸時代の世界地理学史上に於ける職方外紀に就て」、『地球』第24巻第2号、1935年、 117-134頁。
  3. ^ 『三山論學紀』 海老沢有道文庫デジタルライブラリhttp://library.rikkyo.ac.jp/digitallibrary/ebisawa/sub007.html 

参考文献編集

  • Witek, John W, Giulio Aleni, Biographical Dictionary of Chinese Christianity, http://www.bdcconline.net/en/stories/aleni-giulio 
  • 周宏富 『艾儒略』 華人基督教史人物辞典http://www.bdcconline.net/zh-hant/stories/ai-rulue 
  • ジュリオ・アレーニ; 楊廷筠 『大航海時代の地球見聞録 通解『職方外紀』』、齊藤正高訳 原書房、2017年3月21日。ISBN 978-4-562-05389-6