メインメニューを開く
ジュンガリア(赤)とタリム盆地(青)

ジュンガリア英語: Dzungaria中国語: 准噶尔または準噶爾=ジュンガア)は中国新疆ウイグル自治区の北部地域で、北疆(ベイジアン)と呼ばれている。南を天山山脈、北はアルタイ山脈に囲まれた地域で、777,000平方キロメートルの広さがあり、東にはモンゴル西部があり、西にはカザフスタン東部がある。以前17~18世紀にはオイラト族ジュンガル汗国があり、もっと広い地域を指していた。

ジュンガリアはトルコ系言語を話すタリム盆地とは地理上、歴史上、民族上(モンゴル族漢族仏教)も異なるが、清朝もそれ以降の中国政府もこれらに地域を一つの地域、新疆地区としてまとめて扱ってきた。新疆の重工業のセンターとして、また地域の中心都市ウルムチ(オイラート語で「美しい牧草地」の意味)があり、ジュンガリアの各都市は国内からの人々を引き付けている。南疆(ナンジャン)と比べて、北疆は中国の他地域と鉄道、貿易などの面でより強く結びついてきた。

目次

語源編集

ジュンガリアはモンゴル語のジュン・ガール(Zűn Gar)またはジュユン・ガール(Jüün Gar)からきていて、「左の手」という意味である。モンゴル帝国が東と西に分かれた時に、西部はジュン・ガールと呼ばれるようになった。

地理編集

 
新疆の地理:ジュンガル盆地(赤、新疆北部)、トルファン盆地とハミ盆地(黄、新疆東部)、タリム盆地(青、新疆南部)

新疆北部編集

新疆東部編集

政治区分(主な都市)編集

交通編集

鉄道蘭新線、その西への延長・北疆線蘭新線第二複線精伊霍線などがある。道路は、G312国道G217国道G216国道G7& G70高速道路、3014高速道路(G3014 Kuytun–Altay Expressway)、3015高速道路(G3015 Kuytun–Tacheng Expressway)などがある。

広い地域なので、飛行場はウルムチ市以外に、ハミ市、トルファン市、カラマイ市、アルタイ市など主要都市にある。

経済編集

乾燥地であるが、小麦大麦エンバクテンサイを作り、ヒツジの放牧が盛んである。畑は周りの雪山から溶けた水を利用している。

石炭鉄鉱石を産出し、石油ガスジュンガル油田)もジュンガリアの経済へ大きく貢献している。

民族編集

漢族モンゴル族が多く、ウイグル族は比較的少ない。宗教は、仏教道教で、イスラム教は比較的少ない。

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集