メインメニューを開く

ジュリーがライバル」は、石野真子通算7枚目のシングル。1979年9月25日発売。発売元はビクターエンタテインメント

ジュリーがライバル
石野真子シングル
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
石野真子 シングル 年表
ワンダー・ブギ
(1979年)
ジュリーがライバル
(1979年)
春ラ!ラ!ラ!
1980年
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 曲名にある「ジュリー」とは歌手・沢田研二の愛称であり、歌の中でも沢田の振り真似を取り入れている。
  • この曲で、1979年大晦日の『第30回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。その際には沢田も出演しており、「狙いをつけてー、素早くバーン、バババーン!」と石野が歌う最中、振り付けの拳銃から発射された弾丸をおどけて払い落としている様子の沢田がオンエアーされるという演出も行われた。高倉健主演の映画『駅 STATION』では劇中にこの紅白歌合戦のシーンが採用されている。
  • オリコンチャート上では石野自身、『春ラ!ラ!ラ!』に続く2番目のヒット・ソングとなった[1]
  • 2008年3月26日に発売された歌手デビュー30周年記念CDボックス『Mako Pack -Premium- 30th Anniversary Special Edition』に、シングルEPA・B面曲が共に最新デジタル・リマスタリング音源で収録された。
  • この曲は、Youtuber の James Robinson 曰く、「この曲は日本のミセス・ロビンソンだ。なぜならば両方とも人の名前が出てくるからね。ちなみにミセス・ロビンソンには、野球選手ジョー・ディマジオの名前が出てきますからね。」と話している(ちなみに、ミセス・ロビンソンとは1967年(日本では翌年の1968年に公開)の洋画「卒業」の挿入歌になった、サイモンとガーファンクルの楽曲である。)。

収録曲編集

  1. ジュリーがライバル (3:48)
  2. 白いオルゴール (4:35)

収録アルバム編集

関連項目編集

脚注編集