ジュリー・ウィンフレッド・バートランド

ジュリー・ウィンフレッド・バートランドJulie Winnefred Bertrand1891年9月16日 - 2007年1月18日)は、かつてカナダ最高齢で、その後、存命女性のうち世界最高齢となった人物である。父方(姓)はフランス系であり、出身地・ケベック州の公用語の一つであるフランス語では「ベルトラン」と発音する。

略歴編集

モントリオールにて、フランス系のナポレオン・ベルトランとアイルランド系のジュリア・マリンズ夫妻の長女として誕生。若い頃は、後にカナダ首相となるルイ・サン=ローランと交際したものの、生涯独身だった。長年にわたり、衣類の販売員を務めた。

2007年1月18日モントリオールの医療施設にて、115歳124日で死去した。バートランドは最晩年に至るまで、健康と鮮明な記憶を維持していた。

記録編集

カナダにおける歴代第3位の長寿者である。2004年11月29日からカナダで存命中の最高齢の人物となり、2006年12月11日から存命女性のうち世界最高齢となった。プエルトリコの男性エミリアーノ・メルカド・デル・トロが1か月年上だったので、男女を含めた長寿世界一にはなれなかった。

関連項目編集

外部リンク編集